スポンサード・リンク

『5時から9時まで』最終話のあらすじネタバレや感想・視聴率


※12/14 最終回の個人的な感想を更新。

毎週月曜日21時より、石原さとみさんがヒロイン演じている『5→9~私に恋したお坊さん~』の第9話の放送が終わりましたね!

潤子は、ELAに退職届けを出し、家族に寺に嫁入りする宣言をしました。。

でも、純混ん嫁入りはなかなか賛同してもらえず、耐える潤子、支える高嶺って感じでしたね。

そんな中、天音の暴走が進み、一橋寺を取り壊す件で業者が入り込んできます。。

天音は一人京都に追い出され、一人として心配もせず、会いにも来なかった叔母と兄への復讐心しかありません。。

その後、天音と高嶺、叔母とどのような話が合ったのでしょう?

潤子と待ち合わせの場所に高嶺が現れると・・・、別れを切り出しました。

潤子も寺の仕打ちで精神的に疲れていると思いますが、何と、高嶺の別れに対して理由としっかりと考えたのかな?

高嶺がそんな別れ方するはずがないのは知っているハズなのに。。

一人ELAに歩いていくと・・清宮とばったりと合います。清宮は潤子の顔を見ると、直ぐにわかったようで、抱き寄せます。

体を預ける潤子・・、いじけてないで頑張れ潤子って、言いたくなりますね。

来週はついに最終回、天音が考え方を変えないと高嶺は気持ちを変わらなそうなので、天音が二人のキーマンではと思います。。

最終回の動向が今から楽しみですね!

今回は、ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』の第10話のあらすじについて紹介していきます!

『5→9~私に恋したお坊さん~』第10話の感想!や視聴率について

IMG_2650出典:ドラマ内のキャプ

最終回終わりました、拡大版でなく60分にでしたが、今期ナンバーワンドラマだったと思います。

最後の最後まで、一橋寺を守るために高嶺は潤子を諦め住職として最善を尽くしていました。そんな高嶺の顔には笑顔や明るい顔は全くありませんでした。

自分の感情を捨てて寺の為にすべてを捧げるサイボーグのようです。。婚約者である、香織さんがさりげなく手をつないでも、感じないままに先に歩き繋いだ手を振りほどきます。。香織さん・・切ない。。

潤子が結婚しなくてELAに戻ってきたことで回りの人は喜びますが、今までの高嶺のストーカーぶりを見ているので、絶対に別れないといけない、言えない理由が有るはずと・・二人の寄りを戻す作戦に出ます。

潤子はお弁当と、手紙を持って一橋寺に行きますが・・・高嶺には渡せず、天音にもらってもらいます。でも、気になる高嶺は天音から弁当と手紙を受け取り、手紙を読みます・・・。

戻りたくても、今は戻れない・・気持ちを抑えて能面のように顔色一つ変えず耐えてますが、叔母のひばりもその手紙を見てしまいます。

そして、ひばりがELAに行き、潤子に自分の過去を離します。

あなたが嫌いな理由・・・。

高嶺の母親と似ていたんです、それだけならいいんですが、母親が出ていったあとch地親が迎えに行った帰りに不幸があり。。

そんな過去があった為、重ねていけないのはわかっていても、感情が出てしまう事を謝ります・・。OH!

そして、ひばりが、「住職の嫁としては認め無いけれども、高嶺の嫁としては認めても良い」と言い、高嶺は寺で一人で居るので、会いに行きなさいと言ってくれます!OHOH!

潤子が一橋寺に行くと寺の中には大きなクリスマスツリーが、そして周りも電飾されて潤子を迎えてくれます。

そして高嶺は、クリスマスにちなんでスーツ姿で登場します!!!

二人が話した後に、高嶺がポケットから四角い箱を取り出し片膝をつきます。四角い箱を開きながら手を潤子に差し伸べると。中には婚約指輪が!

二人が一度離れますが、お互いが寄りを戻したくて一緒になるシーンは本当に、感極まりますね。主題歌の「クリスマスソング」に合わせて二人のキスシーンとか盛り上がりまくりでした。

職場はJ-vaveで一日に10回以上「クリスマスソング」が流れるので、当分の間、フラッシュバックのように5時から9時のラストシーンを思い出すことでしょう!

こういうドラマって、著者は大好きです。

やはりドラマはこういうのが良いですね。。

非常に楽しめた月9でした。

そして、ラストのキスシーンの石原さとみさんの表情や体の合わせ方など、やはり共演者キラーと言われるだけあって、引き込まれるシーンでしたね!

またの次回作に期待しましょう!!

『5→9~私に恋したお坊さん~』第10話のあらすじ

スポンサード・リンク

第10話のあらすじ

5-9_1出典:番組公式HP 

桜 庭潤子(石原さとみ)は、星川高嶺(山下智久)と別れることになったと、ELAの人々に報告。清宮真言(田中圭)は、潤子に復職するように言い、潤子もそ れを受け入れる。一方、高嶺は足利香織(吉本実憂)との結婚を決意。星川ひばり(加賀まりこ)によって、日取りも決められてしまう。

 5-9_2出典:番組公式HP 

 

そ の頃、桜庭家では、元気のない潤子を励まそうと家族が必死になる。そこへ、高嶺が合鍵を返却しにやってくる。潤子と別れたと言う高嶺に、ショックを受け る潤子の家族。納得がいかない桜庭満(上島竜兵)は、自宅を後にした高嶺を追うが、目を真っ赤に充血させた高嶺を見て核心を突けなくなる。

5-9_3出典:番組公式HP 

 

ELA では、潤子と高嶺を仲直りさせようと、山渕百絵(高梨臨)や木村アーサー(速水もこみち)らが動き始める。高嶺に手料理を食べさせられなかったこと が心残りだと言う潤子に、弁当を作らせ、一橋寺に連れて行く。寺に着いた潤子が戸惑っていると、あいさつ回りを終えた高嶺と香織が戻ってくる。潤子を認め た香織は、一礼するとその場を立ち去る。残された高嶺に、潤子は弁当を差し出すが、高嶺は一言も発さず行ってしまう。そこへ、星川天音(志尊淳)が現れ た。事情を察した天音は、潤子の弁当を食べ始める。弁当を持ち帰るのが嫌だった潤子は、うまいと言って食べる天音に感謝し、帰っていく。すると、入れ替わ りに高嶺がやってくる。天音は、弁当の残りとそこに添えられていた潤子からの手紙を差し出し…。

 5-9_4出典:番組公式HP

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』第10話のあらすじについて紹介いたしました。

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ