スポンサード・リンク

『結婚式の前日に』第1話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


女優でありモデルとして大変、人気だった香里奈さんがドラマ復帰で戻ってきましたね!

2012年に週刊フライデーに過激なスキャンダル写真が流出した後、引退説が出るほどに業界から姿を消していましたが、 4年ぶりで連続ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系、火曜午後10時)で主演を務めることになりました。

さて、『結婚式の前日に』のタイトルって、前日に何か奇跡が起きてハッピーエンドになるのかなっと予感させるタイトルですね。

個人的には、独身最後は飲み明かしてました~。。

今回は、香里奈さんが主演する「結婚式の前日に」のキャストや、第一話感想や、あらすじなどを 調べていきます!

『結婚式の前日に』に主演する香里奈!

kari2

香里奈さんは、1984年2月に愛知県で生まれ、現在は31歳になりました。

久々に見る香里奈な、明るい茶髪ではなく、黒髪のロングヘアーになっていました。ちょっと、重い感じですね・・、また、メイクのノリも以前より悪くて香里奈オーラが無くなっている感じに思えますが、役柄に合わせてなんでしょう!

2013年に、連続ドラマ『SUMMER NUDE』に出演してましたが、30代になってからは初めての連続ドラマの出演になります!

しかも、今回は、主演女優という事で、ある意味、過去の激しいスクープが有った女優を起用している点で、注目のドラマとなっているのではないでしょうか??

この先のドラマが見逃せませんね。

『結婚式の前日に』の相関図・キャスト

スポンサード・リンク

ドラマで中心的に動いているキャストをご紹介します!

相関図

『結婚式の前日に』の第1話感想

kari3

第1話のオンエア終わりましたね。

『結婚式の前日に』は、最近のドラマにしては珍しく、漫画や小説などの原作があるドラマではないので事前のネタバレが無くて新鮮な感じですね。

残念ながらですが、第1話の視聴率は7.7%少々低迷してますね・・・「開脚スクープ」の香里奈が主演を務めウェディングドレスを着てしまうドラマに、もしかしたら世間は嫌悪感が有るのかもしれませんね。

第1話の感想!

中堅不動産会社での仕事も認められ、プロジェクトリーダーとして頑張りつつも、後100日で結婚と幸せな始まりですが

頭痛で病院へ行って検査したところ「脳腫瘍」が発覚しまいます。

脳腫瘍はかなり難しい病気で、完全に治療することは現代医学では難しく、延命療的措置を取っている病気です。ちなみに数年後の生存率は5割程度の難病のようです。

仕事に恋愛に・・全てが順調にいっている時にいきなりのどん底に落ちてしまいます。

病気のことは父親にも、婚約者にも告げれず苦しい毎日を送る中、Lineの中の友達に病気のことを打ち明け相談をして、辛い日々を乗り越えてるようでした。

ひとみの母親は子供の時に他界していたんですが、実は生きていたのです。娘がいながらも好きな人が出来て28年前に海外に行ってしまったそうです。ひとみを置いて家を出た母親が28年振りに戻ってきます!?

ここまでは寿司屋の娘と医者のイケメン彼氏のラブストーリーから脳腫瘍の悲劇のドラマだったんですが。母親のキャラクターが破天荒・人の気考えず自由人、今でほったらかしの娘にいきなり母親面で登場して引っ掻き回すわけです。

なんで今更と言う感じですが、実は・・・Lineで相談していた友達がなんと母親だったという奇妙な脚本なんです。当然、事あるごとにひとみとぶつかり合うのですが、結婚前に先行き不明な脳腫瘍ですべてをネガティブになってしまった娘を母親が前向きに生きろと声援しているように思います。

第一話で思ったことは、このドラマは結婚前に病気で、フィアンセと辛い日々を過ごすお涙頂戴の悲しいドラマだけではなく、父と子、母と子、人と人との絆を描いヒューマンストーリーも色濃く出ている作品と感じました。

ただし、母親の行動は著者の感性とも違うので、『うざっ』っと思うことが多々ありました。

『結婚式の前日に』の第2話あらすじ

kari4

悠一(鈴木亮平)に病気を打ち明けたひとみ(香里奈)は、悠一の勧めでセカンドオピニオンとして医師であり悠一の先輩の寺本(戸田菜穂)による精密検査を受ける。
しかし、検査結果が出る前から「悠一に迷惑をかける」と結婚を諦めようとするひとみ。健介(遠藤憲一)に病気の報告をしていない事もひとみの心を悩ませていた。
仕事では、初のプロジェクトリーダーを任されているにもかかわらず、同僚の小倉信也(中野裕太)や上司の鈴木清彦(矢柴俊博)との折り合いが悪く思ように進まない。引用:公式ホームページ

kari5

一方、顔合わせに可奈子(原田美枝子)が乱入したことで芹沢家に不信感を抱いた響子(江波杏子)は、
付き合いのある政治家の娘・真菜(真野恵里奈)と共に健介の営む祝鮨を訪ねる。
響子から芹沢家と可奈子の関係に釘をさされた健介は、
「今後、ひとみと関わらないで欲しい」と可奈子に頭を下げるが、「今、忙しいから」とまともに取り合わない。
それどころか、可奈子は翔太と共にあの手この手でひとみを元気づけようとして……。 引用:公式ホームページ

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます!

今回は、驚きのスクープから復帰した香里奈の主演ドラマについてご紹介しました。

著者の好みな女優さんなので、酷評に負けず以前のような活躍を期待したいところです。今後の香里奈に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ