スポンサード・リンク

『遺産争続』第7話の視聴率10.6%、あらすじと個人的な感想


※12/3 個人的な感想を更新。

毎週木曜日の21時より テレビ朝日で、向井理さん主演の『遺産争族』が放送されていますね。

第6話は、波乱の展開でした。

河村龍太郎に、遺産の話をしたいので、親族を集めるように言われた育夫。

親族が集まった場で、「おじいちゃんはおこがましい!寄付された側に失礼だ」と言い放つ育夫に、龍太郎は、「そう言えるきみだからこそ、遺産を全て任せたい」と言う。

希望を捨てた凜子(板谷由夏)は母親の形見の宝石や着物を全てスーツケースに詰め込みニューヨークへ旅立とうとしましたが、陽子(余貴美子)に見つかり、大バトル。

育夫の父親も、楓の職場までおしかけて、楓の勧めで、家で食事をすることに。

母親からは「金目当てに決まっているから二度と会うな」と言われてた育夫は、疑いを捨て切れず、父親を追いだしてしまった後で、後悔・・・。

そんな中、陽子と恒三(岸部一徳)との離婚問題も勃発。

大波乱の展開でした。

今回は、ドラマ『遺産争族』の第7話のあらすじや視聴率、感想について紹介していきます!

『遺産争族』第7話の視聴率について

第1話の視聴率は14.2%
第2話の視聴率は10.5%

第3話の視聴率は10.5%
第4話の視聴率は10.1%、
第5話の視聴率は  9.3% 
第6話の視聴率は、9.9%
と多少低下したものの、平均10%を超えている数少ないドラマですね!

そんな中で、第7話の視聴率は、10.6%と、上げに入ってきていますね。

育生が遺産を全て相続することが確定しましたね、これから人格が変わってしまうのか本当に楽しみですね。

この展開を見た視聴者が見たくなるか、争いの過熱で引くかが数字の別れ目かと思いますね。。

『遺産争族』第7話のあらすじ

スポンサード・リンク

ドラマ「遺産争族」の第7話のあらすじをご紹介します。

遺産争族-第7話-あらすじ

「寄付するのはやめて、遺産の全てを僕にください」と龍太郎(伊東四朗)に迫った育生(向井理)。「僕に任せてくれればうまくやります」という育生の言葉に戸惑いながらも、龍太郎は遺言状を書き直す。
  その折、河村家では陽子(余貴美子)と恒三(岸部一徳)の離婚問題が勃発していた。遺産を全額寄付することになれば、この家を出て行かなくてはならない。 そのときの苦労を恒三とともにしたいとは思わない――陽子の固い決意を聞いた楓(榮倉奈々)も恒三も、あまりの覚悟に絶句してしまう。

 そこに育生から、『龍太郎の寄付は白紙、家を手放す必要はなくなった。』という報告が。
 一度は喜ぶ河村家の面々だった…。しかし『育生に全額譲渡』という新しい遺言が明らかになり、陽子はショックで倒れてしまう。

 すっかり豹変してしまった育生に戸惑いを隠せない楓。だが、家族が混乱に陥るうちに、ついに楓までもが豹変し始め…!?

遺産争族』第7話の個人的な感想!

第6話の最後、龍太郎に遺産を全額もらいたいから遺言を書き直してもらった育生は、河村家には全額寄付は無くなったと伝えます。

河村家の金の亡者もひと安心。

ところが後日、陽子と凛子が弁護士の元を訪れ、遺産の内容を聞きに行くと・・・育生に全額遺産を相続することを知ります。。今までは、遺産の内容を龍太郎が隠してましたが、なぜか今回は開示OKだったんです。。。なぜでしょうね?

全額の遺産を受け取ることに成功した育生でしたが、河村家一同から非難をごうごうと受けます。

何とかして、遺産相続にふさわしくない育生に仕立て上げいたものの上手くいきません。

そんな中、恒三が龍太郎の病室に行きます。遺産を全額育生に譲る事を考え直そうかとしましたが龍太郎の考えは変わりません。

龍太郎は恒三に色々とケチをつける中で、この病室で遺言状を書いたと話します。。そうすると恒三はニヤリ!と・・!

どうやら遺言を本人が書いて判子を育生が推すことは遺言が正式でないものだと知っていたのです。。時を見て反撃するために恒三も誰にも言いません。

そして、龍太郎が退院し、久々に自宅に戻ります!

家のドアを開けると、金の亡者たちにリビングに連れ込まれ・・ゆっくりできません。。

しかも育生の母親まできて・・・。

遺産について話し合う中で、恒三が遺言状が無効だと言い出します。。

龍太郎も無効だとわかっている感じの含み笑いをします。。

育生の母親は、遺産の当て馬にした事を激怒します。その時に、育生がみんなに言います!

「入院している時に限り、本人以外の人間が判子を押すことは許される。過去の裁判の判例でもそのようになっている」と細く微笑みながら龍太郎を見る育生。

そのことは知らなかった龍太郎はあまり顔に出さず内心焦ってます。その時、脳裏に、弁護士が「している事の意味を分かってますか。地獄を見ますよ」と言われたことを思い出します。。これか・・・。。

育生が贅沢をしながら生きていくことは考えられないので、この先財産をどのように運用していくのか、それとも、全額の財産をもらえる育生がこれから金の亡者入りして性格が変わっていくんでしょうか、楽しみですね!

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『遺産争族』第7話のあらすじと個人的な感想について紹介いたしました。

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ