スポンサード・リンク

『無痛・診える眼』宮本真希は秘書役で黒幕?役柄や宝塚の画像も


毎週水曜日の22時からフジテレビで放送している秋ドラマ『無痛 ~診える眼~』に、秘書の横山清美役として、宮本真希さんが出演します。

宮本真希さんって、この美貌なのに、芸能界として、気が付かなかったという人が多いのではないでしょうか。

芸能界に入る前は、宝塚歌劇団で活躍していて時もあり、現在は、火サスや土曜ワイドなどの2時間もののドラマで大活躍している女優さんですね。にしても、宝塚にいただけあって、年齢を重ねても顔立ちの綺麗さは変わらないですね。。

今回は、宮本真希さんについて色々と調べてみました!

『無痛 ~診える眼~』に出演する宮本真希さんとは

miya1jpeg

 

宮本真希さんは、1977年12月に愛媛県で生まれ、現在は37歳になります。

写真でもわかるように、すごく綺麗な顔立ちですよね、年齢を重ねて女性の綺麗さ、艶やかさを醸し出している女優さんですね!

ちょっとネット検索すると、20代の時の可愛らしくてスタイルが非常に良い画像がたくさん出てきました。

ちょっと気になったので、スタイルも調べてみると・・・

身長は162cm体重は40kg代後半と平均より低いですね!

そして気になるスリーサイズは、B:85cm/W:59cm/H:85cmと、めちゃくめちゃスタイルいいんです。

そして、画像を見ていて・・もしやと考えてましたが、カップは推定:Fカップ という情報です!

顔立ち、スタイルがこんな素晴らしいのに、なぜに2時間ものの短髪ドラマが多いのかを調べてみました。

あ、その前に経歴などを少々!

芸能界へのきっかけや経歴

miya6

宮本さんは高校の時に、宝塚音楽学校に第82期生として入学します。

二年後には卒業し、1996年に、宝塚歌劇団に入団します。

入団時の成績は10番と高く。斐貴きら(ひだか きら)という芸名で月組公演「CAN-CAN」で初舞台を踏んだ後、星組に配属されます。

miya7

その後も活躍し、T.a.p.(Takarazuka Angel Project)と呼ばれる同期生によるユニットに選抜され、TVCMなどにも出演。

1998年、宙組の発足メンバーに名前が入っていたが、退団したため、宙組異動は幻となってしまった。宝塚をわずか2年で退団・・。

退団後はライジングプロダクション(現・ヴィジョンファクトリー)所属し、芸能界で映画やドラマを中心とした仕事をします。

そして、1999年には、映画『おもちゃ』で主演・祇園芸者の役に抜擢され、ヌードシーンも含め、体当たりの演技を披露。同作品は高く評価され、第23回 日本アカデミー賞の新人俳優賞、第11回東京国際映画祭の最優秀女優賞受賞します。

その後は、映画にドラマに活動の幅を広げて数々の作品に出演しています。

秘書役の横井清美が黒幕か?役柄など

スポンサード・リンク

横井清美は、白神院長の秘書として白神メディカルセンターで働いており、白神メディカルセンターの事務方を一手に仕切る、切れ者の役です。

白神の能力や野望を誰よりも理解し、崇拝しているが、白神の興味が為頼やサトミに向くことに不満を持っています。

miya1

横井清美という役は、原作にはない役柄のようです。

本来、白神とイバラの関係に対して、ワンクッション入っています、しかし、白神の事を誰よりも理解し、崇拝する位なので、陰の実行部隊であるイバラへの指示役になっているだけでしょうか?

第6話では、佐田をコントロールする横井の場面もありました。また、ラストではイバラが佐田を連れ去ります。

そうなると横井がイバラに直接の指示をしていると考えるのが普通ですね。

黒幕はやはり白神となるのではないでしょうか。

主犯の白神、実行犯のイバラ、実行コントロールの横井という構図でしょうか。

miya5

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『無痛 ~診える眼~』で、秘書の横山清美役として出演されている、宮本真希さんについて紹介いたしました。

今後の活躍に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ