スポンサード・リンク

『オトナ女子』第2話のあらすじと感想や視聴率。3人の新しい出会い


10月22日(木)22時からの秋ドラマ『オトナ女子』の第2話が放送されましたね!

第1話では、

仕事ではグイグイ頑張るもの女性の部下達から陰口を叩かれ、

売れないベーシストの彼氏がデビューが決まった途端捨てられて、

10年前はラブストーリーで売れっ子脚本家だった高山(江口洋介)とのくだらない言い争いなど

数々の幸せ(?)そうなオトナ女子の世界を演じる中原(篠原涼子)が見れましたね。

最後では、『人生に裏切られる心配のない確かな幸せがあると、言っていたが、どん底の人間がどこまでその幸せをつかめるか見てみたいんだとか。』と、監修の仕事協力に高山が応じて終わりましたね。

今回は、第2話のあらすじについて紹介していきます!
(視聴率については、発表後に更新しますのでご了承ください!)

『オトナ女子』第2話のあらすじ

otona2_!

亜紀(篠原涼子)は、脚本家の高山(江口洋介)にアラフォー向け恋愛アプリの監修を
引き受けてもらうことに成功する。
が、年下の恋人・伸治(斎藤工)に振られたショックからは立ち直れないでいた。
萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)は、失恋の特効薬は新しい恋だ、と亜紀を励ますが…。
出典:番組公式HP

otona2_2

別の日、亜紀の会社『フルテージ』に高山が打ち合わせにやってくる。
その席で高山の口から出るのは嫌みや皮肉ばかり・・・、独自の恋愛論を展開し、白馬に乗った王子様などいない、
夢を見るのはいいがそれにつけ込んで儲けようとするビジネスが発生する、などと主張する。そんな高山に、亜紀はいら立ちを隠せない。

otona2_3

萠子は、フラワーショップに客としてやってきた栗田(谷原章介)から食事に誘われる
栗田がフルテージの社長だと知らない萠子は、優良物件を引き当てた、と嬉しそうに亜紀に報告する。
そのころフルテージ内では、栗田の女遊び、口説きのパターンが話題になる。
そして、美和(市川実和子)が仕入れた情報に全員が‘ドン引き’するほどの怪しい噂が広まった…。出典:番組公式HP

otona2_4

一方、みどりは、進路相談で三男・陵(浦上晟周)が通う中学校を訪れる。
そこでみどりは、陵の担任・沢田健太(千葉雄大)に出会う
沢田は、真面目そうでさわやかな印象の青年だった。 出典:番組公式HP

otona2_5

そんな中、亜紀は、社内プレゼン用に高山のコメントをもらいに行く。
そこで亜紀は、注文しておいた品物を受け取ってきてほしい、と高山から頼まれる。
仕方なく受け取りに行った亜紀は、その帰り道、編集者の池田優(平山浩行)と出会う

亜紀、萠子、みどり……それぞれの新しい出会いの行方は!?
出典:番組公式HP

『オトナ女子』第2話の個人的な感想

スポンサード・リンク

第1話を振り返ると、篠原涼子さん演じる中原亜紀は、プライベートでは年下の売れないミュージシャンと付き合ってますがメジャーデビューが決まった直後・・・自宅で浮気している現場を目撃・・・見事に。裏切られます。

そして仕事でも、恋愛ゲームの監修を10年前にトレンディードラマを当てていた脚本家の高山(江口洋介)に頼み込むが、偏屈物の高山はなかなか取り合わず苛立ちを隠せなかった。

ドラマの終盤に高山が仕事を承諾して、ちょっと良い感じに的ところで終わりましたね!

第2話では、高山は仕事をするといい感じになったと感じたのですが・・、打合せでは、相変わらずの批判で亜紀のイライラは募るばかりでした。

本当の職場なら即、解雇決定なのにドラマなので、黙ってみています。

亜 紀に高山のもとへ訪ねていくと「はにわでマニア」に埴輪を受け取ってくるという、おつかいごとを無理やり頼まれます。そして帰り道に雨・・コンビニで最後 の一本の傘を取ろうと手を伸ばすと男性の手も・・ラブコメ漫画なみの設定です・・。傘は一本しかないので、お互いの行く方向が同じなら一緒に行きましょう と月並みの展開になりました。

その男性が、こ汚いない中年なら話は終わりますが・・いい感じの40歳台の男性です。

失恋の薬は新しい恋愛が一番と言いますが、池田優38歳、高山さんの編集者(平山浩行さん)と知り合います。年したですが、芯のしっかりしたダンディーで大人の男で自立した男性な感じですね。

池 田は亜紀の事が気に入り食事を誘います・・・。ちょっと、20代じゃないんだから、唐突で早すぎでしょう、その辺はダンディーじゃないですね。。亜紀も元 カレのしがらみがなければ全然、行きたい雰囲気が出ていました。編集者の池田と高山と亜紀の微妙な三角関係が出来上がりましたね!

一方、萠子(吉瀬美智子)は花屋で客で来た栗田(谷原章介)と出会い食事に誘われ喜びます。

普 通に考えればいい大人の出会いなんですが、栗田の設定は複数の女性と付き合う女好き・・。会社内の女性にも手もだしていて、社内では栗田が、どのように女 性をもてなし、落としていくかがネタとして笑い話になってました。そして寝室ではビデオを使って××と女性社員が告白します・・。

ここまで、社内で噂されたら生きていけないですね。。

栗田は萠子を食事に誘い、車で迎えに来ると行き先はビストロ我が家へ!

そこでは、カモ肉のロースト、色野菜のパテ、そして玄関を置けると花束が・・・全て、社内で噂されていた通りに。

オトナの男性としてはパターンがないなと思いました。その辺は脚本が弱いですね。

食事のあとはいい感じになり寝室へ・・そこで出ましたビデオカメラが!変態の加減を気にする萠子・・目を開けると、目の前には野鳥が映し出されていた。栗田の趣味はバードウオッチだったようだ。。紛らわしい、なぜに寝室なんだ。

この日はキスまでで楽しい食事が終わったようですね。

そして、3人の男の子のシングルマザーのみどり(鈴木砂羽さん)は、3男の進路相談で中学校へいき、担任の先生に惹かれます。

オトナ女子の新たな恋の予感が!

終盤、亜紀は池田に夏祭りの誘いを受け、浴衣でばっちり決め現地へ向かいます。
そこで見たものは・・・池田になついてくる小さな子供と女性・・

この人はいったい誰?

池田は不倫目的で亜紀に迫ったん?それとも、別れた妻と娘か?でも、そうしたら亜紀は誘わないでしょう??

という、意味不明なシーンで第2話の幕が下りました。

さてこの後はどうなるんでしょうね、また第3話の予告に注目しましょう!

 最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『オトナ女子』第2話のあらすじと個人的な感想について紹介いたしました。

アンケートを回答すると過去の作品がネット配信で閲覧できますので、見逃した方は番組HPをチェックするのもいいですね!

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ