スポンサード・リンク

『オトナ女子』ドラマ第9話のネタバレあらすじと感想や視聴率も


※12/10 個人的な感想を更新。

毎週木曜日の22時より jフジテレビで、篠原涼子さん主演の『オトナ女子』が放送されていますね。

第8話の放送終わりましたね。。

今回は、高山さんの頑張りの回でしたね!

亜紀と一緒の時はからかったり、強気な部分が多いんですが、亜紀と一緒に行こうと人気なディナーショーのチケットをゲットしてきます!

しかも、そのチケットを取る為に、あの高山さんが頭を下げてるんです・・それだけ亜紀と一緒に行きたかったんですね。

そして当日、お洒落をしてマスターの車で目的に向かいます・・・しか~し、社長にボロクソに振られた工藤が秋に電話をかけてきます。。心配する亜紀。(違う意味で高山も短パイそうでした。)

栗田社長に振られた話をすると、亜紀がデートを中断して、慰めに行きます。。工藤の話を聞いてあげているとすっかりと時間がたってしまい夜に・・。

高山に電話もせずに帰ってくつろいでいると・・高山は、なんと会場にまだいました。。ピンチな亜紀。。

とりあえず夕飯を食べに定食屋に行きます。。帰り道、なんか高山がもぞもぞしてます。。帰りたくないんだろうな。。

と思っていたら、亜紀の部屋にちゃっかりと入り込んでしまってるじゃないですか・・嫌ではない亜紀。。

これは、きましたね!

次週の回想シーンが楽しみですね。

今回は、ドラマ『オトナ女子』の第9話のあらすじ視聴率、個人的な感想について紹介していきます!

『オトナ女子』第9話の個人的な感想!

第9話の放送終わりましたね。。

デートが終わり別れた後・・、いきなり高山が亜紀の部屋に来ます。。おっ、遂に理論武装の高山が動き出しました!

二人は、ドキドキ状態ながら一夜を共にするかと思いきや・・ゴキブリ君に邪魔されます。。もうじれったい!

翌日、モバイルコンテンツ部に戻れた亜紀はついにアプリがリリースします!

色々あったせいか職場は仲いい感じですね。。頑張るたびに、陰口を叩かれながらやっていたのに、どうしたんでしょう。

当然、監修役をやっていた高山さんも呼ぼうと!

亜紀と高山の中を縮める企画だったんですが、残念ながら編集長に会う機会が有り、自分の仕事を優先します。。

しかーし、編集会議が長引いてなかなか始まりません、、結局、高山は打ち上げには、間に合いませんでした。

そして、高山が会社に着くと・・・なんと、ちょうど前川くんが亜紀に告っているじゃないですか。なんと間の悪い・・。

前川君の気持ちは大切にしながら答えられない気持ちを伝え亜紀は高山を追います。。そして高山と亜紀の距離が一気に縮まります。

翌朝、朝食を作る高山・・亜紀の部屋のキッチンですね!ついに!!

やっと亜紀も幸せに近づいた感じですね。

そして、カフェに高山に会いに行くと、高山は散歩中でした。。机の上の原稿に興味を示す亜紀。

チラ見すると・・・40代の女性の内容が・・・ぬぬっ、読んでいくと自分の起きている事が書かれていました・・。

高山は、亜紀との間の話を書いていたんです・・最低だ・・。

高山がカフェに戻ってきます。確認する亜紀。。

もう恋愛ものは一から書く事が出来ないのでしょうか。。身近な女性との体験談で小説を書くなんて。。何かわけが有りそうですよね。

次週はついに最終回です、亜紀の恋愛の行方はどうなるのか楽しみですね。

『オトナ女子』第9話の視聴率について

オトナ女子も初回視聴率がギリギリ10%に乗れない9.9%からスタートして、大きな動きがないまま、7.2%から9.9%を彷徨ってます。。

そんな中で、第9話の視聴率は、9.2%と、先週より若干かがった感じです。

今回は、高山が見事に男を見せた感じでしたが、一部始終小説のネタになれているなんて・・・ショックでしょうね。

やはりアラフォー亜紀に幸せは訪れないのか次回、最終回は必見ですね!

『オトナ女子』第9話のあらすじ

スポンサード・リンク

ドラマ「オトナ女子」の第9話のあらすじをご紹介します。

otona1出典:番組公式HP

亜 紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)らの助力もあってモバイルコンテンツ部への復帰を果たす。亮介(吉沢亮)も、社長の栗田(谷原章介)に何度も亜紀の復 帰を訴えていたらしい。そこに美和(市川実和子)がやってきて、仕事を辞めようと思っている、と言い出す。亜紀は、そんな彼女に、相談に乗るからもう一度 考えてほしい、と告げた。

otona2出典:番組公式HP

萠子(吉瀬美智子)は、母親の絹江(朝加真由美)から栗田と別れたことを責められ、口論になってしまう。そこに現れた田代(丸山智己)は、絹江を上手く外に連れ出し、その場を収める。

みどり(鈴木砂羽)は、沢田(千葉雄大)から電話をもらい、陵(浦上晟周)が通う中学校を訪れる。応対した教頭は、調査の結果、陵に対するいじめの事実はなかったとみどりに告げるが…。

 otona3出典:番組公式HP

一方、小説の執筆を進めていた高山は、主人公が無邪気に喜んでいる描写の参考に、と亜紀の好きなものをリサーチする。亜紀がJAZZ好きだと知った高山は、有名なJAZZミュージシャンのディナー付き演奏会のチケットを入手し、彼女を誘う。
演奏会当日、亜紀は、ドレスアップして高山が待つカフェ『caldo』を訪れる。マスターの霜田(池田成志)から車を借りた高山は、亜紀をエスコートして会場へと向かうが…。

otona4出典:番組公式HP

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『オトナ女子』第9話のあらすじと個人的な感想について紹介いたしました。

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ