スポンサード・リンク

『下町ロケット』ドラマ第8話のあらすじネタバレや感想・視聴率


※12/6 個人的な感想を追記。

阿部寛さん主演の『下町ロケット』の第7話の放送が終わりましたね!

第7話は、ガウディ計画の参加を決めた佃製作所は、新たにガウディチームを発足し人工弁の開発を行うことになりました。

何度も何度もトライ&エラーを繰り返す中、技術者たちは破れない壁に疲労困憊します。。

そして、初心に帰る為に福井を訪れます。

桜田の経編機械や、一村教授の病院で、自分たちがかかわる人工弁の大切さをしり、何が何でも作り上げる強い決心がつきました。

そんな頑張る中小企業をあざ笑うかのように、一村教授の元恩師の貴船教授、ライバル会社の椎名社長、医療メーカーの日本クライン、そして医療品の認可機構PMEAの滝川が、水面下で心臓の人工弁の開発を横取りしようとしています。

前半戦の努力は報われたって話から、後半戦は良くある裏側の汚い争いが見えてますね。

今回は、ドラマ『下町ロケット』の第8話のあらすじや個人的な感想について紹介していきます!

『下町ロケット』第8話の個人的は感想

第8話の放送が終わりましたね。後半の『ガウディ計画』になってから、今まで中小企業が頑張りが報われるのから、水面下のコネと賄賂、癒着など少々、嫌らしい展開がベースになってますね。

今回は、佃とサヤマのロケットバルブのコンペの決着がつくんですが、椎名社長の情報網とネゴ力の違いで、バルブ本体の品質で勝負をするのでは無く、帝国重工と共同開発をするオプションを付けます。

思い返せば、帝国重工はキーデバイスの内製化が条件だったので、部品供給をする佃より、性能が変わらなければ、共同開発する条件は帝国重工としては、眉唾ものだったんでしょう。

財前部長も、微妙な品質の違いを説得材料として佃のバルブを押していますが、最終的にはサヤマに負けてしまいます。

佃製作所のダメージは深刻なものですが、佃航平のしぶとさで、ガウディ計画こそが佃製作所の生きる道と開発を続けます。

椎名社長率いるサヤマ製作所も業績・顧客拡大と勢いに乗っていましたが・・、臨床試験の最初の患者が死んでしまいます。日本クラインに卸している人工弁の耐久性が無く、医療ミスにつながったんです。。

先週の段階で佃製作所からヘッドハンティングした技術者が、人工弁の品質の悪さを確認してましたね。。

でも、PMEAと話していたときは、臨床データは問題ないといってました。

これは。。。もしや、医療データの改ざんと虚偽の報告の可能性もありますね。

次週は、その辺りを貴船教授がどう逃げていくか、そこから佃製作所がどう攻め込んでいくかが楽しみですね!

『下町ロケット』第8話の視聴率について

スポンサード・リンク

初回放送の視聴率は16.1%
第2話の視聴率は17.8%
第3話の視聴率は18.6%
第4話の視聴率は17.1%

第5話の視聴率は20.2%、
第6話の視聴率は17.8%
第7話の視聴率は20.2%、と、民放ドラマのトップを独走していますね。

そんな中、第8話の視聴率は20.4%と、またまた20%と超えてきました!

今回は、椎名社長率いるサヤマ製作所とのバトルの決着が一回つくところだったので、視聴率も良かったのかと思います。

次週はセミファイナルで15分拡大で、佃製作所の反撃が始まると思いますので、今から楽しみですね!

『下町ロケット』第8話のあらすじ

rocket1

一 度は挫折しかけた人工弁の開発に、気持ちも新たに取り組む決意を固めた立花(竹内涼真)と加納(朝倉あき)、鈴木(堀井新太)ら。そんなある日、桜田(石 倉三郎)から資金繰りが行き詰まったことを聞かされた佃(阿部寛)は、ガウディ開発チームほか、山崎(安田顕)を集めてミーティングを行う。自社の開発資 金が持ち出しの状態ではリスクが大きいと殿村(立川談春)は心配するが、佃は開発を進めるようガウディチームに伝えた。
一方、帝国重工のコンペま であと三週間と迫っていた。ロケットエンジンのバルブ供給は佃製作所にとってビジネスの本丸であり、絶対に奪われてはならない。打倒、サヤマ製作所に燃え る佃製作所の面々だったが、突然、帝国重工の富山(新井浩文)から、燃焼試験の日取りを一週間早めてほしいと佃に連絡が入る。猛然と抗議する佃だったが日 程を戻すことはできず、埜村(阿部進之介)らバルブ開発チームは、短縮されたスケジュールでコンペに臨むことに…。
そんな折、ある開発がようやく形になり、その試作品を披露するため佃は財前(吉川晃司)を会社に招く。

rocket2

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『下町ロケット』第8話のあらすじについて紹介いたしました。

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ