スポンサード・リンク

レンタル救世主のキャストに藤井流星が!1話の動画と視聴率や感想


2016年10月9日日曜夜10時30分からスタートする

「レンタル救世主」。

主演は、沢村一樹さんです!

この枠は前クール藤原竜也さん主演の「そして、誰もいなくなった」で衝撃的でスピーディーな展開がかなり話題を呼びましたね!

今度はカラーをガラリと変えて、コミカルな日曜の夜らしい明るく楽しいドラマになりそうです!

借金を背負って会社をクビになってしまった沢村一樹さんが転職した先は「レンタル救世主」。“命懸けで依頼人を助ける“という仕事です!

第1話の初仕事は誘拐された人質の救出という仕事です!110番に電話しろよ~っ!!

そして、なんと!この「レンタル救世主」に依頼するための電話番号、実在するんです!

HPに「いつでもお電話ください」と載っていたのでかけてみました!「0570-0783-50」(おなやみGO!)です。

私がかけたときは志田未来さんが出ました!

今回は、「レンタル救世主」第3話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『レンタル救世主』第1話の個人的な感想

「レンタル救世主」初回30分拡大してましたが、内容はかな~り軽い感じでしたね。

借金を背負った明辺悠五(沢村一樹)が、「レンタル救世主」の社員になって誘拐事件の人質救出の初仕事に送り込まれるまではけっこうテンポよく進んで行きましたが、その後はけっこう間延びしていましたね~。

人質となった百地零子(志田未来)。実家は金持ち、親も兄も優秀でエリート環境で育ってきたものの、自分には何もないと自信がない。一人暮らしを始めてもデパートの苦情係で客に土下座をしたり、上司からセクハラを受ける日々に嫌気がさしていました。

そんな零子に深入りしてしまうお人好しの悠五。

人に助けを求めることのできない零子に共感して、「辛い時は助けてって言ってもいいんだ!」と諭し始めたときには、

これは感動シーンに突入か?と思わせましたが、突然零子が謎のラップを繰り出すという衝撃展開(笑)

笑えて泣けて・・・って感じのドラマなのかなと思っていましたが、とにかく笑って笑って、という方向性みたいですね。

そして、笑いがまたシュール・・・。

深夜ドラマっぽいかな~って印象です。23時台とかの感じ。

そんな零子も「レンタル救世主」メンバーに加わり、来週からはラップを武器に活躍するようですよ~!

『レンタル救世主』第1話の視聴率について

第1話の視聴率は、10.2%といい感じのスタートを切りましたね。

日曜日の22時30分スタートという悪条件ですが、歯切れのよいテンポと地蔵のラップと笑いに尽きない感じです。

来週もいい感じで行ってほしいですね!

スポンサード・リンク

『レンタル救世主』第1話のあらすじ

第1話のあらすじです。

Rent1_1明辺悠五(沢村一樹)は、勤めていた会社の元同期に騙されて1億円超えの借金を背負ってしまった。しかも、会社からは詐欺の片棒を担いだと誤解され、クビに。彼は、そのことを家族に言えないでいた。
新しい就職先を見つけなければならない明辺は、ある会社の面接を受ける。その会社の職種は、“レンタル救世主”というものだった。人生崖っぷちの明辺は、面接で自身の悲惨な身の上と家族への愛を訴えて「残りの人生を懸けて御社で働きます!」と宣言。それが社長の黒宇寛太(大杉漣)に気に入られて、採用される。

明辺は黒宇から、レンタル救世主とは一度レンタルされたら依頼者のための救世主となって、どんなことがあっても依頼者を命がけで助ける仕事だと説明される。
明辺が任された初仕事は、誘拐された人質の救出だった。指示された通りに、ある倉庫へ向かった明辺は、2人の人質・百地零子(志田未来)と薫(稲葉友)を発見。薫が犯人の目を盗み、レンタル救世主に助けを求めて電話したのだった。明辺は零子と薫を助けに行こうとするが、犯人に見つかって捕えられてしまう。

Rent1_2

明辺たちに危機が迫る中、上空から金髪の男が現れて、ドハデなアクションで誘拐犯たちを倒す。その男は、黒宇の会社に所属するレンタル救世主・葵伝二郎(藤井流星)。2人の人質は無事助け出されるが、明辺は零子から「なんで助けに来たの」と、謎めいた言葉を投げかけられる。
人質になっているのに何故か助けを求めない零子のことが気にかかる明辺。彼は葵とともに、零子のことを調べ始め…。

Rent1_3

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『レンタル救世主』第1話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  新垣結衣のドラマ「逃げるは恥だが~」あらすじネタバレやキャスト、主題歌も


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ