スポンサード・リンク

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』6話の感想やあらすじネタバレと視聴率


毎週土曜日、日テレで夜21時から春ドラマ

『99.9-刑事専門弁護士-』が放送されてますね。

第5話の放送が終わりましたね。

今回は、18年前に起こった父親の自殺が、他殺だと知った息子が罪を犯し、深山が弁護を担当することになります。

深山と彩乃が接見しに行くと「あいつが殺したんだ」と不可解なことを言って倒れてしまい意識不明になります。。

事件を調べる中で、過去の父親の事件に疑問が浮かび上がります。。

そして、検察では、その事件の再審請求に対して、万全を期すように話すシーンが出てきます。。

きな臭いですね、ドラマは5話完結ではなく、6話に持ち越されています。

そのような過去の隠蔽工作が有ったのでしょう。。

そして、佐田もそこに絡んでいるからこそ検察を止めて、弁護側に移ったのでしょう。

今回、第6話は見ものですね!

今回は、ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』第6話のあらすじや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『99.9-刑事専門弁護士-』第6話のあらすじ

第6話のあらすじです。

999_6_1
出典:番組公式HP

深山 (松本潤) は、18年前に自殺した 谷繁 (千葉雄大) の父親が、実は自殺ではなく、三枝 (平田満) に殺害された可能性が高いと考える。
彩乃 (榮倉奈々) ら刑事事件ルームのメンバーと共に調査を積み重ねた結果、ある事実にたどり着き、確証を持って三枝を追及する深山。
しかし三枝は、18年前の同じ日時に起きた 「杉並区資産家令嬢殺人事件」 で 「犯人を目撃した」 と証言していた。
そして、その三枝の目撃証言が重要な決め手となって、犯人が逮捕され、有罪が確定していたのだ。
つまり三枝には、谷繁の父が殺害された時刻には、もうひとつの事件が起きた付近におり、谷繁の父を殺害するのは不可能である、というアリバイがあったのだ。
深山は三枝がアリバイ作りのために “嘘の目撃証言” をした可能性もあると考え、その目撃証言の調書を作った検察官であった 佐田 (香川照之) を厳しく追及する。

999_6_2
出典:番組公式HP

佐田だけが知る “18年前の事実” とは一体 ——。

さらに深山と彩乃は、18年前に三枝が 「犯人を目撃した」 と証言した現場に足を運ぶ。
すると18年が経ち手がかりなど何も残っていないと思われた現場から、思いもよらない事件解決の糸口が見え始め…。

999_6_3
出典:番組公式HP

 

『99.9-刑事専門弁護士-』第6話の個人的な感想

放送が終了しましたら更新します。

『99.9-刑事専門弁護士-』第6の視聴率について

スポンサード・リンク

発表次第更新します。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』の第6話のあらすじについて紹介しました。

『99.9-刑事専門弁護士』のまとめ記事も書いていますので、是非ご覧下さい。

 『ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-あらすじネタバレやキャスト相関図。主題歌の感想』はこちらから>>

では放送日を楽しみにしていましょう


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ