スポンサード・リンク

『私結婚できないんじゃくて』6話のあらすじネタバレや感想・視聴率


毎週金曜日の夜10時から放送されるドラマ

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(できしな)』

中谷美紀さん主演なんですが、演じるみやびは、昔、高根の花・・今はアラフォーの恋愛弱者として、

戸倉演じる藤木直人の厳しい恋愛指導をされます。

第5話では、みやびと諒太郎がいい感じでマンション入りしましたね。

エレベータでは、戸倉とバッタリ出会ってしまいましたが、良い一夜が過ごせたんでしょう!

かなりの年齢差が有りますし、友人関係との集まりの時に気になるなど、色々とケアが必要になるんでしょう。。

この先年齢差カップルが乗り越えられるか注目ですね。

今回は、ドラマ『私結婚できないんじゃなくてしないんです』の第6話のあらすじや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『私結婚できないんじゃなくてしないんです』第6話の個人的な感想

前回のラストで、みやびと諒太郎がエレベーターでいちゃついているのを戸倉に目撃され・・・あちゃと思ってましたが。

同じマンションのペントハウスに住む怪しい料理人。。

手土産持参でペントハウスに乗り込むみやび・・・さすがっ、20代ではしない攻撃ですね。。

奥さんが出ていった事で・・・恋愛マスターの権利をはく奪され、離れた女性の気持ちを戻すコンサルタントが始まります。。

う~ん、みやび的には、散々、上から目線で自分を否定されていたんですから、リベンジのチャンスですよね。。

戸倉も、なんだかんだで女性の意見には感謝って感じですね。

そして・・桜井が海外出張中に知り合ったエリの妊娠の成長過程と・・桜井の知り合った時期の違いをみやびは知ってしまうんです。

みやびも自分から桜井に言うほどメンタル強くなく・・。

結果、結婚おめでとうパーティーの帰りに優里が、エリに隠し事をした結婚は上手くいかないと助言するんです。。

そして、エリの子供の父親が自分ではない事を知る桜井・・・OhMyGod・・・。

ブチ切れたい気持ちは有るものの、エリの気持ちをいっぱいに考えて、話し合うと静かに言って、

エリをかばいながら帰る桜井・・いい人すぎる!

多分、みやびとは、くっつかないんだねと。。

そしてラストシーン・・・。

桜井とエリを暖かく見守るみやび。

それって、将来的にはわからないけど諒太郎と上手くいっているから余裕なのかな??

そして、諒太郎のシェアハウスのイベントに行くみやびが待ち受けていたのは・・・・。

諒太郎の部屋でYシャツを着ている梨花(大政絢)・・・

諒太郎・・やはりみんなと軽くお付き合いなんでしょうか??

次回が気になりますね!

『私結婚できないんじゃなくてしないんです』第6話の視聴率について

スポンサード・リンク

第6話の視聴率は8.7%と先週の10%オーバーからダウンしています。

内容的には、みやびを中心にかかわるキャストが動き出しているので、見どころと思います。

さて来週はは泥沼でしょうか!

『私結婚できないんじゃなくてしないんです』第6話のあらすじ

第6話のあらすじです。

dekishina6_1
出典:番組公式HP

十倉(藤木直人)が自分と同じマンションに住んでいると知ったみやび(中谷美紀)は、十倉の部屋に押しかけ、彼が年商35億の企業「グローバルダイナー」の元代表取締役だと知る。さらに部屋には離婚届が…!妻・千波(長谷川京子)が一人娘を連れ、家を出ていたのだ。みやびは千波が出て行った理由に気づくが、それを指摘する前に部屋から追い払われてしまう。

dekishina6_2
出典:番組公式HP

後日、みやびは十倉から呼び出されるような形で店を訪れる。やはり十倉、妻が出て行った理由が気になっていた。結婚生活の先輩として優里(平岩紙)も呼び、みやびによる女目線の恋愛指南が始まる。千波が出て行った理由、そして離れてしまった“女心を取り戻す方法”を教えられた十倉は…!?
一方、みやびのクリニックでは、梨花(大政絢)とこず恵(ちすん)が、先日合コンした男を巡ってギスギスした状態に。みやびも慎重になり、諒太郎(瀬戸康史)とデートを重ねつつも、周囲にはしばらく関係を隠すことにする。「親の代理婚活」に申し込みたがる昭子(夏木マリ)にも話せず…。
そんな中、桜井(徳井義実)とエリ(松井愛莉)の結婚を祝う会が開かれることに。だが、みやびはエリに、ある疑惑を抱き…。

dekishina6_3
出典:番組公式HP

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『私結婚できないんじゃなくてしないんです』の第6話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ