スポンサード・リンク

『フラジャイル』長瀬智也が主題歌を!ネタバレやキャスト相関図も


2016年1月13日(水)フジテレビで22時から放送を開始する冬ドラマに、人気アイドルグループの『TOKIO』のメンバーの長瀬智也さんが主演で登場します!

タイトルは、「フラジャイル」

もともと原作が、講談社の「月刊アフタヌーン」に連載中の漫画で、『病理医』という聞きなれない職種ですが、長瀬さんは主役の偏屈天才医師を演じます。

2015年の頃までは、嵐の松本潤さんが主演する話になっていましたが、急きょ、主演が変更となり長瀬さんが抜擢されたようです。

長瀬さんとフジテレビのタッグは、2003年の『ムコ殿2003』以来の主演になるので、どのようなド10月頃ラマになるか楽しみですね。

今回は、ドラマ『フラジャイル』のあらすじやキャストの役柄や相関図や主題歌について調べていきたいます!

『フラジャイル』のドラマ情報

fura1

ドラマタイトル:フラジャイル
放送日時:毎週水曜 22時~23時
出演者:長瀬智也、武井咲、野村周平、小雪、北大路欣也
原 作:草水敏(講談社アフタヌーン連載中
脚 本:橋部敦子
企 画:成河広明
    池田拓也
プロデューサー:小林宙
演 出:石川淳一
制作著作:フジテレビ/共同テレビ

『フラジャイル』のあらすじ

fura8

壮望会第一病院。白衣で埋まる会議室。神経内科のカンファレンスだ。
次々と患者たちの症例が報告され、検討されている。そして最後に昨日、階段から転がり落ち入院することになった一人の少女に話は及ぶ。
症状は頭部の裂傷、悪心、発熱、下肢の不快感。CT検査では脳の出血は確認されなかった。ただ下肢の不快感に関して、椎間板変性(椎間板の老化による腰痛)の疑いがあると、担当医師が報告する。
神経内科の部長は、それなら患者を整形外科に回すように指示。誰からも異論も出ず、神経内科のカンファレンスは終了・・・と思いきや、白衣の集団の中に一人だけスーツ姿でいる男が、挙手をしていた。

その男は、病理医・岸京一郎(長瀬智也)。

岸は、周囲の医師たちが口をそろえて「強烈な変人だが、極めて優秀」と言う、この病院にたった一人しかいない病理医だ。

病理医とは、顕微鏡を用いての細胞や組織観察、および亡くなった患者の解剖を通して、病気の原因と発生の仕組みを解明し、さらには病気の診断に科学的な確定を与える専門医。患者への治療は、病理医の診断があってから初めて進み出すため、ミスは許されない。
そんな重責を担う病理医の岸は、端麗な容姿の一方、偏屈で毒舌。歯に衣着せぬ物言いで、相手がどんな立場の医師であろうと、ひとたび自分の診断と対立しようものなら、相手が降伏するまで徹底的に論破するため、周囲からは悪魔のように恐れられている。

し かし、岸が周囲とのあつれきをいとわないのは、何より患者の命、己が信じる医療の正義を最優先にする姿勢が根底にあるからだ。現に岸が赴任してからという もの、病院の評判は劇的に良くなった。それが、岸が病理医として桁外れに有能であることが大きく寄与していることを、ほとんどの医師たちは知っており、各 科の医師たちは岸に面従腹背している。
そして、静まりかえった神経内科の医師たちに向けて、岸の“口撃”が始まった―。出典:公式HP

病理医なる仕事について?

病理医は、内科医や外科医と同じ専門医のひとつです。

顕微鏡による細胞や組織の観察、さらには亡くなった患者の解剖を通じて、病気の原因と発生の仕組みを 解明するのです。
と同時に、分析したデータから導き出される所見から、患者への診断を科学的に確定させる職責も担います。

例えば、患者を直接担当している 臨床医が肺炎と診断した場合でも、病理医により肺癌であることが発見される場合もあります。
患者への治療は、病理医の診断があってから初めて進み出すので す。

そのような立場上、臨床医の診断ミスは病理医が正すことができますが、病理医の診断ミスは、そのまま患者の命に直結していきます。まさに命の防波堤であり、医療上、最も重責が大きい職務のひとつなのです。

にも関わらず、日本に病理医は2232名しかいません(2014年9月日本病理学会発表資料による)。

医師全体で見るとたったの0.7%(2012年12 月厚生労働省発表資料『全国の医師数303268人』)というのが現状で、病院には病理医が一人しかいない場合が多いのです。

そのため、臓器別に病理医が いるアメリカとは異なり、日本の病理医は一人で全臓器を担当しなくてはならず、科を横断する幅広い知識、あらゆる細胞や組織の病理診断を下せる能力が問わ れます。

そのため、病理医の世界は、日本の医療を凝縮していると言っても過言ではありません。

病理医の世界を通して描かれる圧倒的にリアルな日本の医療の 姿も、このドラマの見どころとなります。出典:公式HP

『フラジャイル』キャスト相関図について

 

『フラジャイル』メインキャストについて

 

スポンサード・リンク

メインとなる5名のキャストをご紹介します。

fura8

岸京一郎:長瀬智也
病理医。
白 衣はまとわず、常にスーツ姿。イケメンなのに、偏屈で毒舌。歯に衣着せぬ物言いで、敵ばかり作ってしまいます。性格が悪いことを自覚していて、自分の診断 が他の医師と対立しようものなら、完膚なきまでに論破し、相手が降伏するまで徹底的に闘い抜く悪魔のような顔を持っています。

fura3

宮崎智尋(みやざき・ちひろ):武井咲
新米病理医。
患者の命を第一に考える岸の姿勢に、自らが追い求める理想の医師像を重ね合わせ、内科から無理やり病理診断科に転科する。
元 気だがおっちょこちょいな宮崎は、岸に振り回され続ける日々。病理医としての知識も経験も乏しく、時に重責に押しつぶされそうになることもしばしば。しか し患者の命を救いたいという、ひたすらまっすぐな情熱と純粋さが、リスクを恐れぬ行動へ宮崎を突き動かし、知らず知らずのうちに、病理医として成長を遂げ ていきます。

fura4

森井久志:野村周平
臨床検査技師。
岸 が診断するデータはすべて森井が上げます。岸も認める優秀さで、5人分の仕事を一人でこなす。一見、クールですが患者のため、徹夜をいとわず仕事に打ち込 む熱い男。偏屈な岸の扱い方を熟知していて、岸の衝撃緩和剤の役目を負うことも。技師として充実した日々をすごしつつも、どこか医師に対して冷めた眼を向 けることもあります。

fura5

細木まどか:小雪
医師。
岸と大学時代の同期。
タ フさとしたたかさを併せ持つ優秀な外科医で、岸に絶大な信頼を置き、「すぐれた病院を探すなら、すぐれた病理医のいる病院を探すべき」とまで断言します。 と同時に、岸の過去を知る数少ない人間の一人でもあります。岸に男女関係を匂わせるようなアプローチをし、宮崎をどきまぎさせることがあるセクシー外科女 医。

fura6

中熊薫:北大路欣也
病理医の指導医。
岸の元指導医で、病理医界の重鎮・中熊薫。
初めて出会った宮崎をデートに誘うなど茶目っ気も見せつつ、すごんだ際の口調や風貌はまるで筋者。岸の勤める病院の人事権にも影響を与えるほどの大物で、 岸の前でも気兼ねなく傍若無人に振る舞います。しかし、岸とは確固たる信頼で結ばれていて、岸が相談をする唯一の人物。

主題歌「fragile」を歌う「TOKIO(長瀬智也)」のコメント

furannjya1

長瀬さんが作詞・作曲を手掛けた楽曲がドラマ主題歌に起用されるのはこれが 3 作目です!
今回のドラマの原作や脚本を読んでから書き下ろした新曲で、咲いては散る桜と命を重ねあわせて表現された、切なくも力強く表現されたロックチューンとなっているそうです。。

作詞・作曲を務めた長瀬さんのコメントです。

大 切な人を失ったり、大切な人が居なくなった悲しい思いの中、強く生きる桜の木を見て感じる“何か”を歌にしました。この“何か”は聴いてくれた人それぞれ が、曲やメロディーにふれて思い描いてくれたらなと思っています。タイトルの「fragile(壊れやすい)」は荷物によく使われることが多い言葉です が、人の心に落とし込んでもまた新しい表現になると思ったので、ドラマタイトルと同じにさせていただきました。
出典:natalie.mu/music

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『フランジャイル』のあらすじやキャストの役柄や相関図について紹介いたしました。

2016年1月13日(水)の22時からフジテレビで放送が開始されますので、是非お楽しみください!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ