スポンサード・リンク

『フラジャイル』ドラマ第4話のあらすじネタバレや感想・視聴率


長瀬智也さん主演の『フラジャイル』の第3話の放送が終わりましたね!

今迄、病院内ではアウェーな病理科でしたが、消化器内科のカンファレンスで 中西篤也(中村俊介)の意見が合います。

診断について、中西は岸の確認を取りたいところですが、釈然としない岸は結論をうやむやにします。

そして、病理に入った宮崎(武井咲)と、森井(野村周平)がプライベートで居酒屋に行きます!

この先の展開で、少し恋愛系も入ったりして、白衣じゃなくて宮崎のお洒落感なども出してくれると、楽しいんですが・・。

今回は、ドラマ『フラジャイル』の第4話のあらすじネタバレや個人的な感想・視聴率についてご紹介します!

『フラジャイル』第4話のあらすじ

スポンサード・リンク

第4話のあらすじです。

fura50出典:番組公式HP

岸 京一郎(長瀬智也)が病理診断科に出勤すると、宮崎智尋(武井咲)が病理の本を広げて勉強中。宮崎を褒める岸は、この日に行われるアミノ製薬の勉強会に出 てみないかと持ちかける。仕事もあると断ろうとする宮崎に、岸は豪華な弁当が出ると煽り、今日の仕事も自分が全部やると請け負った。そこまで上司に勧めら れれば断る道理はない。早速、宮崎は出かけることに。そんな岸を、森井久志(野村周平)は半ば呆れて見ていた。 

fura53出典:番組公式HP

女性外科の細木まどか(小雪)は患者の安田春香(中越典子)の病室にいた。子宮の検査結果を聞く春香に、細木はまだ出ていないと答える。そして、細木は悪性腫瘍の場合、子宮全摘手術が必要と説明。すると春香はもう一人子どもが産みたいと細木に訴える。

fura52出典:番組公式HP

勉強会の会場で、宮崎は火箱直美(松井玲奈)に岸は来ないのかと聞かれる。代わりに来たと言う宮崎に、火箱が焦りだす。岸は講演を頼まれていたのだ。火箱から講演の代行を頼まれる宮崎だが務まるはずもない。慌てて帰ろうとする宮崎だが…。

岸は春香の病理診断を迷っていた。そこに、宮崎が怒りながら戻ってくる。実は岸の講演予定を知っていた森井が尋ねると、宮崎は会場にいた中熊薫(北大路欣也)が代行してくれたと答えた。
春香の病理診断に迷う岸は、中熊に相談。中熊は岸の診断を肯定も否定もしなかった。それでも、岸は細木に自分の診断を報告する。その報告が岸と細木の仲違いを生んでしまうことになる。

fura51出典:番組公式HP

『フラジャイル』第4話の視聴率について

9.7%でした。(ビデオリサーチ調べ)

前回は10.0%だったので若干落ちてしまいましたね。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『フラジャイル』の第4話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ