スポンサード・リンク

『ヒガンバナ』第4話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


堀北真希さん主演の『ヒガンバナ』の第3話の放送が終わりましたね!

今回も捜査七課(ヒガンバナ)らしい、女性に関する事件でしたね。

結婚し、家庭に入り子育てをしながら幸せを感じられずにブロガーとして社会からの必要性を感じる女性。

そして、授かり婚で会社を辞めて結婚を準備する直前に流産してしまい、結婚を止めた女性。でも、生まれてこなかった子供の為に

お弁当をブログにアップして、カリスマブロガーとなってしまいます。

そんなカリスマブロガーが頭から血を流し部屋で死んでいるところを発見されます。

殺害事件の前後、カリスマブロガー6名のブログには中傷する書き込みが・・、犯人でしょうか。。

中 傷していた犯人の奥さんもブログを書いていたんですが、コメントなどにひどい書き込み等があり精神的に病んでしまい、旦那さんがブロガーに対して逆恨みし ての犯行だったんですね。。ネットならではですね、公開しているから知らないところで逆恨みに会う確率が増えちゃうんでしょうかね。

そして、殺害された女性は・・・、とある公園で小学生の子と仲良くなりますが、夕方、いつもおなかをすかせているので、お弁当を作っては食べさせていたんですね。。そして、母親の誕生日までに補助輪なしで自転車に乗れるように二人で練習をしていたんですが。。

お弁当を食べさせている時に母親に見つかってしまいます。。

癇に障った母親は口論になり・・取っ組み合いをしていると。。お弁当を上げていた女性が転び、頭を滑り台にぶつけ血だらけになってしまいます。

この状況だと、子供に迷惑がかかると気を利かせ、電車で1駅分歩き自宅まで戻ります・・が、そこで力尽きてしまいます。

自分が子供を産むことができなかったので、人の子だけど自分のこのように接して、目の前で人が死んでしまう事を見せたくなかった女性。

自分の大事な息子が、他の女性と仲良く接して、弁当までもらって嫉妬してしまった女性。

一時の感情で言い争ういになってしまい、運悪く転倒し頭を打ってしまいました・・・。

なもう少し冷静に話し合えばこんな悲しい事件にはならなかったんでしょうが、切ないですね。。

そして、渚が幼少期に傷を負ってしまった点について、DAIGOが調べていますね。。

この二人の関係も、謎ですね。。

今回は、ドラマ『ヒガンバナ』の第4話のあらすじネタバレや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『ヒガンバナ』第4話の視聴率について

『ヒガンバナ』の第4話の視聴率は10.4%でした。(ビデオリサーチ調べ)

前回の11.2%から下がってしまいましたが、10%台キープは今期のドラマの中では高い方だと思います。

『ヒガンバナ』第4話のあらすじ

スポンサード・リンク

第4話のあらすじです。

higanbana51出典:番組公式HP

 雪 乃(檀れい)は、捜査のため訪れた図書館で、同じ本を手に取った青年・三岡(萩原聖人)に運命的な出会いを感じ、一人浮かれていた。そんな最中、とある公 園の池で突然爆発が起こり、池の中にいた女性研究員・曜子(月船さらら)が遺体で発見されるという事件が発生。七課も捜査に加わるが、池や遺体からも爆薬 は発見されず、手がかりは近くに落ちていたライターと謎の人影の目撃証言のみだった。

higanbana52出典:番組公式HP

そ の事件現場で渚(堀北真希)は“お金に執着する”人物の声にシンクロし、曜子が誰かに貢いでいたのではないかと推理。彼女の勤務する研究所に聞き込みに行 くことに。曜子の上司・堂ヶ島教授(中原丈雄)のもとを訪れた渚と雪乃は、曜子の同期から話を聞くように紹介され、なんとそこに現れたのは雪乃が数日前に 運命的な出会いをした男・三岡だった。

higanbana53出典:番組公式HP

三 岡たちの証言で、彼女が事件当日ある男性とデートに行くと言っていたことや、具合が悪そうだったことが判明。さらに捜査を進める中、三岡や曜子の同期であ り研究所のホープであった良美(西山繭子)が1年前に謎の失踪をしていることもわかり、そこに違和感を感じた渚は独自にその失踪事件の捜査を進めるが、あ る衝撃的な事実が隠されていた。一方、三岡との出会いで女性らしさを増す雪乃に、七課や一課の面々は唖然とするが、彼女の恋心は加速するばかりで…。
雪乃の恋の行方、そして曜子の死に隠された真実とは!?

higanbana54出典:番組公式HP

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『ヒガンバナ』の第4話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ