スポンサード・リンク

『ヒガンバナ』第6話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


堀北真希さん主演の『ヒガンバナ』の第5話の放送が終わりましたね!

今回は、永見(知英)の妹がバレエのプリマに決まるのですが・・それを気持ちよく思わない友人たちから、アレルギー反応する小麦粉を吸引してしまい、意識不明の重体になってしまいます。

捜査を進めていく上で、友人が捜査の延長線上に上がってきてしまいます。。

永見は妹と友人の関係を知っているので、捜査の目を向ける渚に対して、冷たいことを言ってしまいます。。

そして、調べていくうちに。。友人も関わっている事が分ります・・。

友人がバレエで伸びていくのを羨んでしまう気持ちもわかりますが・・・、成功を一緒に喜んでほしいですね。。

そしてラストシーンでは菊地と渚が過去の話をしたせいか、渚の朦朧となり、過去の経験がよみがえります。。

渚の父親は警官だったようですが、年齢的に菊地と渚がどう関係していたのでしょう??

さて、今回は、ドラマ『ヒガンバナ』の第6話のあらすじネタバレや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

 『ヒガンバナ』第6話の個人的な感想

渚の父親を殺害した犯人の息子が菊地謙人(DAIGO)だったんですね。。以前より渚の身辺をストーカーのように洗っていたので、怪しいなと思っていました。

そして、父親を殺害した犯人が心中を図るものの女性は意識不明の重症と事件性のありそうなスタートをします。

さらに、その現場に行く菊地謙人は、警察の隠し撮りにしっかりと移ってしまいましたね。

捜査会議中なのに、渚は謙人のガレージを訪れます。訪れる前に謙人は証拠を消すかのように、渚の写真などをシュレッダーにかけます。。なぜ?

渚は、過去の父親の自宅に行った理由を聞きますが、どうしても教えません。。そこへ、捜査1課が到着し、任意同行で引っ張ります。

渚は幼い時に殺害現場の近くで謙人に会っていたのですが、ウソをつかれていたのです。。

謙人は任意同行から解放された後・・夜、車を運転してますがハンドルを握る手はなぜか血が・・。

そして腹は刺されたのか、セーターにびっしりと血が付いてます。。朦朧として運r転していると反対車線から右折する車が・・・。

気が付くのが遅れ右に急ハンドルを切ると・・目の前には中央分離帯が・・、ぶつかる謙人。。

まだまだ色々と疑問の残るドラマですね。

『ヒガンバナ』第6話の視聴率について

初回放送の視聴率は11.2%、

第2話の視聴率も10.6%、

第3話の視聴率も11,2%、

第4話の視聴率も10.4%、

第5話の視聴率も10.0%、

同時間帯では、『フラジャイル』とぶつかっており視聴率争いが勃発してますね。

フラジャイルが10%を切るなか、こちらも第6話の視聴率も8.7%と10%をわってきました。

渚の幼少期と、謙人の関係が徐々に明らかになってきましたね、ラストシーンでは、腹部を撃たれた謙人の車が横転してしまいました。

次週どのような展開になるか注目ですね。

『ヒガンバナ』第6話のあらすじ

スポンサード・リンク

第6話のあらすじです。

higan1 出典:日本テレビ

火事の現場で、遺留品のある少年の写真を見たことで激しいフラッシュバックに襲われた渚(堀北真希)。20年前、父親が殺害された強烈な記憶が蘇り、「ママのところに行かせて―――!」当時と同じ言葉を発したのだ。
居 合わせたすみれ(大地真央)は渚を心配し、捜査から外れるよう命じる。一方、火災現場からはその家の住人・荒木夏子(酒井美紀)が意識不明の重体で発見さ れ、損傷の激しい男性の焼死体も見つかる。まもなく遺体の身元は、なんと20年前に渚の父親を殺害した犯人・狩野勇次(浅野和之)だと判明!

higan2出典:日本テレビ

雪 乃(檀れい)ら七課のメンバーが心配するのを余所に、すみれの命令を無視し捜査を続行する渚。徐々に明かされていく夏子と狩野との接点。さらに、火災現場 からは血液の付着した包丁が見つかり、その血液が夏子のものでも狩野のものでもないことから、事件に第三者が関わっていることも明らかになる。

higan3出典:日本テレビ

そ して、事件当日、ある人物が夏子の家を訪ねている姿が防犯カメラの映像で確認されるが、その人物はなんと、謙人(DAIGO)であることが判明し、一課は 重要参考人として謙人に事情聴取をすることに。事件の鍵は20年前の事件に隠されているのではないかと推理する七課の助言のもと、ついに真実を知る決意を した渚は、ある場所を訪れそこで衝撃の真実を目の当たりにする…!

higan4出典:日本テレビ

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『ヒガンバナ』の第6話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ