スポンサード・リンク

『ヒガンバナ』第9話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


毎週水曜日、日本テレビで22時より

『ヒガンバナ』

堀北真希さん主演で登場してますね。

今日、第8話の放送が終わりましたね!

今回は女性の敵というか、女性に対する〇行の話でした。

渚のシンクロ・・男性が「俺が悪かった」と謝るのですが・・・犯人?が追い詰められた時の一言かと思ってしまいましたね。

厳しい事件で傷口を抑えて我慢するとの傷口を見せる二通りの生き方が出てましたが、傷口を見せるのが正ではなく、分ってくれる人と乗り越えるのも有りかと思いました。

さて、今回は、ドラマ『ヒガンバナ』の第9話のあらすじネタバレや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『ヒガンバナ』第9話のあらすじ

スポンサード・リンク

第9話のあらすじです。

higanbana1出典:日本テレビ

資 産家の長井(久保晶)の家に強盗が入り、長井は死亡。彼の身の周りの世話を長年担当してきた家政婦の晴子(斉藤由貴)も負傷した。部屋から金庫が盗まれて いたことから、長井の資産を狙う何者かによる犯行の線で捜査を進めることに。聞き込みを開始すると、長井の娘を名乗る女・優香(新妻聖子)が弁護士ととも に長井邸を頻繁に訪ねていたことが判明。
一方、謙人(DAIGO)は渚の父親・来宮悟が亡くなった20年前の事件について再び調査を進めており、新たに神藤(佐野史郎)やすみれ(大地真央)、警視副総監の久米(寺泉憲)らが悟の当時の事件に関わっているのではないかと疑い始めていた…。

higanbana2出典:日本テレビ

さ らに、晴子が所属する人材派遣会社の社長で警視庁OBの海原(ダンカン)に話を聞きに行った渚は、彼の中に渦巻いている“悪意”を敏感に感じ取っていた。 同じ頃、突然自殺した先輩刑事の死因について、北条(平山浩行)に調査依頼していた雪乃(檀れい)は、そこにも“ある人物”が関わっていることを知り…。
資産家の死と、20年前の事件、そして先輩刑事の自殺。まったく関係がないように見えた“点”が徐々に“線”となり…物語は衝撃のクライマックスに向けて進み始める!

higanbana3出典:日本テレビ

 

 『ヒガンバナ』第9話の個人的な感想

(番組放送後に個人的な感想を追記をいたしますので、ご了承下さい)

『ヒガンバナ』第9話の視聴率について

(番組放送翌日に更新しますので、ご了承下さい)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『ヒガンバナ』の第9話のあらすじについて紹介しました。

今後の展開に注目していきましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ