スポンサード・リンク

ドラマ『家売るオンナ』1話の視聴率12.4%!感想やネタバレあらすじ


2016年7月13日水曜日の22時から日本テレビで放送が開始される夏ドラマ

『家売るオンナ』

主演には、今年の1月に結婚した・・・男性からも女性からも大人気の

北川景子さん。

結婚後、最初のドラマですね!

北川さんも気合が入ったドラマになるんじゃないでしょうか。。

今回の北川景子さんは、不動産系のやり手サラリーマンという事ですが、公式HPを見ると固いOLと言うより、お洒落な個性あるファッションなので、衣装やアクセサリーなども夏前に注目ではないでしょうか!

今回は、ドラマ『家売るオンナ』第1話のドラマのネタバレや個人的な感想や視聴率のコメントなどについて紹介していきます!

『家売るオンナ』第1話の個人的な感想

北川景子さんのカチカチとした演技が賛否両論ありそうですが、個人的にはああゆう作りこんだキャラ、面白かったと思います!

仲村トオルさんの人間らしいキャラとの対比もいいです。

課長なのに、万智にやられっぱなしで

「俺も会社休みた~い!」

と嘆いているのが可愛かったですね!

篠原涼子さんの“ハケンの品格”に似ているな~と思いましたが、そのときの小泉孝太郎さんに当たる若いイケメンが工藤阿須加さんかな?

もうすでに万智に興味を抱いている様子でしたし、今後も彼の視点で物語が進んでいきそう。

今回万智がりょうさんに売った物件。

息子がすでに小学生低学年くらい?の設定なのに

「個室が必要になったら買い換えればいいしな!」

という父親の言葉に、もうちょっと先を見越して!すぐに子ども大きくなるよ!!とつっこみたくなりましたが・・(笑)

でも、その瞬間は感動的な雰囲気でホロリとさせられちゃいましたね。

話にリアリティーはあまりないですが、コミカルでテンポがいいのでとっても見やすいドラマでしたね!

『家売るオンナ』第1話の視聴率について

第1話の視聴率はなんと、12.4%と民放ドラマトップレベルをたたき出しましたね!

どことなく展開が以前のドラマに似ている場面は有りますが、万智のキャラが良いですね!

この先の展開に期待ですね!

『家売るオンナ』第1話のあらすじ

スポンサード・リンク

第1話のあらすじです。


fudousan1_2
出典:番組公式HP

中堅不動産会社・テーコー不動産。
住宅売買を専門にする営業課課長の屋代大(仲村トオル)は、
若手エースの足立聡(千葉雄大)以外は戦力にならない課員の売り上げに頭を抱えていた。
そんな中、前の店舗の売り上げを2倍にしたスゴイ美人のやり手営業ウーマン・三軒家万智(北川景子)が異動してくる。

着任早々、成績最下位の2人、若手の庭野聖司(工藤阿須加)と白洲美加(イモトアヤコ)に目をつけた万智。
パワハラまがいの方法で美加をサンドイッチマンにし、街頭に送り出すと、
今度は庭野の内見に強引について行き客を横取り!
なかなか決めなかった客に鮮やかなテクニックであっと言う間に家を売ってしまう。

さらに、庭野の次の客、医者夫婦の妻・土方弥生にも目をつけた万智。
予算はあるが注文が多く、希望の家を見つけられない土方一家に、

万智が提案した最高の家とはなんと…!!

fudousan1_3
出典:番組公式HP

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『家売るオンナ』の第1話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

 

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  家売るオンナで北川景子主演。あらすじキャスト相関図、主題歌は誰?


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ