スポンサード・リンク

ドラマ『家売るオンナ』最終回のネタバレあらすじ!感想や視聴率


北川景子さんの結婚後初主演となるドラマ

『家売るオンナ』

がいよいよ始まりましたね!

いよいよセミファイナルとなった9話ですが、いつもと同じ雰囲気で特別な事件もなくスカっと解決でしたね!

嫁姑問題のある両親と長男家族に二世帯住宅を売り、両親と同居していた長女が外国人彼氏と同棲するアパートを紹介するという3つの客を華麗に幸せにしてしまう万智(北川景子)のテクニック!さすがです!

実際、「1億円もらっても同居は嫌!」とか言っていた関係が、いくら完全二世帯で顔を見たくないときは見なくて済むと言っても、壁一枚で仕切られた空間で住むことを了承するかな?とちょっと疑問には思いましたけどね・・・。

しかも、中のドアで繋がってるってちょっとやだな~。完全二世帯とは言えないのでは・・・?

次週はついに最終回!

いつも屋代(仲村トオル)の心のオアシスとなっているバーちちんぷいぷいのママこころ(臼田あさ美)が、店の入ったビルからの立ち退きを迫られてしまうというピンチで泣きついてきます。

しかし、それはテーコー不動産上層部が密かに勧めていた計画で・・・。

組織の一員として自分の立場を守りたい屋代VS客の幸せを考える万智!!

一体、どうなってしまうのでしょうか!?

そして、万智が新宿営業所から異動になるという話も浮上!

どうなる庭野(工藤阿須加)の恋!?

今回は、「家売るオンナ」の第10話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます! 

スポンサード・リンク

『家売るオンナ』最終回の個人的な感想

最終回では、こころ(臼田あさ美)の店を救うため、会社の言いなりになって手をひこうとする屋代(仲村トオル)と客の人生を第一に考える万智(北川景子)が対立!

しかし、「会社の犬!」とまで言われてしまった屋代も、心を決めます。

同時進行で進んでいた万智の客・望月葵(凰稀かなめ)。

自身もバレリーナの夢を諦めバレエ教室の講師として生きてきましたが、娘のカンナ(堀田真由)もバレリーナの夢が叶う寸前で事故で足を負傷し踊れなくなってしまいます。

しかし、万智はもう一度カンナに挑戦することを勧め、こころの店の入っているビルの2階部分に住み、1回でバレエ教室を再開することを提案。

いつもいくつかの案件が見事に結びつき、み~んなが助かる方法で一件落着してしまう万智の営業テクニック!本当にすごいですよね!

こうして、こころの店は救われバレエ教室の子供たちを対象とした昼間の営業も始め、一層店は繁盛します。

そして、会社の命令に背いてビルを売ったことで屋代と万智は責任をとって会社を辞め、その後一緒に“サンチー不動産”を起業し仲良く働いていました。

この二人の恋愛についてははっきり結末は出ませんでしたが、やっぱり庭野の万智への思いは片思いで終わり、屋代とは人生のパートナーとして一緒に生きていくという結論でいいのではないでしょうか!

万智にとって家を売ることが人生の全て!といっても過言ではないので、一緒に家を売りながら生きていくパートナーはイコール”人生のパートナー“ですよね!

そして、白洲美加(イモトアヤコ)は万智の言葉により、会社人として生きていくことを諦め家庭に入ることを決意。

結婚したのは、ずっと白洲美加を密かに見守ってきた宅間(本多力)です。

足立(千葉雄大)への片思いは結局実らなかったのですが、今は宅間の子供も妊娠し幸せにやっていました!

そして、足立はチーフに布施(梶原善)は課長に昇格し、新宿営業所メンバーは変わらず仲良く仕事に励むのでした。

みんながみんな収まるべきところに収まって、とても気持ちのいい最終回だったと思います!

『家売るオンナ』最終回の視聴率について

発表後に発表します。

『家売るオンナ』最終回のあらすじ

第10話のあらすじです。

ieuru10_1

バー・ちちんぷいぷいの入っているビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られたと、こころ(臼田あさ美)が屋代(仲村トオル)を頼って新宿営業所に押しかける。なんとか店を救おうと、屋代はビルの空きテナントを埋めて、建物の価値を高めた上でビル一棟売却をしようとビルオーナーに提案。営業課一丸となって空きだらけのテナントを埋めるために奔走する。

そんな中、庭野(工藤阿須加)は万智(北川景子)が異動するという噂を聞き、なんとか引き止めたいと思うが言い出せず悩む。万智は、元プロバレリーナの望月葵(凰稀かなめ)を担当。足の不自由な娘のカンナ(堀田真由)のためにバリアフリーの家を探して欲しいと頼まれるが…。

ビルの一棟売却が軌道に乗り始めた矢先、会社の上層部から屋代にビルの案件から手を引くようにとお達しが出る。なんとビルの建て替えは本社が極秘で再開発を進めていた案件だったのだ。組織の一員として、ビルの売却を諦めようとする屋代に、万智は「そのビルはわたしが売ります」と宣言!天才的不動産屋・三軒家万智が進退をかけて思い描くビル一棟売却感動のシナリオとは一体!?

ieuru10_2

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『家売るオンナ』の最終回のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  家売るオンナで北川景子主演。あらすじキャスト相関図、主題歌は誰?


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ