スポンサード・リンク

ドラマ『家売るオンナ』3話の視聴率12.8%!感想やネタバレあらすじ


北川景子さんの結婚後初主演となるドラマ

『家売るオンナ』

がいよいよ始まりましたね!

第2話も北川景子さん演じる三軒屋万智は、家を売る事を前面に出して・・職場で少々、浮き気味ですね。

職場はゆとり系過ぎるのか、万智の仕事を見ると、本当にお客目線の提案をしているなと感心させられますね。

でも・・職場の同僚に対するケアが・・・冷たい・。

本人は家を売る為に来ているので教育はしないと、強く言ってましたが、イモトへの対応を見ると、

ちゃんと先輩指導してますね。。

ちょっと家政婦はミタのようなロボット感は有るものの、面白いキャラですね。

今回は、「家売るオンナ」の第三話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『家売るオンナ』第3話の個人的な感想

今回の万智(北川景子)のお客は、物を捨てられない女・夏木桜(はいだしょうこ)と、極度のミニマリスト男・保坂博人(中野裕太)。

感性の違いから別れてしまった二人が、同時期に自宅を売りたいと万智の客になったことで、万智は二人を引き寄せます。

そして、万智の提案により、お互いのライフスタイルを変えずに二人が共に生活できるようにと、3階建ての住宅を紹介!

狭小住宅で売るのは困難と思われた物件ですが、ミニマリストの保坂にとっても、もともと狭い部屋に物が溢れて暮らしていた桜にとっても、不便のない物件。

客の願いを叶えながら自分の成績に繋げちゃうところが、毎回さすがです!!

しかし、最後の庭野(工藤阿須加)との会話

「新しい物件を買わせなくても、保坂様の今の自宅に夏木様が移り住めば良かったのでは?」

「家を売るのが、不動産屋の仕事です!!」(これはごもっとも)

「そんな強引な方法で(占い師を偽装して)二人を無理やりくっつけて、また感性の違いで別れてしまうんじゃ?」

「そんなこと、私の知ったこっちゃあない!!」

というドライな発言に、ちょっと違和感を感じました。

1話、2話と“お客さんを幸せにする”というポリシーを持って家を売っているのかと思ってたものですから。

家さえ売ってしまえば、その後二人が別れても知ったこっちゃないというのは、けっこう薄情ですよね?

万智が人間らしい部分を持っているのか、それともただただ家を売りまくることにこだわる金の亡者なのか・・・まだまだ謎です。

4話では万智がホームレスだったという発言もあり、お金にこだわっていることとの関連があるのかどうか明らかになってきそうですね!

『家売るオンナ』第3話の視聴率について

第1話の視聴率が12.4%
第2話の視聴率が10.1%

そして第3話の視聴率が12.8%

独特な世界観を持つ、三軒家万智。

毎回、客の願いを叶えながら自分の成績に繋げちゃうところがさすがですね!!

イモトに対するどSっぷりも面白く、今回のクールで普通に楽しく見れるドラマだと思います。

そういう気持ちが多くの人に有るからこそ、民放での視聴率トップなんですね!

来週が待ち遠しいです!

『家売るオンナ』第3話のあらすじ

スポンサード・リンク

第3話のあらすじです。

ieuru3_1

万智(北川景子)の活躍により、課全体の売り上げが上がったテーコー不動産新宿営業所。課長の屋代(仲村トオル)は現地販売を企画し、課を活気づけようと張り切る。一方万智は、歯科衛生士の女性・夏木桜(はいだしょうこ)から住んでいるマンションを売りたいと相談を受ける。

しかし、査定のために訪れた桜の部屋は物が溢れかえりゴミ屋敷のような状態。万智はそんな桜の部屋で1枚の写真を見つける。時を同じくして一軒家を売って住み替えたいという保坂博人(中野裕太)からも相談を受けた万智。同行した庭野(工藤阿須加)は保坂の家を訪れ驚愕する。保坂は家具はおろか生活用品も最小限しか持たない、極度の「ミニマリスト」だった。

万智はある考えのもと、保坂に桜の部屋を薦める。内見で売り手と買い手として顔を合わせた桜と保坂は呆然。なんと2人は元恋人だったのだ。久々の再会で再び恋の炎が燃え上がり、保坂は桜のマンションを買うと言う。しかし、生活スタイルがあまりに違う2人は再び破局。保坂は桜のマンションを買うのをやめるが、万智は「2人は再びくっついてわたしから家を買う」と庭野に予言する。果たして万智の作戦とは…!?

ieuru3_2
出典:番組公式HP

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『家売るオンナ』の第3話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  家売るオンナで北川景子主演。あらすじキャスト相関図、主題歌は誰?


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ