スポンサード・リンク

ドラマ『家売るオンナ』8話のネタバレあらすじ!感想や視聴率


北川景子さんの結婚後初主演となるドラマ

『家売るオンナ』

がいよいよ始まりましたね!

第6話の放送が終わりましたね。

7話では、白洲美加の両親があっさり離婚したうえに、実家が売られてしまうという危機に!両親の離婚ももちろんですが、生まれ育ったふるさとがなくなってしまうって、すごく悲しいですよね。

実家の取り壊しを阻止しようと実家に立てこもる白洲美加に、万智が自分も昔家を失いホームレスになったことを告白するシーン。

「心を解き放て。過去を捨てることで幸せになれる」という概念は、ちょっと宗教っぽくて難しかったですが

「白洲美加は、私のようになってはいけない」

と説得する姿は、とっても白洲美加に親身になっている感じがして万智の人間らしさを垣間見た感じがしました。

そして、いつも情けない上司っぷりが光っている屋代(仲村トオル)。今回は、庭野が万智に対して「冷たすぎる」という印象を持っているのに対し、本当は万智が白洲美加の家族のことを考え、過去を早く手放して前に進んだほうが幸せになれると思うからこそ実家を売ろうとしているのだということを理解していましたね!

やっぱり年の功で、表面上のことしか見えない庭野とは違います!

この微妙な三角関係は、今のところ屋代にちょっとだけ傾いているかな?

今回は、「家売るオンナ」の第8話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます! 

 

『家売るオンナ』第8話のあらすじ

第8話のあらすじです。

ieru8_1

新宿営業所に屋代(仲村トオル)を突如訪ねてきたのはなんと屋代の元妻・理恵(櫻井淳子)。2度目の離婚で慰謝料代わりにもらった家を売却して欲しいと頼む。一方、足立(千葉雄大)は大人気のお天気お姉さん・前原あかね(篠田麻里子)の担当につきテンションが上がる。

しかし、あかねの本性はテレビとは別人。禁煙の店内でタバコをふかし、マネージャーの津田(和田正人)を顎で使う。しかも、あかねと津田は結婚しており既婚者だと発覚!空回りする足立は担当を万智(北川景子)に変えられてしまう。

その頃、屋代は理恵から復縁を迫られしどろもどろに。万智に恋心を抱きモヤモヤする庭野(工藤阿須加)は、万智に自分と屋代のことをどう思っているのかと迫るが、予想外の言葉をかけられ微妙な三角関係は思わぬ方向に!万智はあかねに家を売るため、庭野と足立を手下に使い奇想天外な作戦に出るが、そこには思いもしない落とし穴が…!あかねの私生活が週刊誌に暴かれ、人気がガタ落ちしてしまう。果たして、万智がこの危機を切り抜ける方法とは!?

ieuru8_2

『家売るオンナ』第8話の個人的な感想

スポンサード・リンク

放送後に発表します。

『家売るオンナ』第8話の視聴率について

発表後に発表します。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『家売るオンナ』の第8話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  家売るオンナで北川景子主演。あらすじキャスト相関図、主題歌は誰?


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ