スポンサード・リンク

ドラマ華麗なる事件簿1話ネタバレあらすじ!キャストの感想や視聴率


2016年10月16日日曜夜9時(初回20分拡大)からスタートする

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」。

主演は、織田裕二さんです!

織田裕二さんが演じるのは、やんごとなき人物の末裔であり、IQ246(超遺伝頭脳)の叡智をそなえた貴族・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)という人物!

なんか小難しい~っ!ざっくり言うと、超頭が良くて超お金持ちの織田裕二さんが刑事でもないのに、事件に首をつっこんで難事件を鮮やかに解決していく!といったストーリーです!

織田裕二さんに支える執事にディーン・フジオカさん、事件解決に関わる監察医に中谷美紀さん、沙羅駆の護衛という任務をまかされている若手刑事の土屋太鳳さんという超豪華キャストにも注目です!

今回は、「IQ246〜華麗なる事件簿〜」第1話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『IQ246 華麗なる事件簿』第1話のあらすじ

第1話のあらすじです。

IQ1_1

北鎌倉に法門寺家という名家がある。やんごとなき人物の末裔で、時の権力者からその存在を隠されてきた。現在もその存在を知るものはごく一部しかいない。そんな法門寺家はありとあらゆる学問を研究してきた、中でも犯罪研究に力を入れてきた学究派の家系だ。さらに長男にはIQ246の頭脳が代々遺伝する。そんな法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田裕二)も例に漏れずIQ246の天才だ。凡人が治める今の世は刺激が少なすぎ、常に暇を持て余していた。
「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」
そんなある日、警視庁の刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は突然捜査一課に配属された。しかし彼女に与えられた任務は凶悪事件の捜査ではなく法門寺家当主の護衛。東京の治安を守る警視庁の刑事がなぜ北鎌倉なのか…。配属された者は皆、一ヶ月以内に辞職するらしい…。様々な謎を抱えたまま、奏子は法門寺家を訪れる。お手伝いさんに案内された奏子は出迎えた男性に着任のあいさつをする。しかしその男は沙羅駆ではなく、代々法門寺家に使える執事の89代目・賢正(ディーン・フジオカ)だった。ド庶民の奏子は執事がいること自体に驚く。

IQ1_2

暇に耐えかねてタクシーでこっそり家を抜け出した沙羅駆は事件現場に偶然出くわす。女性の他殺体を一目見た沙羅駆は被害者の人となりや犯行の手口などを鮮やかに言い当てるが、無銭乗車の罪で連行されてしまう。しかし、法門寺家自体が国家的な機密事項のため、警視総監命令ですぐに自由の身となる。一方、沙羅駆逮捕の報を聞いた賢正は奏子と共に警視庁を訪れる。何食わぬ顔で現れた沙羅駆は初対面の奏子の生活レベルや心情などをズバリ言い当てた。
その頃、変わり者の法医学専門医 監察医・森本朋美(中谷美紀)は運び込まれた遺体を検分し加害者をある程度絞り込むが、沙羅駆が全く同じ見立てをしたと刑事から聞き、まだ見ぬ沙羅駆に心躍らせる。
邸宅に戻った沙羅駆のもとに大金持ち・桜庭家の奥様がやってきた。住み込みで働いていた寿司職人・宮島がいなくなったので探して欲しいというのだ。沙羅駆はイヤイヤながら聞き込みを始めるのだが、厨房で宮島が愛用していた包丁と砥石を見つけた沙羅駆は急に目を輝かせる。そして先ほどまでとは違い嬉々として聞き込みを続ける。
そのまま桜庭家のディナーに同席することになった沙羅駆は主賓のCMプランナー早乙女と知り合う。和気藹々と宴が続く中、早乙女の携帯電話が鳴った。会社に強盗が入り部下が殺されたというのだ。失意の早乙女は会社に戻ると出て行くが、沙羅駆はなぜかその後を追いかけ…。

 

スポンサード・リンク

『IQ246 華麗なる事件簿』第1話の個人的な感想

放送後に発表します

『IQ246 華麗なる事件簿』第1話の視聴率について

発表後に更新します。

『IQ246 華麗なる事件簿』の予告動画

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』第1話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマIQ246華麗なる事件簿あらすじネタバレやキャスト相関図


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ