スポンサード・リンク

『いつかこの恋』ドラマ第6話のネタバレあらすじと感想や視聴率も


2月15日21時からの月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第5話の放送が終わりました。

今回は第一章の完結という事で15分拡大と制作側も力が入ってました。

第3話、第4話と練を中心に音、木穂子、小夏と激しく感情の起伏が有りました。

そして、晴太は小夏に、朝陽は音に気持ちを伝えます。

六人の片思いがどうなるのだろうと思っていた矢先に、静恵婆ちゃんの家で小夏がカミングアウトをして

すべてをぶっ壊してしまいます。

晴太が木穂子の不倫を何気ない顔して攻めていたところを考えると

晴太が小夏を使って関係を破壊させたんでしょうね。でもなぜ?

今回は、『いつかこの恋を思い出してきっとないてしまう』の第6話のあらすじを紹介したいと思います。

『いつ恋』第6話のあらすじ

itu22出典:番組公式HP

27歳になった音(有村架純)は、介護福祉士の資格を取り、いまも『春寿の杜』で働いている。元同僚の朋子(桜井ユキ)、今月で契約が切れる美織(林田岬優)と食事に出かけた帰り、静恵(八千草薫)の家に立ち寄った音は、そこで木穂子(高畑充希)と再会する。木穂子は、3年前に会社を辞めていまはデザイン系の事務所で働いているのだという。木穂子は、音が練(高良健吾)ではなく、朝陽(西島隆弘)と付き合っていること知って驚く。実は音も木穂子も、小夏(森川葵)や晴太(坂口健太郎)らとともにこの家で練と会ったのが最後だった。木穂子は、練の携帯電話に電話をしてみた。しかし、その番号はもう別の持ち主に変わっていた。

itu21
 出典:番組公式HP

朝陽と食事に出かけた音は、派遣先でトラブルに巻き込まれた玲美(永野芽郁)の相談に乗ってやってほしい、と彼に頼む。朝陽は、困惑しながらもそれに応じ、その代りと言って音をパーティーに誘う。

 

itu20
出典:番組公式HP

そんな折、仕事帰りの音は、柿谷運送のトラックを見かける。作業中の加持(森岡龍)に声をかけ、練のことを尋ねる音。加持は、音を社長の嘉美(松田美由紀)のもとへ連れていった。嘉美は、練が5年前に辞めたことを告げると、佐引(高橋一生)なら何か知っているかもしれない、と言って彼を紹介する。そこで佐引は、練が東京にいることを音に告げ、1枚の名刺を差し出す…。

『いつ恋』第6話を見た感想

スポンサード・リンク

第2章が始まりました。

小夏がみんなの前でカミングアウトした時から、早くも5年間が立ちました。

音は相変わらず福祉の仕事をしていますがすっかり成長して立場が上になってきました。

同じ職場で働いていた朝陽は、本社サイドの仕事に変わり、あのパワハラ上司で嫌な奴を使う立場に変わってました。

そして・・この二人は付き合っていたんです。音の練への気持ちはもう整理されちゃったんですかね・・・。

そんな音は、静恵おばあちゃんの家で偶然にも木穂子と再会するのです。

練に恋していて身を引いた二人なだけに、練と付き合っていると勘違いしていたんですね。

そして、二人とも練とは、小夏がカミングアウトした夜から練には有っていなかったのです。

練が田舎に戻った日は3月10日の昼間・・、じっちゃんに会いに行くと実家に夜、小夏が訪ねてきますが、

カミングアウトの一件で起こっている練は話さずに追い返します。

そして翌日の14時に日本中を震撼させた東日本大震災・・・が起きてしまうのです。

練の田舎は福島の猪苗代なので津波の影響は無かったと思うのですが、日本全体が混乱しどうすればいいのか分らなかったので、現地は更に凄かったのでしょう。

音と木穂子はメールで連絡が取れたっきりだったようです。

練の福江を知っていたのが、運送会社で先輩だった佐引なんです。

彼も福島出身で震災の後も練と連絡を取っており、東京の居場所を知っているんです。

練と朝陽がレストランで食事をしていると、音に電話が入り席をはずします。。

店員が朝陽のところに来ます。。

デザートを出した時に音楽をと。そしてポケットから婚約指輪の入った小さな箱が!

流石に朝陽のプロポーズが上手くいくかチキっいて、可愛いですね!

音が戻ってくると、元同僚の子が仕事で相談が有るからと・・・

残念ながらタイミングを逃してしまいますが、ラストシーンで音の部屋で、がつっと後ろから抱き着いて婚約指輪を見せてプロポーズします!!

おめでと~!

と、言いたいところなんですが、音が練の居場所を突き止め会っていたんです。

前とは違い、余りの変わりように心配な音。

そして晴太は相変わらず・・・さらりとしたたんぱくな感じなんですが・・小夏が震災のせいか?

精神的に来ている感じで練を頼っている感じでした。

5年間の間に何が有ったのか、次週の予告で少し出ていました。。

音と朝陽もいいんですが・・

やっぱり音と練の素朴な、ほんわかした恋が見たいというのが本音ですね。。

次週の展開に注目ですね!

『いつ恋』第6話の視聴率について

初回放送の視聴率は11.6% 、
第2話の視聴率は9.6%、
第3話の視聴率は10.0%、
第4話の視聴率は8.9%、
第5話の視聴率は8.8%でした。

第6話は視聴率が10.6% と第二章の開始を期待する視聴者が多かったので視聴率も上がりましたね!
次回は、変わり果てた練の5年間に何が有ったのかが分ります。。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第6話のあらすじについて紹介しました。

号泣必死なこのドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ