スポンサード・リンク

『いつかこの恋』ドラマ第9話のネタバレあらすじと感想や視聴率も


毎週月曜日の21時よりフジテレビで放送している

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

第8話の放送が終わりましたね。

5年前、一瞬だけ気持ちが一緒になった練と音。そして距離は縮まるのかと期待しましたが、音は朝陽にプロポーズされたことを練に伝えてしまいます・・・。練は、音がプロポーズされたことを、表面上は祝福しますが、自分の気持ちを止められない。

音は、朝陽の父親に自分を紹介してもらいますが、音の経歴について嘘をつかれていたこと。朝陽が介護師の仕事をしていた時、認知症から復帰したときの出来事などを忘れてしまっていたこと。そんなことが続き、音は朝陽の前から姿を消します。

そして、練が音の元へ。
アパートで、二人はたわいのない会話で距離を縮め、音は、練の似顔絵を描きます。練は、音に「好きです」と気持ちを伝え、音が答えようとした、その時。

アパートの扉が開き、そこには朝陽の姿が…。

『いつ恋』第9話の個人的な感想

第9話の放送が終わりました。

朝陽は、父親と音の間で何が起きたかも知らず、ただ、音を探し回り、アパートについたとき、音の部屋に電気がついていたのを見て、無事とわかりホッとしたでしょうね。

しかし、部屋の扉を開けると音の部屋には、練が…。朝陽は、ショックだったでしょうが、苦し紛れに、大人の対応をし、練を帰します。

普通だったら、もっと激しい修羅場になってもいいような気もしますが、朝陽が、自分をなかなかさらけ出せずにいる部分もあり…。

朝陽を、見ているともっと自分をさらけ出してもいいのに~。とも感じます。

個人的には、音と練が一緒になってほしいとおもっていたのですが…。

しかし、朝陽は、ずっと音のことが、好きで、でも音の気持ちを知っているからこそ、今は誰を好きでもいい。一緒に人生のパートナーになりたいと精一杯つなぎとめたいと感じている。

朝陽のお金で解決しようとする姿や、嘘をついていたり、大事な思い出を忘れられてしまっているところを見ると、

なかなか共感はできませんが、それでも、本当にずっと好きだったんだな。と思うと切なくなります。

そして、終盤。明日香が登場し、泥棒を捕まえようと、サラリーマン、明日香、音で追っていくシーン。

不幸にも、泥棒ともみあいになって、音は、歩道橋の階段から落ちてしまいます。そして、音は救急車で病院へ。

そのころ、練はそんなことも知らず、音の留守電に、自分の気持ちを語っています。

何とも切ない。まさに、いつかこの恋を思いだしてきっと泣いてしまう。ですね…。

音は、無事なのか…音が書いていた手紙は…。

気になるところで、終わった~という感じですが、残すところ、最終回。

音と練と朝陽。どうなるのでしょうか。

次週、気になりますね。。

『いつ恋』第9話の視聴率について

初回放送の視聴率は11.6% 、
第2話の視聴率は9.6%、
第3話の視聴率は10.0%、
第4話の視聴率は8.9%、
第5話の視聴率は8.8%、
第6話の視聴率も10.6%、
第7話の視聴率は8.9%、
第8話は視聴率が8.8%、
第9話は視聴率が9.4%、
となりました。

いったん、落ち着いた感じとなっていますね。

次回は最終回です。どうなるのでしょうか。

まずは音が回復することを祈り、三人の三角関係が、どう終わるかを見守りたいと思います。

『いつ恋』第9話のあらすじ

スポンサード・リンク

第9話のあらすじです。

itu91出典:番組公式HP

プロポーズの返事をまだもらっていない朝陽ですが、周りから攻めだし、音と父親を合わせるセッティングをします。
しかし、朝陽の嘘と、父親への感情から朝陽と一緒に居る事を拒みだした音。
前回のラストでは、音の自宅に練がいるのを目撃してしまう朝陽。
本当ならブチ切れるところですが、前にも朝陽が気持ちを押し殺して音が練に合うのを許したシーンが有りましたね。。
そんな音に朝陽は
「君が誰を好きでも構わない。 恋から始まらなくてもいい。 誰にも渡さない。。」
と伝えますが。
そして、気持ち的に一段落つきじっちゃんの誤解を晴らすために、
会津に行く決心を付けます。
練は自分の生まれ故郷を音に見せたい一心で。
「会津に行ってこようと思っていて、もしよかったら、一緒に行きませんか?」
音を誘います。
そして場面は晴太と小夏に変わります。
前回、小夏は練の重荷になりたくないので、世話を夜間で言いと練に
言い切ったんです。そして、辛い時も小夏の横には晴太がいるんです。
今回もボウリングにいく小夏のパートナーとしてベスト70代の晴太が付き合います。
小夏は、「あなたはいつも何を考えている?、私は面倒くさい女なんだ」
晴太にいいます。。
でも、晴太はどんな小夏でも受け止めるでしょう。。どんな答えが??
そして静恵婆ちゃんの家に木穂子もやってきます。
5年ぶりに合う練と木穂子。
二人の中には過去の恋愛の続きはないものの、木穂子は音と練の関係が気になります。
「まだ、好きなん?」
そして、食事会をして音に合った朝陽の父親は音について
「あれは大した玉だ。。
 多分自分を一度捨てた事が有る人間なんだろうな」
と厳しコメントを・・それって結婚に対して賛成?なのか反対?なのか分らないですね。
音と練が近づいたのを契機に関連する人たちのドラマが動き出します。
そして、最後に
「間違ってもいい、失敗してもいい、嘘のない生き方をしましょう!」

itu92出典:番組公式HP

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第9話のあらすじについて紹介しました。

号泣必死なこのドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!

 

 


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ