スポンサード・リンク

『傘をもたない蟻たちは』最終回のあらすじネタバレや感想・視聴率


※2/2 視聴率情報を更新。

『傘をもたない蟻たちは(傘蟻)』の第3話の放送が終わりましたね。

恋愛小説がなかなか書けず、編集者にギブアップをしてしまった純。

後悔と出来なかった自分の作家としての不甲斐なさに落ち込みます、幼馴染の啓介は優しく励ましてくれますが、純は苛立って冷たくあしらい家を出ていってもらいます。。

毎日、酒を飲んだくれる日々、啓介に謝らないとと連絡先を調べるために、本棚の上の卒業文集を取ろうとします。

その時、一冊の本が落ちてきます。。

中学生の時、近藤先輩が短編小説を書き、新人賞を受賞した時の文芸誌でした。。

そして画面は中学時代、漁師町で生活していた純と啓介に変わります。

当時啓介はスポーツ万能、純は勉強もスポーツも今一つで交友関係も浅く狭いおとなしい男性でした。

この二人は、友人たちと遊ぶより、両氏の根津爺の家に入りびたり、色々な話を聞いたり相談をしてました。

ある時、近藤先輩が新人賞を受賞した文芸誌を啓介が持ってきます。タイトルは「妄想ライン」・・・、夜の都会の高速を区rまでドライブしている時の短編小説で、見開き2ページの作品でした。

啓介は読むのに時間がかかるからと純に雑誌を渡します。

純的には2ページなのになんでだろうと思ったのでしょう!

近藤先輩に小説の話を聞きに行こうとしてましたが、行けないまま近藤先輩の卒業式を迎えます。。

純と啓介の二人は漁港を歩いていると・・・船と船の間に学生が二人座っているのを見つけます・・、一人は近藤先輩、もう一人はバスケ部の・・・、そして次の瞬間、二人はキスをするんです・・Oh、、、そちらの世界の住人でしたか。

すると船の向こう側で物音がしたので、近藤先輩は行為を中断します。。

衝撃的なシーンを見てしまった二人・・啓介は、近藤先輩に男性として行為を寄せていたため、ショックを受けます。

隣では純が・・啓介もそちらの世界の住人なのかと。。かける言葉が出てきません。。

この一件から二人の間には距離が出来てしまい、クラス替えでは別々のクラスになり話す機会が無くなりました。。

啓介とヨリを戻したいと考える純は、まず啓介の男性を好きになる感情を知る為にそっち系のビデオを借りてきます。

しかし分かるわけありません。

そしてだんだんと二人の間の距離が大きくなってしまします。

そして現実の世界に場面が変わります。

中学時代の事、そして小説家になって失敗していた時に励ましてくれているのに追い返してしまったことを、謝りに田舎に会いに行く決断をします。

外は雨・・傘のない純は濡れながら田舎に向かうのだった。

前にも書きましたが、10年以上もあっていない幼馴染がいきなり訪問しますか?そのことは最初に不思議に思ってましたが、多分、地元で意識不明または死んでしまう前の状態で、幼馴染を励ましに来たのではとふと考えました。

次週は最終回ですね。

啓介に会いに行く純が見るものはいったい??

どのような展開になるか楽しみですね!

今回は、ドラマ『傘をもたない蟻たちは』の第4話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について調べていきます!

『傘を持たない蟻たちは』最終話の個人的な感想

雨の中、傘を持たずに地元に戻ろうとして第3話は終わりましたね。

朝、地元の町に着くと・・広い県道、その脇にはおおがたのパチンコ店。昔と変わらない風景が目に入ります。

そして漁港に向かうと根津爺の店兼家は売りに出されているのでした。。ぬぬ?啓介は元気だと言っていたのに??

あてもなく防波堤に上っていると、子供連れの女性が・・なんと純が中学3年生の時に付き合っていた子だったんですな。。

ここから回想シーンになります。

赤津(武田玲奈)は純と3年生の時に初めて同じクラスになり片思いをしていたんですね。。

いつも純と啓介が仲良いので、入り込めず遠くから見ていたんでしょうね。。啓介の同性愛者疑惑で純が離れていくのをきっかけに、仲良くなり付き合う事になります。。

でも、純は啓介との関係に答えが出せない自分の逃げ場で付き合い出したことを後悔し、橋から飛び降りようとします。。

間一髪で啓介が止めに入ります・・、そして、純は啓介に理解出来なくて辛くて離れるしかなかったことを告げます。

啓介も純の本音が聞けて二人は前のように仲良くなった・・はず?でしょう?

その後、純は卒業して親の転勤について行くため東京に来ました。。

この前、純が自宅を訪ねてきた話をすると。。啓介は2年前におぼれている人を助けようとして死んでしまっていたのです。。

ついこないだ、3回忌が有ったので・・・、純の事が気がかりで東京の自宅まで見に行ったんでしょう。。

思春期の同性愛をベースに、作家という舞台で小説を書きつつ、ドラマは小説の中の事を映像化したりと、色々な工夫がされており、1話30分完結のオムニバスで見やすく楽しめました。

ジャニーズをやりながらこういう小説を書けるなんて素晴らしですね。

1話はかなり詰め込んだなという印象で、2話目は3話目以降の伏線を張る回だったんでしょうか、2話目で啓介に2度目の助けがキーワードにしたかったんでしょうね。

ありがちな展開でしたが楽しく見れるドラマでした!

次回作にまた、期待しましょう。。

『傘を持たない蟻たちは』最終話の視聴率について

初回からの視聴率は、

第1話:5.0%

第2話:3.0%

第3話:1.6%

そして1月30日に放送された傘を持たない蟻たちはの最終回の視聴率は3.6%で、残念ながら大きく挽回できない状態で終了してしましたね。

全話の平均視聴率は3.3%でした。

第1話が5.0%と一番高かったんですね!

第1話は小説家が書く恋愛小説がドラマとして男性目線と女性目線から構成されていて凝っている内容だったと思ったんですが、その後が続かなかったですね。

『傘を持たない蟻たちは』最終話のあらすじ

スポンサード・リンク

第4話のあらすじ

ari30出典:番組公式HP

  橋本ジュン(桐山漣)は、中学2年の時に親友だった村田啓介に同性が好きであることを告白されて距離をおくようになってしまったこと、啓介は変わらずに純 と接していたこと、そして小説家になったのは啓介の言葉があったことを思い出した。小説が書けない苛立ちで追い返してしまった幼馴染の啓介(加藤シゲア キ)に謝るために田舎に帰る決心をする。
出典:番組公式HP

ari32出典:番組公式HP

 根津爺の家にやってきた純だが、そこはすでに更地になっていた。驚きつつ、防波堤を歩いていたジュンは、小さな子供を連れた女性(南沢奈央)に声をかけられた。女性は、純が15歳の頃に付き合っていた、赤津舞だった。
出典:番組公式HP

ari33出典:番組公式HP

15 年前、ケンカが原因で停学になっていた純(小林亮太)の家に、舞(武田玲奈)がプリントを届けにきた。それをきっかけに距離を縮めた2人は、やがて付き合 い始める。しかし、純は啓介(市川理矩)に後ろめたさを感じ、心に複雑な思いがめぐっていた。やり場のない感情を抱えた純は…。
出典:番組公式HP

ari34出典:番組公式HP

思い出話の後、ジュンは舞に啓介が家に訪ねてきた話をする。すると、舞は怪訝な表情を浮かべ…。
 出典:番組公式HP

ari35出典:番組公式HP

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『傘を持たない蟻たちは』の第4話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ