スポンサード・リンク

ドラマ『家族ノカタチ』第6話の視聴率や感想!ネタバレやあらすじも


※感想や視聴率更新しました。

毎週日曜日の21時からTBSで、SMAP 香取慎吾さん主演の『家族ノカタチ』が放送されてますね。

大介の部下の入江くんの結婚式を巡って2転3転し、あわや結婚式ドタキャンの危機まで迫りましたが

大介と葉菜子ではなく・・陽三と律子のおかげで無事にいい結婚式が出来ましたね。

そして入江くんは母親と疎遠になっていたんですが、彼女のおせっかいのおかげで、仲直りします。

結婚って、二人のものでもあり、二人にかかわる人たちすべてのものなんですね。

大介の結婚の考え方に変化が出ると楽しみですね。

そんな大介は、行きつけのビールバーで葉菜子にばったりと会います。

そして・・葉菜子が離婚に至った最初の原因を聞いてしまうのです。。

大介的には結婚式が終わりホッとしていると、次は葉菜子がカミングアウトします。。

俺の周りはなぜ。。面倒なことを俺に持ってくると言わんかばかりに難問です。

大介が葉菜子の為にどのような包容力で接するのか楽しみですね。

では、ドラマ『家族ノカタチ』の第6話のあらすじや感想について調べていきたいます!

『家族ノカタチ』第6話を見た感想

回をかさねる毎に大介の男子力アップしてきてますね。

先週、葉菜子と元ダンの離婚のきっかけを聞いてしまった大介でしたが・・当然、答えが出るはずもなく葉菜子を避けて過ごしています。

でも、大介の一番近くには人間味あふれる陽三がいます!アドバイスをするものの素直に聞かない大介は元カノのところにも相談に行きアドバイスをもらいます。

大介は、葉菜子の帰りを待ち伏せ・・

自分ってそういうの苦手で分らないんだ。。でも次にそういう事が有ったら、ため込まないで俺に言ってほしいんだ。
耐性が付いたはずだからと・・・さらりと手慣れた事をいう人は多いんですが、大介の不器用な一言が葉菜子の心に
何かが伝わったのかなと思います!

なんか、陽三が生活に入ってきてからは、大介の気持ちがすごく変化してきてますね。

葉菜子に対する思いやり?大介が一番面倒と思っている事が良い意味で変わってきている気がします。

陽三も、元々は人に依存しない生活で家族を顧みませんでしたが、大介もそれが有ったから一人の城に引きこもろうとしたのかもしれませんね。

葉菜子と徐々に仲良くなってきているし、お互いに信頼が生まれてくるといいんですが!

そして心配なのが、陽三ですね。

何回か変な咳き込むシーンや薬を飲んでいるシーンが有りましたね。

変な病気じゃなければ良いんですが。

そして、ラストシーンで浩太をタクシーに連れ込んで大介と初体面を果たし、いなくなった母親の恵。

済む場所は浩太に決め刺すように言っていたのにどうしたんでしょう??

次週の展開に注目ですね!

『家族ノカタチ』第6話の視聴率

初回放送の視聴率は9.3%、
第2話の視聴率は9.0% 、
第3話の視聴率は10.3% 、
第4話の視聴率は9.9% 、
第5話の視聴率は8.7%、
第6話の視聴率は8.6%

10%を割り込んでしまいましたね。

全クールで下町ロケットの数字がイメージ強いのですが、10%前後なので良い方だと思います。

家族ノカタチ』第6話のあらすじ

スポンサード・リンク

第6話のあらすじです。

kazoku1出典:番組公式HP

大 介(香取慎吾)は、葉菜子(上野樹里)と和弥(田中圭)が離婚した原因を、葉菜子から打ち明けられる。突然の衝撃的な告白に動揺を隠せない大介は、葉菜子 をどう接すれば良いのかわからず、ついよそよそしく距離を取ってしまう。そんな大介を見ていた葉菜子は、ジムの帰りに大介を呼び止めた。果たして、葉菜子 は大介に何を話すのか? そんな大介と葉菜子の空気感をよそに、莉奈(水原希子)は大介への積極的なアプローチを増すばかりだ…。

 そんな ある日、とあるお見合いパーティーへ参加した佐々木(荒川良々)は、見事にカップル成立! そのカップルとなった相手・久美(小松彩夏)とどんなデートをすればよいか大介へ相談するが、大介の態度はつれない。しかし、その数日後、陽三(西田敏 行)のアドバイスもあってか、デートも無事に上手くいき、ペンナのオフィスでプリクラを見せびらかしてた。そんな佐々木の姿を見た入江(千葉雄大)は、相 手が美人で若すぎるし話がうますぎると心配をする。それは、単なる入江の思い過ごしだろうか……?

kazoku2
出典:番組公式HP

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『家族ノカタチ』の第6話のあらすじについて紹介しました。

では今後の展開に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ