スポンサード・リンク

ドラマ「コウノドリ」出産は感動と奇跡。第1話のあらすじと感想。


2017年10月金曜夜10からスタートする

「コウノドリ」。

主演は、綾野剛さん

大人気だった前作を引き継いでの第2章が帰ってきましたね。

産婦人科に勤務するスタッフと患者のヒューマンドラマを中心に、

産婦人科のリアルな医療現場を描いている注目のドラマです。

今回は、ドラマ「コウノドリ」の第1話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

 『コウノドリ』第1話の個人的な感想

コウノドリは前回もとても真剣に見ていたドラマだったので、変わらない世界観にとっても癒されました。

主人公のサクラ(綾野剛)は見るからに癒し系で優しくて、

本当にこんな医者がいたらいいなぁと思えるし、

対する四宮(星野源)は一見すごく冷たそうなのに、

ちゃんと患者のことを考えている真の優しさにハッとさせられます。

1話で一番印象に残ったのは、

退院して赤ちゃんと二人でやっていけるのか不安がる妻(高橋メアリージュン)に、

旦那(ナオト・インティライミ)が

「大丈夫だよ、俺も手伝うから」

と一見優しい言葉をかけたのに対して、

四宮が「手伝うじゃないだろ?アンタの子供だ!」

と言い切ったシーンでしたね。

旦那はいつまで経っても自分は“補佐”のポジションだと思っていて、

妻の不安や苦悩に全く寄り添えていないという“あるある”が、

この一言でズバっと描かれていました。

でも、この旦那も別に最低男というわけではなく、

手伝いたい気持ちはあるけど仕事が忙しくてなかなか

家庭をかえりみることができないという、

これまたありそうな背景だったので、

 

うーむという感じでした。

 

ここから、育児休暇などの制度があっても実際使えない制度では

意味がないという問題までもを描写しているのですから、

本当にいろいろと考えさせられるドラマですね。

『コウノドリ』第1話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク
  

『コウノドリ』第1話のあらすじネタバレ

第1話のあらすじです。

コウノドリ あらすじ 感想

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。
島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。
一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。
離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。
夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。
一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

kounodori1_2

 

コウノドリの予告動画

ドラマの予告がありました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『コウノドリ』第1話のあらすじについて紹介しました。

出産という素晴らしい事を女性の身になり前後の精神的な葛藤や、家族、社会的な問題を訴える、最近では珍しいヒューマンドラマですね。

「出産後もそれぞれの現実が待ち受けており人生は続いていく」サクラの一言が心に残ります。

号泣必至な「コウノドリ」次週、どうなるのか楽しみですね。


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ