スポンサード・リンク

ドラマ「コウノドリ」トーラックへの思い。第4話のあらすじと感想


2017年10月金曜夜10からスタートする

「コウノドリ」。

主演は、綾野剛さん

大人気だった前作を引き継いでの第2章が帰ってきましたね。

産婦人科に勤務するスタッフと患者のヒューマンドラマを中心に、

産婦人科のリアルな医療現場を描いている注目のドラマです。

今回は、ドラマ「コウノドリ」の第4話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『コウノドリ』第4話の個人的な感想

今回のテーマは帝王切開と自然分娩。

実は、私も帝王切開ですので、この気持ちは少しわかります。

ママ友とお産の話になったときに、みんなが自然分娩でどんなに辛かったかって話をするたびに、ちょっと蚊帳の外な気持ちになります。

お産の話を聞いて、男性が「俺たちには一生わかんない話だね~」って思うのと同じ感じです。

子供を産んだ女なのに、女ならではの苦しみを味わっていないと、なんだか一人前になれていないような劣等感みたいなものを持ってしまうんですよね・・。

特に、今回の主人公の蓮(安めぐみ)は子育てがあまりうまくいっていないから、何かしら理由を探したくて、産道を通って産んでいないからだと思い込みたいのかもしれません。

でも、無痛分娩の話もありましたが、痛みを経験しなきゃ本当の母親になれないとか、愛情が生まれないなんて考え方は古臭いですよね。

どんな産み方でも、自分の子供は可愛いし、生んだあとに育てていく時間にどんどん愛情は大きくなるので、それでいいと思います。

あと、やる気のない研修医の吾郎(宮沢氷魚)と四宮(星野源)の関係性、いいですね。

きついことばかり言いながらも、自分と同じ“ジュニア”の境遇の吾郎を、四宮はこっそり応援しているのでしょうね。

吾郎も、父親への確執とか関係なく、産科の素晴らしさに目覚めて戻ってきて欲しいですね。

『コウノドリ』第4話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク
  

 

『コウノドリ』第4話のあらすじネタバレ

第4話のあらすじです。

コウノドリ あらすじ

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。
我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。
一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。

コウノドリ あらすじ

 

 

 

 

コウノドリの予告動画

ドラマの予告がありました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『コウノドリ』第4話のあらすじについて紹介しました。

出産という素晴らしい事を女性の身になり前後の精神的な葛藤や、家族、社会的な問題を訴える、最近では珍しいヒューマンドラマですね。

「出産後もそれぞれの現実が待ち受けており人生は続いていく」サクラの一言が心に残ります。

号泣必至な「コウノドリ」次週、どうなるのか楽しみですね。


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ