スポンサード・リンク

ドラマ「コウノドリ」赤ちゃんの運命は。第5話のあらすじと感想


2017年10月金曜夜10からスタートする

「コウノドリ」。

主演は、綾野剛さん

大人気だった前作を引き継いでの第2章が帰ってきましたね。

産婦人科に勤務するスタッフと患者のヒューマンドラマを中心に、

産婦人科のリアルな医療現場を描いている注目のドラマです。

今回は、ドラマ「コウノドリ」の第5話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます! 

『コウノドリ』第5話の個人的な感想

5話の死産の話は、本当に涙が止まりませんでした。

一番心が痛かったのは、もう赤ちゃんが亡くなっているがわかっていても、普通にお産をしなければいけないということ。

普通に陣痛や出産の痛みを経験し、産んだあとはおっぱいの張りなどの痛みもある。

体は母親になっているのに、赤ちゃんがいない・・・。

出産の辛さはすさまじいものですが、「オギャー!」という赤ちゃんの泣き声で全てがふっ飛んでしまいますよね。

でも、ダランと赤ちゃんが無音で取り出されるシーンは、本当に胸に焼きついて思い出すだけで涙が出てきてしまいます・・・。

それでも、亡くなった赤ちゃんを抱っこしてあげたり、沐浴してあげたり、最後に家族3人で時間を過ごしてあげて、スタッフのみんなもすごく温かい気持ちで患者に寄り添ってあげて、あそこまでしてくれる病院は実際はないんだろうなぁと思いつつも、こんな病院があったらすごく辛い経験をしたけれど、また二人目を・・・と思えるのかもしれないなと思いました。

死産の4分の1が原因不明ということも驚きでした。

そう考えると、妊娠の回数だけ無事に出産できるということが、どれだけ幸せなことなのかを改めて思い知らされました。

『コウノドリ』第5話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク
   

 

『コウノドリ』第5話のあらすじネタバレ

第5話のあらすじです。

コウノドリ あらすじ

サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れた妊娠27週の妊婦、西山瑞希。
診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。同じく切迫早産で入院している妊婦、七村ひかるの病室に小松(吉田羊)が瑞希を連れてくる。同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなるが、そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が白川(坂口健太郎)が見ているベビーは下屋(松岡茉優)が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太くん。翔太くんは早期に手術の必要があるが、両親は帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋(大森南朋)に手術をしないと告げる。赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋はある行動を起こす─

コウノドリ あらすじ

 

コウノドリの予告動画

ドラマの予告がありました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『コウノドリ』第5話のあらすじについて紹介しました。

出産という素晴らしい事を女性の身になり前後の精神的な葛藤や、家族、社会的な問題を訴える、最近では珍しいヒューマンドラマですね。

「出産後もそれぞれの現実が待ち受けており人生は続いていく」サクラの一言が心に残ります。

号泣必至な「コウノドリ」次週、どうなるのか楽しみですね。


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ