スポンサード・リンク

『ナオミとカナコ』第2話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


毎週木曜日22時よりフジテレビで放送している

『ナオミとカナコ』

広末涼子さんと内田有紀さんのW主演で登場しています。

第1話の放送が終わりましたね。

大学時代の親友との再会し、銀行員と結婚してタワーマンション暮らしと誰でも羨ましがる結婚生活。

と思いきや・・DVに悩んでいた親友のカナコ(内田有紀)。

幼少時代にDV父親に苦しめられたナオミ(広末涼子)は、DVの怖さと治らない病気と知っているので、逃げるようにアドバイスしますが・・、DVの恐怖は逃げる事すらできません。

逃げれば家族や友人に暴力が・・迷惑がかかると知っているから。。

お先真っ暗なナカコ・・どのようにDVから逃げていくのでしょうね。

今回は、ドラマ『ナオミとカナコ』の第2話のあらすじや個人的な感想や視聴率について調べていきたいます!

『ナオミとカナコ』第2話の感想

初回の最後に、ナオミ(広末涼子)が

「二人であんたの旦那、殺そうか」

え~、そこまで飛躍しちゃいますか。。

警察相談、お互いの実家に話して別居、その間の暴力が無いようボディーガードの手配と賠償裁判などなど

それではドラマになりませんね。

ドラマのW主演の一人カナコは、純日本気質で主張が弱く耐え忍ぶ系のか弱い女性です。

もう一人のナオミは李社長と仲良くなったせいで、性格も近づいてきたのか自己主張できる働く女性。

DVされるタイプはやはり・・カナコ系タイプな気がします。

ナオミは、李 朱美にDV夫婦の相談をします。

立場的に近くなく得意先という訳でもないので話易かったのでしょう。

ただ、日本系と中国系の性格の違いを加味すると相談者として正しかったのかな。。

李社長はDV旦那から友達護る、その為ならDV旦那を葬るなど・・でも、完全犯罪なんて簡単にはできないものです。

李社長の帰りにカナコに会いに行くナオミ。

カナコは旦那が子供が欲しく、なぜ出来ないのか不信がってるんです。

そりゃ、カナコがDV家族を作りたくないので、ピルを飲んで拒否しているんです。

出た結論が、暴力を止めてもらう話をしようと・・・、カナコ的には大きく前進ですがちょっと厳しめの発想ですね。

結婚記念日の当日、レストランで恐る恐る暴力について口火を切ります。。

手に持ったフォークは震え・・・皿に当たりガチャガチャと大きな音を出します。

旦那は、フォークを持った手を握り「もう暴力はしないよ」と言ってくれます。。

音を発する手を握り?これは周りを気にしているから?

カナコの安堵がやってき、うっすらと涙します。

しかし、帰り道に会った同じマンションの子供連れの家族をほめていると・・・、どうやら、その人は親の七光りでのんびり暮らせていると、切れてしまうのです。。
残念ながら、マンションで子供連れの家族と話してから部屋に戻ると、相手家族の境遇・・親の七光りの人間と世の中で頑張っている自分とのギャップにブチ切れる旦那。

すると髪の毛を引っ張られ引きづられ、蹴られ、更には雨降るベランダに放り出され、中からカギをかけられてしまいます。

ナオミのアドバイスが正しかったんですね、何時間前の約束はあっという間に破られ。。

朝まで家に入れてもらえず。 カナコ・・良く耐えてます。。

今迄、DVしても翌朝は誤っていたDV旦那、今回はベランダの窓を開けた時の一言が

「早く飯を作ってくれ」

DVの症状が更に悪化してきてますね。。

朝までベランダで雨にぬれ、風に吹かれたカナコは高熱を出します。

ナオミに電話すると心配しながら駆けつけてくれます。

看病している間

DV旦那にそっくりな中国からの密航者の林さん

資産家で認知症を患っている恒例の顧客

徐々にピースがそろってきました。

そして、遂に完全犯罪のシナリオを思いつきます。。

ラストでは、カナコにばれないで旦那を殺す方法が分かったと告げます。

その方法はどんなものなんでしょうね。

次週の展開に注目しましょう!

『ナオミとカナコ』第2話の視聴率について

第1話の視聴率は7.9%、

第2話の視聴率は7.7%

と伸び悩んでいますが、どのドラマも第2話は視聴率がガクッと落ちるんですが、それが有りませんでした。

ナオミの計画も出来上がってきているので、そのように実行していくのか、前半の見どころですね。

『ナオミとカナコ』第2話のあらすじ

スポンサード・リンク

第2話のあらすじです。

naomi22
出典:フジテレビ

小田直美(広末涼子)は、服部加奈子(内田有紀)に暴力をふるう彼女の夫・服部達郎(佐藤隆太)を、いっそ殺してしまおうか、と口走った自分に困惑していた。 そんな朝、加奈子は、達郎から一緒に産婦人科に行こうと言われ凍りつく。同期の既婚者にみな子供がいることから、自分も早く子供が欲しいと言うのだ。実は達郎の暴力が始まってから妊娠するのが怖くてピルを飲んでいる加奈子は、まずはひとりで行ってみる、とごまかした。

後日、直美は仕事帰りに加奈子のマンションに立ち寄った。達郎は残業で留守のため、 加奈子は直美に手料理を振る舞う。その際、話が達郎の暴力に及び、離婚を勧める救済策を提案する直美に対して加奈子は、達郎と話し合ってみると言った。話が通じる相手ではない、と直美が語気を強めると、加奈子は、近く結婚記念日があるから、そこでもう一度だけ話し合ってみると、直美を見据えた。

翌日、直美は李朱美(高畑淳子)に呼び出された。やってきた直美に朱美は、従業員の林竜輝(佐藤隆太)が借りるアパートの連帯保証人になってくれ、と頼む。直美は朱美に交換条件を突きつけ、それを引き受ける。
 加奈子と達郎の結婚記念日。ホテルのレストランに現れた達郎は上機嫌だった。直美に客を紹介してもらったこともあり、営業成績がトップに躍り出たという。そんな達郎に加奈子は、今後、子供を持つこともあるのだから暴力は止めてほしい、と懇願した。しばし固まった達郎だったが、震える加奈子の手を握ると、もうしないと約束するが…。 出典:番組公式HP

naomi23
出典:フジテレビ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『ナオミとカナコ』の第2話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。

では今後の展開に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ