スポンサード・リンク

レンタル救世主キャスト藤井流星の動画やラップと4話視聴率や感想


2016年10月9日日曜夜10時30分からスタートする

「レンタル救世主」。

主演は、沢村一樹さんです!

10時半と遅い時間ですが、しっかりコミカルで店舗の良い展開で明るく楽しいドラマです。

そして、志田未来さんの地蔵ラップや、サバサバお姉の中村アンさんが話題になってますね!

今回は、「レンタル救世主」第4話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『レンタル救世主』第4話の個人的な感想

今回は、誰もがひとつくらい抱えている”秘密”の話でした!

明辺(沢村一樹)は、お隣に住む韮沢(TKO木下)から「妻がミスワタナベ(千秋)という詐欺師にだまされ洗脳されている」と相談を受けます。

すると、なんと黒宇社長(大杉蓮)もミスワタナベと接点があったのです!

だんだんとレンタル救世主の一人ひとりにスポットが当たっていく流れとなってきましたが、今回は黒宇がレンタル救世主を始めた理由を暴露してくれましたよ~。

なんと、社長は零子(志田未来)の兄の会社で働いていたのです。

そこで、ミスワタナベにだまされ、その詐欺罪をなすりつけられ会社を解雇されます。

ネットでSOSを拡散しても、「偽善者!」と叩かれてしまいますが、お金をもらって人助けをするのは正当なビジネスと認められると気づき、レンタル救世主を発足したということでした。

まさか黒宇と零子の兄の会社が繋がっていたとはびっくりでしたね~。

そして、こうやってお互いに秘密を打ち明けていくことで、だんだんと結束が強まっていく感じ!

しかし、葵(藤井流星)にも秘密が・・・!

夜に零子の兄と密会している葵。

なにやら親しげな様子・・・。

しかも、兄役が小出恵介くん!

大好きな俳優さんだけど、なんか悪い役なのかな~?

黒宇とも葵とも接点があった零子の兄。どうやらキーマンになってきそうですね!

今回は、ロイと父親の関係なども描かれて、今後は黒宇がなぜあんなにお金に執着するのかなどの理由も明かされてくると面白いですね!

『レンタル救世主』第4話の視聴率について

初回放送の視聴率は10.2%、
第2話の視聴率は7.5%、

そして第3話は7.3%と、今一つ低迷していますね。
地蔵ラップも話題になり、テンポの良い展開で楽しく見れるドラマなんですが次回に期待ですね!

スポンサード・リンク

『レンタル救世主』第4話のあらすじ

第4話のあらすじです。

rent4_1明辺(沢村一樹)の家の隣に住む韮沢(木下隆行・TKO)が、レンタル救世主を雇いたいとやってきた。 韮沢の依頼は、妻の洗脳を解いてほしいということだった。韮沢の妻・清美(櫻井淳子)は、ミスワタナベ(千秋)と名乗る女性が主宰する投資セミナーに大金をつぎ込んでいた。ミスワタナベのセミナーについて調べると、彼女は参加者に儲け話を吹き込んで金を巻き上げる詐欺師と見られた。
洗脳を解除する料金の相場は、100万円だった。韮沢の経済状態は破たん寸前で、それだけの金額は支払えない。しかし、いつも金にシビアな黒宇(大杉漣)が、5万円で引き受けると言い出す。黒宇は、ミスワタナベの投資セミナーの内部に潜入して、セミナー自体を潰すと張り切る。
明辺は、韮沢の仕事を受けた黒宇に猛抗議。隣人の韮沢に自分がレンタル救世主をやっていると知られれば、紫乃(稲森いずみ)に会社を辞めたことがバレてしまうからだ。そんな明辺をロイ(勝地涼)が「韮沢さんの案件を見事に解決すれば、レンタル救世主の仕事を奥さんに認めてもらえるかもしれない」と説得。明辺は、すっかりその気になる。
明辺は、葵(藤井流星)、零子(志田未来)とともに、投資セミナーに通う清美を尾行。セミナーに参加できるのは主婦限定で、零子が23歳の母という設定で潜入することに。ミスワタナベは巧みな話術で主婦たちを虜にして、必ず儲かる投資法を書いた本を法外な値段で売りつけていた。さらに、清美が登壇し、体験談を語る。清美は被害者ではなく、ミスワタナベの詐欺に加担しているようだった。
 そんな中、明辺はハイジ(福原遥)から、会社を辞めてレンタル救世主になった秘密を彩芽(莉帝)に知られていると聞き…。

rent4_2

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『レンタル救世主』第4話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  レンタル救世主キャストに藤井流星!志田未希のラップの感想や視聴率


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ