スポンサード・リンク

レンタル救世主キャスト藤井流星の動画やラップと6話視聴率や感想


11/14個人的な感想を更新。

2016年10月9日日曜夜10時30分からスタートする

「レンタル救世主」。

主演は、沢村一樹さんです!

沢村さんのMキャラ、志田さんのブサイクな地蔵ラップとテンポの良い流れでが、面白く明るく楽しいドラマですね。

時間は日曜日の遅い10時半からですが、ついつい見ちゃうドラマですね!

今回は、「レンタル救世主」第6話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『レンタル救世主』第6話の個人的な感想

rental6_1

6話は、葵(藤井流星)にレンタル彼氏を頼み続けていたハイジ(福原遥)の恋のお話でした!

お相手は、なんと1話で零子(志田未来)と一緒に誘拐されて以来零子の相談相手となっていた薫(稲葉友)。

脇役レギュラー陣が主役となった回でしたね。

ハイジは葵のことが好きなのかと思っていたけど、葵は顔がいいので周りにイケ女と思われるためのアクセサリーだったんですね。

確かにハイジはルックスはとてもいいのですが、「中身がない」ことを気にしてどうにか周りによく思われるためにSNSなどで自分を大きく見せていたのです。

「いいね!」が欲しい世の中への問題提起ですね~。

でも、ちゃんと本物の恋ができて、フラれるとわかっていても気持ちを伝えることができて、一回り成長できたようですね!

そして、ハイジの恋を応援してくれた零子への呼び方が「地蔵先輩」から「零子先輩」に変わり、尊敬の念を抱いたよう。

零子もレンタル救世主として、ちゃんと人助けができていますね!

そして、ラストでは零子の兄(小出恵介)がまた登場しましたね!

小出恵介くん、出番あれだけ?と思っていたので、また出てきて嬉しいのですが、また不審な電話をしていましたね。

「君のレンタル救世主は副業で、本業は他にあるってもうバラしてもいい頃だね?」とか言ってましたが、電話の相手は誰!?

そして、明辺(沢村一樹)との離婚を決意している妻・紫乃(稲森いずみ)も気になりますね!

『レンタル救世主』第6話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

『レンタル救世主』第6話のあらすじ

第6話のあらすじです。

rental06_1


体調が悪く病院へ行った明辺(沢村一樹)は、そこでハイジ(福原遥)と出会う。しかし、ハイジは明辺の顔を見ると、逃げるように去っていく。ハイジが残していった問診票の自覚症状には“恋の病”と書いていた。

その後、ハイジがレンタル救世主の事務所にやってきた。彼女は、レンタル救世主の力を借りて恋を成就させたいという。ハイジが恋した相手は、彼女が配信するネット動画にコメントを付けていた“Green Mask”という人物。彼に動画をけなされて頭にきたハイジは、罵り返していた。そんなやりとりをするうちに、何でも本音で言い合える間柄になったのだという。二人はネット上だけの関係だったが、ハイジは偶然、カフェで“Green Mask”と顔を合わせる。“Green Mask”は、そのカフェの店員だった。“Green Mask”が超イケメンと知ったハイジは、彼に恋をしてしまった。
なんとか“Green Mask”と付き合いたくて、ハイジはさまざまな恋愛マンガを分析。彼女は、マンガから見出した恋愛の法則に則って、“Green Mask”が自分に告白させるよう仕向けたいと依頼する。

明辺、葵(藤井流星)、零子(志田未来)はハイジとともに、“Green Mask”が働くカフェへ向かう。“Green Mask”の顔を見て、動揺する零子。“Green Mask”は、零子の顔なじみの女装する男性・薫(稲葉友)だった。薫の恋愛対象は男性で、ハイジの思いに応えてくれる可能性はゼロ。明辺たちは、ハイジを傷つけないためにどうすればいいのか、頭を悩ませる。
そんな中、零子は薫から、頼み事をされる。警察署長を務める父親の碧山(神尾佑)に、恋人を紹介しろと言われて困っているので、零子に恋人のフリをしてほしいという。今すぐ一緒に父親に会ってほしいと薫に言われ、困惑する零子。一方、葵とハイジは、零子と薫が親しげに話し合っている様子を覗き見していて…。

rental06_3

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『レンタル救世主』第6話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  レンタル救世主キャストに藤井流星!志田未希のラップの感想や視聴率


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ