スポンサード・リンク

レンタル救世主キャスト藤井流星の動画やラップと8話視聴率や感想


11/28 個人的な感想を更新。

2016年10月9日日曜夜10時30分からスタートする

「レンタル救世主」。

主演は、沢村一樹さんです!

沢村さんのMキャラ、志田さんのブサイクな地蔵ラップとテンポの良い流れでが、面白く明るく楽しいドラマですね。

時間は日曜日の遅い10時半からですが、ついつい見ちゃうドラマですね!

今回は、「レンタル救世主」第8話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『レンタル救世主』第8話の個人的な感想

rent8_3

やっぱりこのまま終わるはずはないと思っていた千太郎(小出恵介)が、めちゃくちゃキーマンでした!

もともと「日本中のみんなが誰かの救世主」というコンセプトで「ヘルプール」というアプリを開発し、それを配信するいいタイミングで“救世主ブーム”を起こそうと綿密に計画されていたのです。

そういえば、前回の案件で突然葵(藤井流星)の動画のアクセス数が伸び、世間にレンタル救世主が認知され話題沸騰となったのも、裏で千太郎が手を引いていたから。

そして、さらに衝撃的な事実が明かされます!

黒宇社長(大杉漣)が実は千太郎の義理の父で、千太郎をバックアップしている立場だったということ!

大杉漣さんだから何かあるかな~と思っていたけど、もう黒宇社長ピックアップ回は終わっていて、レンタル救世主設立の裏話なども語られていたので安心していましたが騙された~!

レンタル救世主はもともと期間限定でこのアプリのために設立された会社だったんです!!

そして、もう用済みとなった他のメンバーたちは今回の明辺(沢村一樹)の娘誘拐(本当は、明辺夫婦の離婚危機を回避するための自作自演だったのですが)の容疑をかけられて、逮捕されてしまいます!

せっかく絆が生まれてきたところだったのに、すごい裏切り方・・・。

やっぱり大杉漣さんは、黒い役が似合っちゃいますね~。

ついに明かされたレンタル救世主の本当の姿。

すでにこの仕事にやりがいを感じ一致団結し始めていた他のメンバーたちの逆襲はなるのか!?

次週、物語が急展開しそうな予感です!

『レンタル救世主』第8話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

『レンタル救世主』第8話のあらすじ

第8話のあらすじです。

rent8_1

バーガー村移転問題に関わったのをきっかけに、レンタル救世主に世間の注目が集まり、レンタル救世主のオフィスには問い合わせが殺到し、依頼も急増する。
明辺(沢村一樹)は、紫乃(稲森いずみ)に離婚を切り出されて激しく落ち込んでいた。仕事場では何も言わずに明るく振る舞う明辺だったが、レンタル救世主の仲間たちは明辺の異変に気付く。
明辺が帰宅した後、オフィスに明辺の娘・彩芽(莉帝)がやってくる。彩芽は、明辺と紫乃に離婚話が持ち上がっていることを知っていた。レンタル救世主のメンバーは、両親の離婚を止めてほしいという彩芽の依頼を引き受けることに。
そして数日後、オフィスに千太郎(小出恵介)が現れる。レンタル救世主の流行に目を付けた千太郎は、新しいアプリを開発していた。そのアプリは、困っている人が要望やSOSを発信し、それに応えられる誰かが助けてあげるというもの。これが実用化されれば、みんながお互いに助け合うようになり、プロのレンタル救世主は必要なくなる。
千太郎は、レンタル救世主の会社自体を買収し、メンバーには元レンタル救世主として自分の会社の宣伝に協力してもらうと言い出す。さらに、零子(志田未来)が千太郎から会社を引き継いで社長になると聞かされ、驚くレンタル救世主一同。彼らは、レンタル救世主を辞めたくないと主張。黒宇(大杉漣)は、千太郎の申し出をきっぱり断る。
一方、明辺は、紫乃から離婚したい2つの理由を聞かされる。紫乃は、離婚したいのは自分のためであり、明辺のためでもあると言う。離婚を避けたい明辺は、レンタル救世主を辞めると紫乃に告げる。
さらに、かかりつけの医師・金城(堀部圭亮)から、ショッキングな事実を知らされる明辺。彼は、人生最大の危機に立たされる。
そして物語は誰もが想像していなかった衝撃の展開を迎える…!

rent8_2

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『レンタル救世主』第8話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  レンタル救世主キャストに藤井流星!志田未希のラップの感想や視聴率


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ