スポンサード・リンク

『サイレーン』第4話のネタバレあらすじや感想や視聴率


※11月10日 個人的な感想・視聴率を更新

11月3日(火)の22時フジテレビより秋ドラマ『サイレーン』の第3話が放送されましたね。

第 2話で猪熊の正義感が欲しいと興味が出てましたが、第3話では、カラが正義感とは、こういうものかと月本相手に試していきます。悪女に無かった感情を確か めるように・・・。正義感を試す時も、自分の置かれている立場や周囲の状況を良く把握して、計画を遂行します。証拠や関連性を消していく完全悪女ですね。

そんなカラが第3話で、完璧な計画を遂行できませんでした。月本を殺害する現場を少女・麻弥に見られてしまったのです。カラは少女を殺したはずですが、第3話のラストで意識が戻ります。

当然、カラは証拠を消そうとします。対して里見は証拠を守ります。第4話の展開が今から楽しみですね!

今回は、第4話のあらすじや感想や視聴率について紹介していきます!

『サイレーン』第4話の個人的な感想と視聴率

第3話で橘カラの犠牲となった少女・麻弥が生きていたことを知り、里見と猪熊は病院に向かいます。

行方不明の月本に不信感を感じ、里見は麻弥をやったのは月本ではないのではないかと疑念をもちますが、証拠がないため、今は麻弥の意識が回復することを待ちます。

麻弥の担当医が「そういえば、運ばれるときにうわ言を言っていたような」と、思い出します。

「言わないから助けて」

名前も言っていたが、肝心の名前は思い出せず「なんとかさん」と言っていたと、新たな情報を得ます。

里見は、「フルムーン」で働いていた従業員のアイとレナは、「オーナー」と呼んでいたことを思い出したのです。
また、関係者は月本のことは「オーナー」や「院長」と呼んでいることから、麻弥だけが「月本さん」と呼ぶのはおかしいと思ったのです。

そして場面は猪熊に。

ここ最近は、里見の行動に怪しさを感じてます。

女の香水の匂いを付けて帰ってきたり、スーツに女の髪の毛をつけて帰ってきたりと。

微妙に浮気しているのではと、考え出すようになっているのでした・・・。里見は捜査になると、すっかり入り込んでしまうので、猪熊としては心配ですね。。

カラは猪熊の様子を監視できるよう、向かいのマンションの渡というデザイナーの家に居候しています。女性の扱いになれていない渡は、自己所有している別荘で後々は暮らしたい、その時にカラと結婚したいとプロポーズします。

別荘の利用価値も高く、カラは真剣に考えたいので、まだ親族・友人には、黙っていてほしいとお願いします。

その夜、カラは睡眠薬で渡を眠らせますと、渡のポケットに入っていた車の鍵を取り出し、自ら車を運転をして自宅に戻ります。

そして、かなり大きい旅行バッグを車の後部トランクに載せます・・。多分、月本でしょうね。

シーンとしては有りませんでしたが、別荘に隠したのでしょう。

別荘の利用価値・・なんと、殺害した月本の遺体を深夜、別荘に移動するカラ・・、そういう利用価値か、なるほど。

その日の朝、新聞を見るカラ。小さな見出しに麻弥の事件のことが書かれており、殺したと思っていた麻弥が生きていることを知ります。

里見も同様に、職場でこのことを聞きます。

麻弥が危ないと感じ病院に急ぎますが、犯人は来ておらず麻弥は無事でした。

しかし、里見の使っている車には、カラがGPSを取り付けています。これがもとで、麻弥のいる病院がバレてしまいます。

里見は病院は歩いていると、ショートカットでマスクをした女性とすれ違います。

ここで、いつもの香りに気が付きます

振り返りこの女性に声を掛けます。すると変装をしていた橘カラだったのです。

カラは友人が入院をしているという嘘をついてその場を逃れますが、里見に見つかったことで麻弥には手を出せないと考えます。

里見はこの件をきっかけに橘カラが何らなの関わりがあると確信するのでした。

「橘カラはヤバすぎる」と。

散々、カラを尾行する里見ですが、カラは初めから尾行に気が付いており、証拠写真を集めています。

そして、猪熊を呼び出し「最近、ストーカーされている」と相談を持ちかけるのでした。尾行をしている里見の写真を猪熊が見てビックリしますが、突然、笑い出します。

「実は私、里見くんと付き合っているの。だから、里見くんは私の身辺調査をしているだと思うよ。警察ではよくあることなの。」と切り返します。

カラは「そうなんですね、てっきり私のことを好きになってしまったのかと思ってしまいました」と言うと、猪熊は苦笑いをするのであった。

そして、里見はその日もカラのことを尾行し続けます。

そして、ホテルのエレベータの中に入る里見。待ち伏せているカラ

ついに対面しちゃいます。カラの方が一枚上手ですね!!

里見とカラがエレベータの中で、静かな言い争いを始めます。

一方、猪熊もこのホテルに向かっていた。

「こんにちは、里見さん。急で驚きましたが静かなところで話したいということですよね。メガロポリタンホテル25階の展望レストラン20時、わかりました。カラ」このようなメールをカラからもらっていたんです。

25階に着き、エレベーターのドアが開きます。

カラが「降りませんよね」とドアを閉めます。
と、里見がカラに近寄り壁ドンと強く手をぶつけます。「お前のやっていることはわかっている、警察は動いているんだよ」と

1階に着き、エレベーターのドアが開きます。なんと、そこには猪熊の姿があります。

カラは指を唇に手にし、あたかもキスをしたかのような素振りをします。

猪熊に衝撃が走ります。。

修羅場なシーンで第4話が終わりました。。

尾行を逆手にとって、里見と猪熊の関係を壊そうとする計画的な行動をするカラ。

この用心深さ、計画性など、本当に凄いと思いますね。

ストーカー容疑でなく浮気容疑になってしまった里見が、どのように猪熊の信用を取り戻すのか楽しみですね!

『サイレーン』第4話の視聴率について

視聴率ですが、第1話が12.9%と好調にスタートを切りました。

ところが、第2話はなんと、野球中継(日本シリーズ)の影響でドラマ放送時間が一時間以上 遅れた影響で6.3%と、かなり落ちました

第3話は8.6%と、佐野ひなこさんや入山杏奈さんと新たなキャストがキャ4バ嬢として登場!ミニスカートの奥が見えるか見えないか等、ネットでは大反響が有りました。そして橘カラは、クラブの更衣室で下着姿が一瞬あるボーナスステージでしたので数字は上がりました。

そんな中第4話の視聴率は、8.1% でした。

4話終了して、平均視聴率は、8.98%と2桁に届いていないので、制作側も気合が入っていると思います。今後の展開にも注目ですね!

『サイレーン』第4話のあらすじ

スポンサード・リンク

第4話のあらすじ

sairen1

月 本(要潤)が行方をくらませたことで、警察は麻弥(三上紗弥)に手をかけたのが月本だと断定する。しかし月本のクリニックにカラ(菜々緒)のカルテがな かったことが引っかかる里見(松坂桃李)は、再び調査を開始する。すると、担当医の証言で、麻弥が病院に運び込まれた際、「助けて」とうわ言をつぶやいて いたことが判明。出典:番組公式HP

sairen2

里見は、麻弥を襲ったのが月本ではなく、第三者である可能性を考えるが、確証は得られず、もはや犯人を見た麻弥の意識が戻るのを祈るしかない。
一方、里見と別行動することが多くなった猪熊(木村文乃)は、里見の背後にたびたび女性の気配を感じ、不安を募らせていた。
出典:番組公式HP

sairen5

その頃、月本に制裁を加えたカラは、渡(光石研)に誘われ田舎の別荘へ行くことに。
渡はカラにプロポーズし、そこを新居に二人で新婚生活を送ろうと考えていたのだ。

しかし、そんな渡の恋心を逆手に取り、カラはその別荘を自分のある計画に使おうともくろみ、
渡の決死のプロポーズにも「考えておく」と思わせぶりな返事をする。出典:番組公式HP

sairen4

翌日、新聞に麻弥が一命を取りとめたことが掲載される。
記事を読んだ犯人が麻弥の口を封じに来るのではと、慌てて病院へ向かう里見。

やがて、麻弥の無事を確認し、署に戻ろうとすると、すれ違った女性から嗅いだことのある香りが。
呼び止めると、それは変装したカラだった――!出典:番組公式HP

sairen6

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『サイレーン』の第4話の視聴率や個人的な感想、あらすじについて紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ