スポンサード・リンク

『サイレーン』第5話のネタバレあらすじや感想や視聴率


※11/18 視聴率を更新

※11/17 個人的な感想を更新。

11月10日(火)の22時フジテレビより秋ドラマ『サイレーン』の第4話が放送されましたね。

第4話では、里見がカラに対して事件の関与に確信を持ちます。カラの自宅を知るために夜な夜な尾行を続けますが、カラの方が一枚上手で情報収集が、なかなかできません。そんな里見に対して、カラから逆襲があります。

里見と猪熊の関係にヒビを入れようとします。前回のラストシーンでは、エレベータの中で里見とカラが、キスをしていた後の状況を目の当たりにしてしまいます。

第5話で、里見がどのように猪熊の信用を回復するのかが注目ですね!

今回は、第5話のあらすじや感想や視聴率について紹介していきます。

『サイレーン』第5話の個人的な感想と視聴率

第5話では、里見は相変わらず一人で捜査を続けてます。猪熊は来月から本部捜査一課を命じられますが、里見との結婚話もなければ里見に話したりもしませんでしたね。ちょっと前回からの浮気が引っ掛かってるんですかね。

捜査に行き詰った里見は、フルムーンの従業員で新しいきゃばが見つかるまで暇なアイとレナの二人に捜査を手伝ってもらいます。そんな事が許されるのか・・。

アイとレナの聞き込みにより、立花カラの自宅の住所がらかります。サトミはカラがいないときに不法侵入して家探しをします。

怪しい薬・手錠・そして警察関連の書籍・・警察の何かろ調べているのか?

だんだん解明するカラの過去。

8年前、里見が交番勤務だった時に殺人事件があり、殺されてた被害者が、何と立花カラだったと。。

サトミの部屋で久々に猪熊と会いますが、カラの事でまたケンカ別れしちゃいます。。里見も一言言っておけばま歩く済むんですがね・・。

だんだん、謎がだんだん晴れてきましたね。

『サイレーン』第5話の視聴率について

視聴率ですが第1話が12.9%第2話は6.3%第3話は8.6%第4話は8.1%

徐々に計画実行に近づいてくるカラ、カラが事件に関与している確証が徐々に取れてきている里見!ドンドン終盤戦へ入っていきそうですね。

そんな中、第5話の視聴率は、8.5% でした。

5話終了して、平均視聴率は、8.88%と2桁に届いていないので、制作側も気合が入っていると思います。今後の展開にも注目ですね!

『サイレーン』第5話のあらすじ

スポンサード・リンク

第5話のあらすじ

sai1

カラ(菜々緒)とホテルのエレベーターで接近しているところを猪熊(木村文乃)に目撃された里見(松坂桃李)。カラが2人を罠にはめるために送ったメールにおびき寄せられた猪熊に、カラとの関係を誤解された里見は何とか話をしようとするが、露骨に避ける猪熊。
2人の間に、明らかな溝ができ始める。

sai2

翌朝、安藤(船越英一郎)に呼ばれた猪熊は、本庁捜査一課への異動を命じられるが、「どちらかが捜査一課へ行ったら結婚しよう」と里見と約束していたことが頭をよぎり、躊躇してしまう。

sai3

前日の一件で、里見が何か隠し事をしていると確信した猪熊は返事を保留。千歳(山口紗弥加)のアドバイスもあり、里見のことをもっとよく知ろうと、巡査になりたての里見が担当した過去の未解決事件について調べ始める。

sai4

一方、猪熊栄転のウワサを聞きつけた速水(北山宏光)は、猪熊が活躍するきっかけになったのはカラだとあたりをつけて、密かにカラに接触して…。
その頃、自分一人でカラと対峙することに限界を感じた里見は、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼していた。アイが会員制クラブの関係者からカラの住所を聞き出し、家の侵入に成功した里見。そこで、カラの過去を暴く思わぬものを発見する!

sai5

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『サイレーン』の第5話のあらすじについて紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ