スポンサード・リンク

『サイレーン』第6話のネタバレあらすじや感想や視聴率


※11月25日 個人的な感想を更新。

11月17日(火)の22時フジテレビより秋ドラマ『サイレーン』の第5話が放送されましたね。

第5話では、里見は相変わらず一人で捜査を続けてます。猪熊は来月から本部捜査一課を命じられますが、里見との結婚話もなければ里見に話したりもしませんでしたね。ちょっと前回からの浮気が引っ掛かってるんですかね。

捜査に行き詰った里見は、フルムーンの従業員で新しいきゃばが見つかるまで暇なアイとレナの二人に捜査を手伝ってもらいます。そんな事が許されるのか・・。

アイとレナの聞き込みにより、立花カラの自宅の住所がらかります。サトミはカラがいないときに不法侵入して家探しをします。

怪しい薬・手錠・そして警察関連の書籍・・警察の何かろ調べているのか?

だんだん解明するカラの過去。

8年前、里見が交番勤務だった時に殺人事件があり、殺されてた被害者が、何と立花カラだったと。。

サトミの部屋で久々に猪熊と会いますが、カラの事でまたケンカ別れしちゃいます。。里見も一言言っておけばま歩く済むんですがね・・。

だんだん、謎がだんだん晴れてきましたね。

今回は、第6話のあらすじや感想や視聴率について紹介していきます。

『サイレーン』第6話の個人的な感想と視聴率

第6話の放送が終わりましたね。

前回では橘カラの彼氏が8年前に殺人事件で無くなっており、犯人が捕まっていないという過去の話が出ましたね。

今週は色々と仕組んでいたカラの思惑がバッチリと決まります。

主役って、里見と猪熊ですよね。当初のインタビュー通り、カラ演じる菜々緒が『主役を飲み込む』って、言っていたんですが、まさに主役を飲み込んでる感じですね。カラの行動や演技の出来具合で作品の面白みが変わってきそうです。

では思い出しつつ。

前回、里見は橘カラの自宅を発見し、自宅内を捜索しました。
そのことを橘カラは侵入者が里見だと感づいてますが、当の本人の里見はカラが気付いて行動を
起こすことを考えてません。
この辺りが分かれ道でしたね。
カラは自宅をどう調べたのか、里見一人で調べているかなど、色々な対応を論理的に考えながら行動してますね。

そしてキャバクラで働くカラ、8年前からの常連の舞川と飲んでいるとヘルプにレナが付きます。
ここで、レナがカラの過去を聞いていたことが発覚します。
帰りにレナを飲みに誘うカラ・・レナが狙われてます。。
ここでも、『レナさんは信用できるから』と言って、過去に彼氏が殺された事件を教えます。
少しづつ自分の事をオープンに出し警戒心をそいでるのでしょう。。イコールいつかやられるという事ですね。

里見は猪熊が捜査一課に移動する話を嫌味な速水から聞きます・・そんな話は初耳だと言わんかばかりに課長に確認しに行きます。
すると、課長は、猪熊が何かにひっかかっていて移動を躊躇している事を聞き出します。
里見は内心、「結婚か」と悟ります。

里見は猪熊の携帯に連絡を入れますが、全くのシカト状態で話もできません。
こうして話さないで離れるケースって多いんでしょうね。。

とはいえ、留守番電話にメッセージを入れます。。
里見の部屋にはカラの盗聴器がつけられているので残念ながら筒抜けです・・。

後日、居酒屋で久しぶりの再会。

中ジョッキで乾杯する二人ですが、やはり、ぎこちなさ満載ですね。
こういう時って第3者が入っていると上手く調整してくれるんですが二人だと・・

話の中、里見の携帯にレナから着信が有ります。
仕事の電話と言いつつ電話に出ないと、猪熊が怪しみ「こそこそ何しているのよ」と激怒し
店を出ていってしまいます。。

そして、レナから「○○ホテルの601号室に来てください」と怪しいメールが入ります。

次の瞬間、同じ居酒屋で、レナのスマフォをカバンに入れるカラが移ります。。
そして、速水にもメールが入る場面も。

カラさん、更に罠をしかけましたね・・。

里見がホテルの部屋に入ると・・後ろから首を絞められます。
何とか背負い投げで切り返すと、首を絞めていたのはカラだったのです。

遂に直接対決と思った瞬間・・

カラは自分の服の胸元を破り・・自分で頬を殴りつけます??
里見が取り押さえようとしてもがいていると、いつの間にかベットの上に誘導されます・・。

その瞬間、カラが『キャー、やめて~』と大声を張り上げます。

速水と猪熊が部屋に入ってきます。。

里見が凍り付きます。。これって、暴行現場に勘違いされる??はずです。
カラにばっちりハメられました。

カラは治療を終えた後、猪熊に罠をかけます。
『大丈夫です。被害届は出しません。猪熊さんの恋人が犯罪者なんて嫌ですもんね。
 でも怖いので、私は別荘で静養しますね。猪熊さんも是非来てください!』と。
こう言われたら猪熊は別荘に行くしかないですようね。。

猪熊はサトミノ元に行くと思いっきり平手打ちをかまし
「見損なったよ里見くん。もう終わりだから」と別れを切り出しました。
おいおい・・自分の彼氏が婦女暴行するか分らないかな・・捜査一課に移動する位の
優秀な刑事に全く見えないのが、刑事ものとしては痛々しいですね。

そして後日、猪熊は一人でカラの別荘を訪れます。
別荘に入ると「誰か人の気配が・・」猪熊の職業病が出ます。。
当たってるじゃん。月本とか渡あたりがいるはずなんですよね。
カラに長期間かけて信用するように仕向けられたので、正常な思考にはならないんですね。

カラが猪熊に「下に」というと猪熊は下を見ます。
その瞬間、ゴルフのドライバーを猪熊の頭に振り下ろし、猪熊は気絶します・・・。
「下を向いたら危ないでしたようね・・ははははは・・」とついに変態カラの本性が現れました。

カラの人殺しは完全犯罪なので、周りの人間関係や、証拠を残しませんよね。

猪熊は恋人と別れて自殺するタイプじゃないんで、行方不明を装うつもりでしょうか。
猪熊を迎えに行くときも、男性的なかっこをしたり身長を低く見せていましたよね。

次回の予告では一気に殺さず、じっくりと時間をかけて自分の欲求を満たさせようとしてますね。

里見は高校時代まで遡ってカラの調査をしてます。。

果たして、猪熊が無事な打ちに、渡の別荘までたどり着くことができるか・・

次週が楽しみですね!

『サイレーン』第6話の視聴率について

視聴率ですが第1話が12.9%第2話は6.3%第3話は8.6%第4話は8.1%第5話は8.5%

計画を実行していくカラ、カラが事件に関与している確証が取れて追い詰めたい里見!猪熊が拉致されて一気に終盤戦に入りましたね。

そんな中、第6話の視聴率は、7.3% でした。

5話終了して、平均視聴率は、8.62%と2桁に届いていないので、制作側も気合が入っていると思います。今後の展開にも注目ですね!

『サイレーン』第6話のあらすじ

スポンサード・リンク

第6話のあらすじ

sai1

猪熊(木村文乃)に拒絶された里見(松坂桃李)は、速水(北山宏光)から猪熊が捜査一課へ異動することを聞かされる。しかも猪熊が返事を保留していると知り、自分との結婚を躊躇しているのではと、ショックを受ける。

sai5jpg

その頃、里見に自宅アパートを突き止められ、恋人が殺された過去の事件も嗅ぎつけられたカラ(菜々緒)は、少なからず危機感を覚えていた。そして、里見に情報をリークした人物がレナ(入山杏奈)だと分かると、それを逆手にとり、あることを企てる。

sai4jpg

その一方で、渡(光石研)には警察官にストーカーされていると訴え、里見の写真を見せるカラ。心配した渡はカラの思惑通り、街で偶然見かけた里見を尾行して…。

sai6jpg

その一方で、渡(光石研)には警察官にストーカーされていると訴え、里見の写真を見せるカラ。心配した渡はカラの思惑通り、街で偶然見かけた里見を尾行して…。

sai7

一方、8年前の事件を追う猪熊は、カラを呼び出して当時の話を聞くことに。するとカラは、ある場所に事件の資料を保管してあると告げ、誰にも言わないことを条件に、信用する猪熊にだけ、それを見せるという。

sai8

そんな約束を知る由もない里見は、結婚の意思を確かめようと猪熊と居酒屋で待ち合わせる。しかし、近頃の里見の不審な行動が原因で、2人は再び言い争いに。怒った猪熊が店を出て行くと、そこへレナから呼び出しのメールが届く。

猪熊のことを気にしながらも、指定されたホテルへと急ぐ里見。その様子を物陰から見ていた猪熊も、こっそり後を追う。しかし、到着した里見が部屋に入ると、突然、何者かが襲いかかってきて――!?

sai10

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『サイレーン』の第6話のあらすじについて紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ