スポンサード・リンク

『サイレーン』第8話のネタバレあらすじや感想や視聴率


※12/9 視聴率と文章を更新。
※12/8 個人的な感想を更新。

11月24日(火)の22時フジテレビより秋ドラマ『サイレーン』の第8話が放送されましたね。

第7話では、橘カラに捕まっってしまった猪熊は、何とか別荘から逃げ出そうと説得や反撃を試みましたが、カラの前には相手にならずジワジワとなぶられていきます。そして、動脈を少しだけナイフで切られじっくりと出血多量にしようとします。

猪熊がいたぶられる中、里見は学生時代のカラから捜査を再開しますがなかなか進みません。行き詰ったのちにカラのキャバクラに行く里見。。

危険を感じるカラは、何と渡を言いくるめ、里見を襲わせます。

バットで数回殴られた後、かなり高い階段から転げ落ちます・・救急車で運ばれる里見。。

猪熊を助けるカギを握る里見が倒れた今、誰が猪熊を助けるんでしょう!!

次週に展開に期待ですね。

『サイレーン』第8話の個人的な感想と視聴率

12月8日(火)の22時フジテレビより秋ドラマ『サイレーン』の第8話が放送されましたね。

第8話では、意識不明だった里見復活しますが・・猪熊がカラに会うために山中湖に行った日から既に1か月も過ぎてしまってます。。

準備周到なカラは、猪熊のスマフォを使って、一人になりたいから探さないでと・・失踪事件んい持ち込もうとしてます。

そんな中、からが月本クリニックで襲って意識不明中だった子の意識が戻ります。残念ながら、里見が綿花に行ったときは再び昏睡状態となってました。

里見はカラについて話しかけると、意識不明ながら指に反応が見れます!更に聞いていくと「殺される・・」小さな声で話すと、また深い眠りにつきます。

しかし、里見は、その一言でカラの犯行を読み解きます。

警察署に戻り、無理やり、渡から山梨湖に別荘が有ることを聞き出すのです!

そして、最終決戦が始まります。

別荘に近づき・・裏口の階段を上がる里見、するとデッキには、人が横たわって血だらけの毛布のような布が・・。

里見が毛布を取って確認する横たわっていたのは石造のようなものでした。そして気が付くと・・足元にはワイヤーが・・身をひるがえすと上から先のとがった柵が落ちてきます。

明らかにカラが対人殺傷用に作った罠でした。ホッと一息と思うと、背後に人の気配と頭には銃口を突き付けられます。

里見はあばらが4本折れて、戦えるんかと思ってましたが、柔術で鍛えたカラと良い戦いをします。そして、ボウガンの矢などトラップの有る中戦ってましたが、残念ながらカラに捕まってしまいます。

別荘に入ると一緒に来ていたアイちゃんがキッチンに隠れています。。カラに場所がバレますが、上手くスタンガンの受け渡しに成功!

カラともみ合った後にスタンガンで意識を飛ばすことに成功します!!(以外!やったね!で最終回まで少しあるな??)

気絶しているカラの両方の綾指をタイラップでしっかりと止めて、猪熊を救出します。

しかし・・・倒れていたはずのカラがいなくなっており、タイラップも切られています。。(危険、、カラが襲ってきますね)

と思った通り、カラは斧を持って襲ってきます。

里見と猪熊は倒れてしまい、万事休すのところで、猪熊が銃でカラの胸を撃ち抜きます。。

緒を開いて倒れているカラ、そして警察のパトカーが複数台到着すると、なんと別荘は燃え広がってます。

誰が火つけたんだ??

カラは死んでしまったのかと思いつつも、予告編では生きてましたね。

この火事からどのように生還したのか、また次週、最終回が楽しみですね!

『サイレーン』第8話の視聴率について

第1話が12.9%
第2話は6.3%

第3話は8.6%
第4話は8.1%
第5話は8.5%
第6話は7.3%
第7話は8.1%

計画を実行していくカラ、昏睡状態から目覚め猪熊の救出に向かう里見。

なんとかカラの攻撃を凌ぎ、猪熊を助け出せましたね。ネットでも、カラの悪女っぷりが絶賛されており、この回は必見モードだったのですが、数字が今一つ上がりませんでした。

第8話の視聴率は、8.0%

次週はついに最終回。どのような展開が待っているか注目ですね!

『サイレーン』第8話のあらすじ

スポンサード・リンク

第8話のあらすじ

sai_1

今 度こそカラ(菜々緒)の正体を暴こうと、自宅謹慎中にカラの故郷を訪ね、身辺を探っていた里見(松坂桃李)は、レナ(入山杏奈)と猪熊(木村文乃)が相次 いで行方不明になっていることを知り、焦りを覚える。しかし、2人を探し始めた矢先、里見をカラのストーカーだと思い込んだ渡(光石研)に襲われ、意識不 明の重体に。病院に運ばれ懸命の処置が施されるなか、薄れる意識で、里見は初めて猪熊に出会った頃のことを思い出していた――。

sai_2

4年前、まだ巡査だった里見は、街中でひったくり犯を捕まえたことがきっかけで、当時交番勤務だった猪熊と出会い、一瞬にしてその笑顔に惹かれる。そして何度か会った後、初めて猪熊を部屋に呼ぶが、あまりに色気のない展開に業を煮やして思わず… 。

sai_3

逮 捕した渡を取り調べた速水(北山宏光)と安藤(船越英一郎)は、渡がカラの婚約者と名乗り、以前にカラのストーカー被害を訴えて警察署を訪れていたことか ら、犯行の動機が里見への復讐ではないかと考える。一方で、猪熊失踪との関連性も調べ始めるが、手がかりは見つからない。監禁された猪熊のもとには、一連 の事件の後に行方をくらませていた月本(要潤)が、憔悴しきった様子で姿を現す。さらに、カラから里見襲撃の話を聞き、深い絶望を味わう猪熊。やがて、わ ずかな望みを賭け、カラに父親殺害後の生い立ちを尋ねると、カラは高校時代、自分と同じく孤立していた一人の女子生徒と仲良くなったこと、その子がきっか けで整形を始めたこと、そして、恐るべきある衝動に駆られたことなどを話し始める。。

sai_4

カラはすべてを語ると猪熊のスマホを使い、猪熊の両親へ「しばらく一人になりたい」と偽装メールを送る。そして、カラは「私の計画に変更は無い」と語って、ついに…!!

sai_5

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『サイレーン』の第8話のあらすじについて紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ