スポンサード・リンク

ドラマ『スペシャリスト』第1話のあらすじネタバレや感想・視聴率


※1/17 個人的な感想・視聴率を更新。

2016年1月14日(木)テレビ朝日で21時から放送を開始する冬ドラマ

『スペシャリスト!』

に、解散報道で世間を騒がせている草彅剛さんが主演で登場します!

草彅剛さん演じる、刑事・宅間善人は冤罪により10年間刑務所に服役していた。

そしてその間ずっと、犯罪者の情報を頭の中に刷り込み、犯罪データベースを持った刑事として京都から東京へやってきます。

今回は、ドラマ『スペシャリスト』の第1話のあらすじや個人的な感想や視聴率について調べていきたいます!

『スペシャリスト』第1話の個人的な感想

今回の冬の連ドラとして始まった「スペシャリスト」ですが、流石に2013年から2年間放送している実力派ドラマですね!

人気の高さに負けないように脚本&演出にも力が入っているのが非常に分りました。

初回の視聴率も17.1%と今期No1ではないでしょうか。

主演を務めるのは、草彅剛さん。

年明けのSMAP解散報道と残留報道と揺れ動いて騒がれている状態なので、SMAP関係の番組は注目の的なのかもしれませんね。

今回は「スペシャリスト」放送前のドラマ「科捜研の女」でも、草彅剛さんが出演すると番組欄に書いてましたが、流石に出演したのは最後の最後。。刑務所から誤送された荷物が、事件のヒントになったってなんて・・こじつけで出演させましたね。。

とまぁ、局もスペシャリストに注力しているのが分りますね。

元々は京都府警で刑事をしていた宅間善人(草彅剛)が、捜査の上でハメられ冤罪をかぶり10年間、滋賀中央刑務所へ収監されてました。

京都から東京の警視庁に移動になり、まだ課の名前もない部署に配属されます。名前もなければ部屋もなく、捜査一課の資料置き場の部屋を当てがわれます。

宅間の上司には、滝道 博喜(吹越 満)さん。

去年の春ドラマ「エイジハラスメント」では、セクハラ大好きな少々困りものの中間管理職をしていましたが、今回もセクハラまがいな口調で楽しめそうですね。

そ して宅間と捜査を共にするバディ、京都では南果歩さんでしたが、今回から年齢がグッとさがり、我妻 真里亜(夏菜)になります。総務課からの移動になり役柄的には、まじめと言う感じですね。さらに真里亜の父親は警視庁でも上層部の人間らしく、滝道の態度 が微妙に気を使った感じでした。

そして宅間。。

スーツでもなくカジュアルな服装でとても刑事には見えず、話口調も、端々にゆるーく伸ばす感じが・・・宅間キャラなんですかね。
著者もなじめなければ、バディの真里亜も振り回されてますね。

そして今回は、一発屋の小説家が密室で自殺したのを執事が発見します。おろそうと男性陣を呼び、脚立の上り腰を持ちおろそうとしたとき・・
ぬるっと・・手を見ると真っ赤な血が・・そして背中にはナイフが刺さっていました。

自殺ではなく密室での殺人事件だったんです。

宅間は捜査すると部屋になる色々な状況から事件のカギを言い当てていきます。

そして金庫に個人保険の契約書が隠してあったのです、しかも、受取人は執事なんです??

売れない小説家は執事の娘が移植手術をしないと治らない病気の治療費にと保険を受け取れるようにしてくれていたのです。。

自殺を発見した執事は保険金が自殺では下りないと誤認しており殺人にするため死体にナイフを刺してしまします。

という事までわかり死体損壊で終わるはずでしたが・・。

顧問弁護士が実は血のつながりがあったのです。過去に追放されて淡々と復讐を狙っていたのです。

執事が密室で発見しますが、実は弁護士が小説家を殺害して、部屋の中にいたのを見ていたんです。

だから密室ではなかったんですね。

その事が分り宅間か殺人現場に戻ると、弁護士は殺されていたんです。

後ろから睡眠スプレーをかけられ倒れる宅間・・。起き上がった所を警察が部屋に入ります。

なんと宅間の手は血だらけで、古い銃を持っています。

その先には銃で撃たれて血まみれな弁護士が・・・宅間はハメられたんです。。

そして、宅間は東京刑務所に再び入ります。

10か月mの期間を刑務所で過ごした時、妻の石田ひかりが真犯人の自供をしに来ます。。なぜに10か月もたってから。。

それは娘が関係していたんです。

執事は保険金を受け取り治療を受けるスタートラインには立ったのですが、移植できるドナーがまだいません。。

そして石田ひかりが適合する事が分り移植をすることに、そして半年後、無事に退院することに。。

自分の子のように思ってきた執事の娘の安否を確認してから自首したんですね。。

宅間もこれで「10年入っていたから」ではなく、「役11年入っていたから」ですね。。

なぜに石田ひかりが自首したかと言うと、黒幕だったのは執事でした。

執事は小説家を殺した真犯人を妻・石田ひかりに伝え復讐する方法と逃れ方・完全犯罪を計画し実行したのです。

執事は全てがうまく運び、自分は南国に高跳びするために成田に向かいますが、ギリギリのところで宅間達に

全てを解明され逮捕されます。

宅間復活の宿題の事件1つ目は無事に終える事が出来ました。

新しい部署は認められ、名前が付きます。「警視庁・総合事犯対応係(仮)」と。

宅間、真里亜に加えて、京都時代にチームを組んでいた南果歩、平山浩行、芦名星の3名も加わりました。

今回のドラマから見始めましたが、人物構成やキャラが刑事ものとしては奇抜な発想からきてますよね。

そしてストーリー、脚本が薄い刑事ものでなく犯人に辿り着くまでの2転3転しながら、アッと思わせる展開や黒幕を吹きぼりにする裏付け捜査がしっかりしている点など、これは人気が有り視聴率が良いわけですね。

10年間も刑務所に入っていたのに、初回の放送から10か月もまた刑務所に入るなんてふつう考えないですよね。

いや~、原作無いドラマなんですよね。。脚本のお二方凄いですね。。最近は外さないために原作が漫画だったり小説の場合が多いですが、原作無いのに面白いんですから、テレ朝やりますね!

そして最後は、ドラマ終盤のUSBに入っていた一言「我々の存在に気づいた」ですね。

このキーワードをドラマの進行に合わせて追っていくのでしょう。。

今回は初回という事でかなり気合入って、ストーリーを詰め込んだ感が有るので、次週以降、どのような展開になっていくか楽しみですね。。

『スペシャリスト』第1話の視聴率について

ドラマ『スペシャリスト』第1話の視聴率は、17.1%でした。

前クールの「下町ロケット」も18%位で大人気でしたが、今期のドラマの中では、非常に良い数字だと思います。

ネッ トではSMAP解散・残留について、テレビ業界に大きな波紋を生んでいます。残留自体はジャニー社長が許していないそうなので、このドラマ自体の視聴率が 高くSMAPの草彅が大活躍というのは、嫌がるのでしょうね。テレビ朝日の制作側は、そんな事を気にしないで最高の番組を作って下町ロケットを抜いてもら いたいと思いますね。。

今回のドラマは初回の内容もおもしろく、毎回、違う事件を解決していくことので途中から見ても楽しめるということもあり、高い視聴率をキープできるのではないでしょうか。

『スペシャリスト』第1話のあらすじ

スポンサード・リンク

第1話のあらすじ

SP10出典:番組公式HP

宅間善人(草彅剛)は東京刑務所に収監されていた。京都府警在職中に殺人未遂罪で滋賀中央刑務所に入れられて以来、二度目の刑務所生活。一度目は冤罪であることが判明し、出所となったが…。

  事の始まりは10ヶ月前に遡る。京都府警『特別捜査係』の解散とともに警視庁にやってきた宅間。同時に、名前さえ付いていない“ある部署”に配属されるこ とになる。「ボーダーレス化する凶悪犯罪に対応するため、縦割りの組織を越えて円滑に捜査、情報収集、分析をするチーム」という名目のその部署は、あらゆ る犯罪データを記憶しているという宅間の能力を最大限に活かすための部署。そして発足後まもなく、刑事部総務課から我妻真里亜(夏菜)という女性刑事が転 属してくる。

 京都府警の『特別捜査係』で数々の難事件を解決に導いてきた宅間の経歴に、明らかに不信感を抱く真里亜。そんな真里亜の戸惑いをよそに、この新設部署の生みの親である滝道博喜(吹越満)に命じられ、宅間と真里亜は名門家で起きた小説家刺殺事件の捜査に乗り出すことに…。

  内側から鍵がかけられた部屋で首を吊って自殺を図った新宮司直兎(金藤洋司)の背中にはナイフが! 自殺なのか他殺なのか、一見すると判然としない状況 だったが、宅間は現場に到着するやいなや、“密室”“見立て”“ダイイングメッセージ”など、ミステリーの定番ネタとも言えるトリックを次々と見破ってい く。

 飄々と的を射ない宅間の捜査に翻弄される真里亜だったが、事件は思わぬ方向へ。
 部屋の金庫から発見された生命保険証書の受取人欄には、妻の新宮司朱子(石田ひかり)ではなく執事の君原兼文(井上順)の名が記されていた。この件は主人の自殺を知った君原による“他殺への偽装”だったのだ!
 君原には病気を抱えた娘がおり、治療のための金を必要としていた。保険金を受け取るために他殺を偽装したということだったが、宅間も真里亜もこの結末に納得ができない。
 裏付け捜査のために、現場にいたライターの横内幹也(遠山俊也)、弁護士の近藤竜行(松田賢二)に会った宅間らは、意外な事実を耳にすることに!
 ほどなくして、横内が自殺する! 一連の真犯人に気付いた宅間は、ある言葉を残し新宮司家へ。しかしその言葉が、宅間を再び“塀の中”へと戻らせることになってしまう。
 宅間の窮地を知った『特別捜査係』の元メンバー・姉小路千波(南果歩)らは、あることを調べ始める…!出典:番組公式HP

 SP11出典:番組公式HP

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スペシャリスト』の第1話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ