スポンサード・リンク

ドラマ『スペシャリスト』第3話のあらすじネタバレや感想・視聴率


草彅剛さん主演の『スペシャリスト』の第2話の放送が終わりましたね!

スペシャリストシリーズは始めてみましたが、展開がどんどん変わり犯人が分かったと思ったら

次の展開に変わっていき、なかなか面白いじゃないですか!

今回は、ドラマ『スペシャリスト』の第3話のあらすじや個人的な感想や視聴率について調べていきたいます!

『スペシャリスト』第3話のあらすじ

スポンサード・リンク

第3話のあらすじ

SP40出典:番組公式HP

とある倉庫に閉じ込められた我妻真里亜(夏菜)。真里亜の前にはふたつのアタッシュケースとカメラ付きのノートパソコンが置かれていた。
 ふたつのアタッシュケースにはそれぞれ爆弾と、その爆弾の起爆装置を解除させるリモコンが…。ふたつのうち正解の方のアタッシュケースを選べば、爆弾を解除し倉庫の外に出られるが、不正解の方を選べば、その瞬間爆弾が爆発する、という仕掛けになっていた。
 刻一刻とタイムリミットが迫る中、宅間善人(草彅剛)ら“総合事犯対応係(仮称)”のメンバーたちは倉庫内の映像を見ながら必死に真里亜の救出法を模索していた。
 そもそも事件の発端は、真里亜が過去の事件の調書を整理したファイルで何かを発見し、その後PCである動画を見た後、部屋を飛び出していったことに始まっていた。

SP41

  真里亜の慌てた様子を目撃していた宅間は、そのファイルが真里亜の父・我妻公昭(羽場裕一)の死亡事故に関するものだと指摘。真里亜は調書に挟まっていた写真に映っていた女性・丹羽奈津美(鶴田真由)に会いに行ったのではないかと推測する。
 宅間の推理通り、奈津美のもとを訪れていた真里亜だったが、逆に奈津美に拉致され、倉庫に監禁されてしまったのだ!
 公昭の事故当時、真里亜の家庭教師を務めていた奈津美は、実は極左集団の構成員だった。奈津美が当時のことを語る中で、公昭との衝撃的な関係が判明する…!さらに、奈津美が真里亜を監禁した理由も明らかになり…?
 父の死の真相を知った直後、恐怖の爆弾トラップに晒されてしまった真里亜の運命は? そして宅間たちは、この恐ろしい計画を止めることができるのか…?
出典:番組公式HP

 SP42出典:番組公式HP

 『スペシャリスト』第3話の個人的な感想

(番組放送後に個人的な感想を追記をいたしますので、ご了承下さい)

『スペシャリスト』第3話の視聴率について

(番組放送翌日に更新しますので、ご了承下さい)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スペシャリスト』の第3話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ