スポンサード・リンク

ドラマ『スペシャリスト』第4話のあらすじネタバレや感想・視聴率


草彅剛さん主演の『スペシャリスト』の第3話の放送が終わりましたね!

前クールは『下町ロケット』で、昭和感を感じる中小企業の頑張りを日本中が応援していたような気がします。

今クールは、ジャンルがガラッと変わりましたが『スペシャリスト』が好調jですね!やはりシリーズもので固定ファンが付いているところも人気の秘訣んでしょう。

気になる視聴率は、

初回視聴率17.1%と民放トップでスタート!

そして、2話では12.1%と大きく下げてしまいましたが、

第2話はほとんどのドラマが下がる傾向ですので、その後上げれば問題ないです。落ちたといっても12.1%なので高視聴率ですね。

そして第3話の視聴率も、14.1%と、再び上げてきましたね!

今回は、ドラマ『スペシャリスト』の第4話のあらすじや視聴率について調べていきたいます!

『スペシャリスト』第4話の視聴率について

初回放送の視聴率は17.1%
第2話の視聴率は12.5%
第3話の視聴率は14.1%

民放の冬ドラマではトップレベルの視聴率をマークしていますね。

そして第4話の視聴率は11.8% と若干落ちたものの、しっかりと2桁をキープしており素晴らしいですね。

次週の展開に期待ですね。。

『スペシャリスト』第4話のあらすじ

SP1出典:番組公式HP

加 瀬信行(山田悠介)というキャバクラのボーイが自宅で刺殺された。部屋の窓ガラスが割られていたことから、臨場した松原唯子(芦名星)、堀川耕平(平岡祐 太)らは典型的な居直り強盗と判断。だが、総合事犯対応係(仮称)の部屋に戻ってきた唯子たちからその話を聞いた宅間善人(草彅剛)は、加瀬の部屋の場所 や周辺の環境から「こんな逃げにくいところに空き巣に入るわけがない」と、強盗説を一蹴し、犯人は初めから殺害目的で加瀬の部屋に侵入したはずだと主張す る。
 それなら、と加瀬の交友関係を当たり始めた総合事犯対応係(仮称)のメンバーたち。その中で、宅間はなぜか姉小路千波(南果歩)と我妻真里亜(夏菜)を現場に行くよう仕向ける。

SP2出典:番組公式HP

  実は宅間は、ここ数日、千波が元受刑者の矢橋宗一(眞島秀和)という男について調べていたことが気になっていた。さらに「加瀬信行」という名前を聞いたと きの千波の反応が、露骨に何かを知っているようだったため、その理由を問いただすと、千波は衝撃的な事実を明らかにする…!
 5年前、京都府警捜 査一課に在籍していた千波は、ある工場の事務所から純金を盗んだ容疑で矢橋を逮捕。自供もあり、矢橋はそのまま強盗罪で懲役刑を受け、先月刑期を終えて出 所したばかりだった。矢橋は当時工場の税務を担当していた税理士で、加瀬はその工場で働く工員、しかも事件当夜に宿直していた人物だったのだ!
 千波が関わった事件と今回の殺人事件が意外な接点を見せたことで、宅間らは出所したばかりの矢橋の犯行を疑う。だが、矢橋の更生を信じたい千波は「勝手に決めつけないで!」と、その推測を強く否定。ひとり矢橋の潜伏先を探し始める。
 一方、宅間たちも矢橋の行方を追う。やがて5年前の工場強盗事件の新たな関係者が浮かび始め…?
 さらに、千波は5年前の事件について真里亜に衝撃的な事実を明かす!
出典:番組公式HP

 SP3出典:番組公式HP

スポンサード・リンク

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スペシャリスト』の第4話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ