スポンサード・リンク

ドラマ『スペシャリスト』第6話のあらすじネタバレや感想・視聴率


草彅剛さん主演の『スペシャリスト』の第5話の放送が終わりましたね!

第5話は20年前の事件が、現在の事件とつなげることで、サスペンス的な事件を展開させていましたね。

また、時限爆弾のタイマーを解除する時は現場に居るような緊迫感が有りました。

次から次へと相変わらずテンポ良い展開で楽しく考えさせながら見れるドラマですね。

今回は、ドラマ『スペシャリスト』の第6話のあらすじや視聴率について調べていきたいます!

『スペシャリスト』第6話のあらすじ

SP3出典:番組公式HP

背中から刃物でメッタ刺しにされ、遺体の側には楽譜が置かれている、という奇異な殺人事件が発生し、宅間善人(草彅剛)らのもとに捜査資料が持ち込まれてくる。
  置かれていた楽譜は、日本を代表する世界的ピアニスト・雨宮薫(矢田亜希子)が作曲した代表曲『聖者のレクイエム』のものだった。楽譜の上には彼女のサイ ンがされていたため、姉小路千波(南果歩)たちは、楽譜が本人のものなのかどうか、確認をすることに…。ドイツを拠点に活動する薫だったが、ちょうど1カ 月前に凱旋を果たし、東京に滞在していた。数日後にはまたドイツに戻るという薫に、さっそく宅間と我妻真里亜(夏菜)が、楽譜の件と被害者の男性・桑原武 彦(菊池均也)との関係について捜査に出向く。

 桑原との関係は否定したものの、置かれていた楽譜は自分が使っていたもので、一週間ほど前 から紛失していたと認めた薫。総合事犯対応係(仮称)の面々は、楽譜は桑原が盗んだのではないかと推測するが、宅間はひとり「楽譜の中に暗号めいたものが 隠されているのではないか」と異論を唱える。
 実際に、音楽に詳しい野方希望(和田正人)の解釈に従いながら『聖者のレクイエム』の暗号を解いて いくと、“DEAD BECCA”という文字が隠されていることが判明!薫によって15年前に作られたこの曲と、暗号にはいったいどのような関係があるのか、宅間たちは関連を 調べ始めるが…?

SP2出典:番組公式HP

やがて、薫の昔の友人に“BECCA”というニックネームの女性がいたこと、そしてその女性・渡辺麗香(植田麻友美)は15年前に自殺してしまっていたことがわかる。
 さらに、被害者の桑原が元音楽教室の講師で、薫はその教え子だったことも明らかに…!
 再び事情を聞きに来た宅間たちに薫は、桑原との関係、そしてここ最近自分の周囲に現れていたストーカーの存在について語る。そして自殺した麗香には、その当時3歳だった息子・渡辺仁(平岡拓真)がいたこともわかり…。出典:番組公式HP

 SP1出典:番組公式HP

『スペシャリスト』第6話の個人的な感想について

スポンサード・リンク

(放送終了後に更新いたします。)

『スペシャリスト』第6話の視聴率について

(発表後に更新いたします。)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スペシャリスト』の第6話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ