スポンサード・リンク

『スミカスミレ』第2話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


毎週金曜日23時15分よりテレビ朝日で放送している

『スミカスミレ』

桐谷美玲さんが主演で登場していますね。

彼氏の真白くん役の町田啓太さんが爽やかイケメンっぷりを発揮していて、お似合いの二人ですね。

2月5日と冬ドラマの中では、少し遅めな開始でしたので今は第2話になります。

今回は、ドラマ『スミカスミレ』の第2話のあらすじや個人的な感想や視聴率について調べていきたいます!

『スミカスミレ』第2話のあらすじ


sumikasumire20
出典:番組公式HP

化け猫・黎(及川光博)の術で20歳の姿になった65歳の澄(松坂慶子)は、すみれ(桐谷美玲)と名乗って大学に通い、青春をやり直すことに。ところが深夜になると、すみれは65歳の姿に戻ってしまうことが判明する。実は、術の効果を安定させるためには、すみれが“ある条件”を満たすことが必要だったのだ。
そんな中、バレンタインデーが近づいてきた。ゼミ仲間たちがそわそわし始める一方、ウブなすみれにはチョコレートを渡す相手も勇気もない。だが、折しも同じゼミの真白勇征(町田啓太)から連絡先を聞かれたすみれは、人生初の出来事に鼓動を高鳴らせて…。

 その矢先、すみれは同じゼミの学生・由ノ郷千明(秋元才加)がずっと大学を休んでいることを知る。どうやら、幸坂亜梨紗(水沢エレナ)率いる女子グループと揉めたことが原因らしい。このままでは、せっかく入った大学を中退になるかもしれない…。心配したすみれは、会ったこともない千明の家を突然訪ねるという行動に。何とか話を聞いてもらおうとするが、千明は聞く耳を持たず、クラブへ夜遊びに出掛けてしまう。だが、すみれは諦めず、千明を追って店内へ。そこで、“思わぬ危機”がすみれを襲い….。 出典:番組公式HP

sumikasumire21
出典:番組公式HP

『スミカスミレ』第2話の感想

スポンサード・リンク

スミレは、由ノ郷千明(秋元才加)が大学を休学中している事を知ります。

どうやら亜里沙のハラスメントが関わっているみたいですね。。

スミレは面識もないのに、同じ学友だからと言う理由で何度も家に押しかけたり、しつこく追い回すところが印象的でしたね。

今の世代には無い感覚ですよね。

スミレは家庭の事情で大学進学をあきらめ後になってから後悔したので、由ノ郷の気持ちが気になってしかたなかったのでしょう。

由ノ郷もスミレに対して酷い言葉をかけていましたが、すみれの情熱に負けて、少しずつ変化してきましたね。

そんな由ノ郷が大学に出てくると、さっそく亜里沙包囲網が発動します。。亜里沙軍団はほかの学生にも由ノ郷に関わらない様にハブります。

亜里沙の態度にスミレが勇気を出して説教するんですが、きめのセリフが

「めっ」

と、昭和世代が子供を起こる時に使っていた「だめ」の短縮形「めっ」が出てしまいました。。

今時の子は意味知らないんじゃないか??

まっ、気弱で物怖じしていたスミレが頑張っていったのには見事でした。

松坂慶子さんの持つほんわかした優しさや口調と、桐谷美玲さんのお洒落な可愛さが融合した演技が見ていて面白いですね!

『スミカスミレ』第2話の視聴率について

第1話の視聴率は7.8% と、
第2話の視聴率は4.6% と、5%割ってしまいました。

どのドラマも第2話は初回よりは落ちてきますので、ここから上がっていければいいと思います。
ネットでは、桐谷美玲さんが出演するドラマは爆死など書かれているので、今回の数字でも書かれそうな感じですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スミカスミレ』の第2話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ