スポンサード・リンク

『スミカスミレ』第4話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


毎週金曜日23時15分よりテレビ朝日で放送している

『スミカスミレ』

桐谷美玲さんが主演で登場していますね。

彼氏の真白くん役の町田啓太さんが爽やかイケメンっぷりを発揮していて、お似合いの二人ですね。

2月5日と冬ドラマの中では、少し遅めな開始でしたので今は第4話になります。

今回は、ドラマ『スミカスミレ』の第4話のあらすじや個人的な感想や視聴率について調べていきたいます!

『スミカスミレ』第4話のあらすじ


sumire41
出典:番組公式HP

小憧れの人・真白勇征(町田啓太)から、遂に愛の告白をされた如月すみれ(桐谷美玲)。体は20歳だが、中身は65歳の澄(松坂慶子)であるすみれは、その長い人生の中で初めて男の人と付き合うことに! これまで味わったこともないようなドキドキ感と幸福感に包まれながら、青春を謳歌し始める。
そんなすみれに、澄を若返らせた化け猫・黎(及川光博)が、願いを成就させるための条件を提示してきた。なんでも、もっとも幸せを感じた瞬間に心の底から出る“ある言葉”を口にすれば、すみれは完全に人生をやり直すことができるという。だが、黎がその言葉が何かを教えてしまえば、すべては破綻してしまう掟。その日から、すみれは“鍵となる言葉”を探し始めるのだが…。
 そんな中、すみれは真白への手作りプレゼント制作に熱中。と同時に、親友の由ノ郷千明(秋元才加)とともにファミリーレストランで、人生初のアルバイトを始める。何かを急ぐかのように寝る間も惜しみ、“若い頃にできなかったこと”をどんどん体験していくすみれ。その姿をそばで見守っていた黎は、心配を募らせ…。 出典:番組公式HP

sumire40
出典:番組公式HP

『スミカスミレ』第4話の感想

スポンサード・リンク

第4話は冒頭からドラマ終了の戦いか??

天野早雲 VS 化け猫の黎

早雲は玄関に入るなり黎を殴りかかります。

仲裁に入るスミレを払いのけ黎の両目は緑色に光り、早雲に妖術をかけます。。

妖術にかかった早雲は一気に・・・。

と思いきや、話ことばの「な」が「にゃ」に変わってしまい・・話す度に笑いが・・。

仲裁に入ったスミレが事情を説明すると話の分かる住職は納得。。

しかし住職の先祖の巻物には、化け猫と闘い屏風に閉じ込めたとの事なので、黎を探っていたようでした。

まっ、65歳の老婆が若作りして未来あるイケメンを振り回すのは問題ですが

住職も無事帰ってくれました。

今回もスミレの一つ一つの話や態度がおばさん臭くいい感じで演技しています。。

お初の携帯電話。

写メに感動して花壇の花の写真を撮ると、周りにもおばあちゃんたちが写メってます。。

大学生は、そんな事せんぞっ。

でも、二人がくっついて写メを取るんですが、お似合いですね。イケメン君と可愛いスミレ!

今回は携帯電話やアルバイトにも挑戦して第二の青春を謳歌します。

途中、昔の友達(よっちゃん)とバイト先でばったり遭遇。

過去に家業の手伝いで大学生活を諦めた澄。そんな澄は、大学に進学したよっちゃんと疎遠になってしまい・・。

恋人も家族も友達もいないまま65歳になってしまいましたが、よっちゃんは結婚し孫と夕食に来ていたのです。

二人の過ごしてきた45年の違い。。

でも、黎の力のおかげで青春をやり直せているんだと思うと、頑張れスミレ♪

そして真白くんへの気持ちを改めて伝えると、真白くんから優しいキスのお返しが!

65歳の老婆は照れてうつむいてしまったので、頭にチュっと軽くのキスでしたが、生まれてきて65年・・殿方からの初めてのキス。。

嬉しくて寝れない事でしょう!

ラストシーンでは、真白邸の蔵に生まれたばかりの子犬を見に行くのですが、そこには自宅に会ったものと同じ屏風。

予告編では黎の婚約者の化け猫らしいです。

次週はどうなるんでしょう!

『スミカスミレ』第4話の視聴率について

第1話の視聴率は7.8% と、
第2話の視聴率は4.6% と、
第3話の視聴率は6.9%と、
第4話の視聴率はX.X%

※発表後に更新します。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スミカスミレ』の第4話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ