スポンサード・リンク

『スミカスミレ』第5話のネタバレあらすじと感想・視聴率まとめ


※3/5 感想を更新。

毎週金曜日23時15分よりテレビ朝日で放送している

『スミカスミレ』

桐谷美玲さんが主演で登場していますね。

彼氏の真白くん役の町田啓太さんが爽やかイケメンっぷりを発揮していて、お似合いの二人ですね。

2月5日と冬ドラマの中では、少し遅めな開始でしたので今は第5話になります。

今回は、ドラマ『スミカスミレ』の第5話のあらすじや個人的な感想や視聴率について調べていきたいます!

『スミカスミレ』第5話の感想

スポンサード・リンク

新たな化け猫として黎の婚約者、雪白が登場します。

黎の場合は、屏風に処女の血の血判が付いたことで解放されたのですが、雪白は「うまれてきてよかった」という?キーワードだったんです。

そのため、屏風が置かれている蔵の中で、真白くんの犬が子供を産むように仕向けたのです・・。

黎の場合は、澄が主となりましたが、雪白は澄が主という訳ではないようですね、この辺り意味不ですね。

今回の二人のデートは、なんと、お泊りスノボ計画なんです!

ちょっと、付き合ったばかりなのに展開早いですね、日帰りでなく一泊なんて

二人の恋の成就が黎の本当の解放らしく、お泊りデートを勧める黎でした・・。

夜は部屋を代えるとはいえ・・シンデレラは23時に老婆に・・なっちゃうのに、無謀ですね。

スキー場はハンターマウンテン!

広くてなだらかなんで、初めてのスミレでもスノボに挑戦しやすそうでした。

よちよち滑り、ペチっと転ぶ感じが可愛い!、ウェアも可愛いし、ニット帽をかぶっているスミレ可愛いですね。

そんな二人を邪魔する悪いヤカラが登場し、待ち合わせしているスミレに、彼氏は先に上に行っていると嘘を付かれます。

そんなウソというか知らない奴のいう事聞くなんて、真白くんに怒られちゃいますね。。

上級者コースで遭難してコース外に滑落するスミレ・・その瞬間鼻がひくひくと・・老婆に逆戻りと。

可愛いウェアの老婆は、体重が一気に変わったせいで、崖から滑り落ちます・・(笑。

これで終わりか・・と思っていたら、黎がまたナイスプレーで見つけてくれます。

しかし老婆の状態のなので、下山できません。

黎は人間の姿から巨大な化け猫に戻り、澄を温め、そして1時を過ぎ猫玉が安定するとロッジに戻ります。

無事、真白くんの所に戻れて良かった!

でも真白くんにも強烈な異変が・・何度か胸を押さえながら苦しんでいたんです。。

お泊りデータから戻ると雪白からびっくりする発言が。。。

なんと、真白くんに死線が出ており、余命は半年くらいなんですと。。

次週の展開が気になりますね!!

『スミカスミレ』第5話の視聴率について

※発表後に更新します。

『スミカスミレ』第5話のあらすじ

sumire1_1
出典:番組公式HP

「生まれてきて良かった」

如月すみれ(桐谷美玲)が“鍵の言葉”を口にしたことで、恋人・真白勇征(町田啓太)の家の屏風に封印されていた化け猫・雪白(小西真奈美)が姿を現した! 
雪白は、65歳の如月澄(松坂慶子)を20歳のすみれへと若返らせた化け猫・黎(及川光博)の婚約者。彼女は封印を解くために必要な“もっとも幸せを感じた瞬間に心の底から出る言葉”をすみれが発するよう、策略を練って誘導したのだ!
そんな折、すみれは真白に誘われ、一泊二日のスノボ・デートへ。大好きな人と過ごす甘いゲレンデの時間に、胸を高鳴らせる。ところが、そんなすみれを一目 見て気に入った男が、真白がそばにいない隙を見計らい、山頂の上級者コースへと誘い出す。すみれは戸惑いながらも、「真白が先に行って待っている」という 男の言葉を信じ、リフトに乗って山頂へ。だが、その先では悪天候が待ち受けていて…!
 その頃、真白の身にも“神様のいたずらにしては残酷すぎる不運”が襲い掛かっていた。それは、幸せな恋人たちを一瞬で奈落の底へ突き落す、あまりにも非情な運命だった――。 出典:番組公式HP

sumire2
出典:番組公式HP

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スミカスミレ』の第5話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ