スポンサード・リンク

『噓の戦争』3話のあらすじネタバレと感想・視聴率!動画や再放送も


※1/24 個人的な感想を更新。

2017年1月の火曜日21時からフジテレビで放送を開始するドラマ

「嘘の戦争」

主演には、2016年解散復活からはじまり最後に解散となったSMAPの草なぎ剛さん。

ジャニーズの中でも実力派俳優で、鑑賞している人をドラマに引きずり込む独特の雰囲気と演技力を持っていますね。キムタクのようにキレイ処は会わなそうですが、人間らしさをバンバン醸し出してくれますね!

そして共演する俳優には、大杉漣、市村正親藤木直人、安田顕、マギーと超が付く実力者たちを引き連れてますね。また、周りを固める女優には、水原希子、山本美月と

対局を行くモデル&女優を起用してきています。

詐欺師側の水原希子さん、多分、草彅に騙される山本美月ちゃん・・・心配ですが楽しみですね!

第2話では、草彅剛演じる浩一の家族が殺害された理由が明らかになり!

自分の味わった地獄を味わせるとすごんでましたね・・。

復讐の為とはいえ、騙されている楓(山本美月)がかわいそうで・・。

複数だけで終わらないでほしいですね!

今回は、ドラマ「嘘の戦争」の第3話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

嘘の戦争』第3話の個人的な感想

第3話の放送が終わりましたね。

浩一(草彅剛)が「一番憎い」と言っていた悪徳刑事・三輪(六平直政)。

実は、いい人だったんですね~~、3話今までで一番良かった!すごい泣けました!!

殺人だと知っていながら、仁科の権力に屈して9歳だった浩一に「父親が犯人だ」と辛すぎる嘘をつかせた刑事。

そう聞くと確かにすごい悪徳刑事でしたが、これにはそうするしかないワケがあったのですね。

1歳の病気の娘を生かすために、アメリカで心臓移植手術を受けさせてくれると興三(市村正親)に条件を出され罪を犯し、しかし結局間に合わなくて娘は亡くなってしまった・・・。

その後、30年間もずっと自分の罪を悔いて苦しみながら生きてきた三輪刑事。

ラストの大粒の涙を流して浩一に謝るシーンは、本当に名演技でした。

そして、それを受ける草彅剛さんの演技もかなりうならされましたね。

家族を亡くした三輪の苦しみは痛いほどわかるからもうこれ以上責めるつもりにはなれないけど、だからといって自分の家族にされたことが消えるわけではない。

だから、一生許すことはできない。

その狭間で揺れる複雑な心境を、表情だけで演じているのがさすが!でした!

毎回、草彅さんの心情がとっても切なくて肩入れして見ていましたが、今回はすっかり三輪刑事に肩入れしてしまって、もう止めてあげて~!と思いました。

次回は、「銭の戦争」にも出演していたジュディ・オングさんがターゲットですね!

今度は、本当の悪党ぽいですよね。

どうやって復讐を成し遂げるのか、楽しみです!

嘘の戦争』第3話の視聴率について

発表後に更新します。

   

スポンサード・リンク

嘘の戦争』第3話のあらすじ

第3話のあらすじです。

銭の戦争 あらすじ ネタバレやキャスト

復讐(ふくしゅう)の鬼と化した浩一(草彅剛)は、30年前に父親を殺した五十嵐(甲本雅裕)と、うその証言をした見返りに二科家の顧問弁護士にまで上り詰めた六反田(飯田基祐)を次々にワナに陥れ、復讐を遂げていく。
一方で晃(安田顕)や楓(山本美月)との距離を縮め、事件を指示していた興三(市村正親)に少しずつ近づいていた。
そんな浩一が次に狙うターゲットは、30年前に捜査を担当した刑事の三輪邦夫(六平直政)。
三輪は、浩一の家族が意図的に殺されたことを知っていながら殺人を隠ぺいし、9歳だった陽一(後の浩一)に事件は父親による心中だったとうその証言を強要した人物だった。
「あいつだけはこの手で直接、破滅させたい」――早速、浩一が三輪の身辺を調べると、思わぬ人物だった事が明らかになり……。
 一方、晃を味方につけたことで楓との仲も急接近。浩一の作戦は万事順調だったが、ハルカ(水原希子)は、そんな浩一を複雑な思いで見つめていた。
そして30年前の事件の生き残りである千葉陽一と一ノ瀬浩一が同一人物だとはまだ気づいていない隆(藤木直人)は、浩一に対しての不信感を募らせていく…。

銭の戦争 山本美月 水原希子

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『嘘の戦争』第3話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  『嘘の戦争』キャスト相関図やあらすじネタバレ。主題歌や動画も


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ