スポンサード・リンク

『噓の戦争』6話のネタバレ動画と視聴率や感想!再放送はここから


2017年1月の火曜日21時からフジテレビで放送を開始するドラマ

「嘘の戦争」

主演には、2016年解散復活からはじまり最後に解散となったSMAPの草なぎ剛さん。

第5話終わりましたね。

まさかまさかの晃(安田顕)が、関係者だったとは。

うだつの上がらないタイプなので、まさかの共犯者でした。

に対しては、本当の顔を見せていない浩一がそのように復讐するか

ちょっと楽しみですね。

今回は、ドラマ「嘘の戦争」の第6話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

嘘の戦争』第6話の個人的な感想

6話は見どころ満載でいつもに増して1時間があっとゆうまでした・・・!

浩一(草彅剛)が千葉陽一だと隆(藤木直人)についにバレてドキドキー!と思っていたら、

ブログの千葉陽一をちゃんと用意していて隆に会わせたのには驚きましたし、

三瓶(大杉漣)と繋がりがあるところ見られちゃってるじゃん~!

浩一、つめが甘いよ!と突っ込んでいたら、それこそが隆を罠にかけるためにわざとやったことだったという周到さとか、もう騙されっぱなし!

「騙し合いの戦争だ!」という浩一のセリフありましたが、私はその戦いボロ負けですね。

そして、ラスト会長倒れるー!

会長が心臓悪いって布石があったのでこれは予想できていましたが、その後の浩一の行動が泣ける・・・!

会長を置き去りにして(つまりは故意に見殺しにして復讐を果たした)泣きながら笑っていた浩一。

一体どんな感情だったんだろう。

今までは、復讐を果たしたときには無表情で涙をポロリと一粒って感じだったのに、今回は違いました。

会長には特別な思い入れがあったから、笑みが出てしまったのか。

でも、結局助けてしまったのは、やはり人を殺すことは浩一にはできなかったのかなって思います。

苦しめるために生かすって意味合いのことを叫んでいたけど、結局浩一は悪人になりきることができないんじゃないかな~と。

どこかで思いとどまってくれればいいと願ってはいるのですが、次週は晃(安田顕)への復讐を開始するようですね。

また切ない展開になりそうです・・・(><)

嘘の戦争』第6話の視聴率について

発表後に更新します。

   

スポンサード・リンク

嘘の戦争』第6話のあらすじ

第6話のあらすじです。

 

嘘の戦争、山本美月 

 9歳の時、一家心中に見せかけて家族を殺された浩一(草彅剛)は、やがて天才詐欺師となり、30年の時を経て当時の事件関係者に次々と復讐(ふくしゅう)を果たしてきた。最大の敵・興三(市村正親)に復讐を果たすため、浩一は結婚詐欺師のように正体を隠し、長女・楓(山本美月)とウソの交際。近々家族にあいさつをしたいからと楓をさとし、浩一はついに興三と直接会うチャンスを得る。

二科家に招かれた浩一は、さっそく興三と隆(藤木直人)から過去について詮索される。緊張感あふれる昼食会が開かれるが、話は意外な方向に進んでいき…。その頃、ハルカ(水原希子)は何者かに尾行される気配を感じ、二科家が本格的に動き出したことに焦りを覚える。
嘘の戦争 | ストーリー

一方、隆は何者かが30年前の事件の復讐に動いていると推測し、事件の生き残りである“千葉陽一”を疑っていた。楓と交際して急速に二科家に近づいてきた浩一に対しても警戒を強め、隆は再び児童養護施設の守(大杉漣)を訪ねる。「千葉陽一さんについて確認したいことがある」――隆の再三の申し出に守は…?   

uso6_2

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『嘘の戦争』第6話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  『嘘の戦争』キャスト相関図やあらすじネタバレ。主題歌や動画も


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ