スポンサード・リンク

『噓の戦争』7話のネタバレ動画と視聴率や感想!再放送はここから


2/22 個人的な感想を更新。

2017年1月の火曜日21時からフジテレビで放送を開始するドラマ

「嘘の戦争」

主演には、2016年解散復活からはじまり最後に解散となったSMAPの草なぎ剛さん。

第6話終わりましたね。

まさかまさかの晃(安田顕)が、関係者だったとは。

うだつの上がらないタイプなので、まさかの共犯者でした。

晃に対しては、本当の顔を見せていない浩一がそのように復讐するか

ちょっと楽しみですね。

今回は、ドラマ「嘘の戦争」の第7話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

嘘の戦争』第7話の個人的な感想

六車の正体、神保悟志さんでしたね~!

なんか、30年前の事件の回想シーンに出てくる人がどうしても神保さんに見えないんだけど、本当は六車は実行犯とは別人なんじゃないでしょうか?

「六車=実行犯」って視聴者に植え付けていたのは、実は違う意外な人物が実行犯(=ラスボス)ってことなんでしょうかね??

そうなってくると、やっぱりマギー?大杉漣さんって感じでもなかったしなぁ。

そして、今回は晃への復讐!

今までの復讐に比べると、ちょっと甘め?だった気がします。

やっぱり、浩一は晃に情が生まれちゃってあまりに酷い仕打ちはできなかったんじゃないでしょうか。

最後まで浩一を信じてすがる晃。

晃に背を向けて去っていく浩一。

二人に降り注ぐ雪の演出・・・。

切なかったです~。

そして、「地獄へ落ちろ」の草彅くんの表情の演技、最高でした。

未練と決意とがグラグラしているような、それでもやらなきゃいけないんだって決めて涙をこらえているような・・・。

本当に草彅くんは演技最高ですよね!

嘘の戦争』第7話の視聴率について

発表後に更新します。

   

スポンサード・リンク

嘘の戦争』第7話のあらすじ

第7話のあらすじです。

usowar 

 30年前、一家心中に見せかけて殺された家族の復讐(ふくしゅう)を次々に果たした浩一(草彅剛)は、ついに、事件の首謀者である興三(市村正親)に近づくことに成功。興三の娘・楓(山本美月)との結婚も決まる。一方、またしても浩一の巧みなウソに翻弄(ほんろう)され、興三もまた「2人で話がしたい」と浩一を呼び出すが、思わぬ事態に…。そして隆(藤木直人)は浩一が30年前の事件で生き残った“千葉陽一”だと疑いつつも、確固たる証拠をつかめずにいた。

隆の事を気にしつつも、浩一は30年前のOL殺人事件に関わっていながら、これまで何の罰も受けずに生きてきた晃(安田顕)に狙いを定め、事業拡大のために工場を全面改修するよう勧める。そして晃が早速、隆に工事に必要な多額の費用を用立ててくれるよう頼むと、隆は意外にもそれをあっさり承諾するが、それには隆なりの考えがあり…?

上機嫌の晃に、浩一はそれとなく、興三や隆のまわりで怪しい動きを見せる六車という男について尋ねる。晃の話を聞いた浩一の脳裏には、ある疑惑が浮かんで…。   

 

 usowar7_2

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『嘘の戦争』第7話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  『嘘の戦争』キャスト相関図やあらすじネタバレ。主題歌や動画も


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ