スポンサード・リンク

ドラマ『怪盗山猫』第8話の視聴率や感想!ネタバレやあらすじも


毎週土曜日の21時から日本テレビで、

亀梨和也さん主演の『怪盗山猫』が放送されてましたね。

やはりウロボロスは、藤堂知事の手先だったんですね。カジノ誘致に邪魔になる、任侠会とアジアンマフィアのサーペントを抗争させるためにウロボロスが絶妙にポイントで手を出したんですが、結局、山猫の描いたシナリオで

勝村がウロボロスに捕まる。

さくらが勝村を助けに来る。

サクラの行動が怪しいので追いかける犬井。。

と言う山猫のキャストが絶妙なタイミングでウロボロスに攻めていき、無事に勝村を奪取でき、ウロボロスの幹部5人を全て捕まえることに成功します。

ウロボロスの壊滅は警察に任せ、山猫は藤堂知事の悪事を公開しに行きます。。

すべてを見破られ毒を含み自殺を図りますが・・自殺を先読みしていた山猫が毒のカプセルを入れ替えていたんです。。

そして、生きて償えと藤堂に伝えます。

でも、関本が自首のために護送していた時に、ダッシュボードの銃を持ち出し自殺してしまいます。。

この自殺は、明らかに関本が仕組んでいた感じです。。

ラストシーンでは結城天明に山猫が会う事に。。

さてさて、最終章に向かっている感じですね!

ドラマ怪盗山猫の第8話の展開などについてまとめてみました!

『怪盗山猫』第8話を見た感想

細田の工場の地下で有った結城はコンピューターグラフィクスで直接対決は有りませんでしたね。

今回、山猫が邪魔になった結城天明は関本を使い、山猫を消そうとしますが、山猫の方が一枚上手で

関本の銃からタマを抜き去っていて難を逃れます。。

山猫殺害に失敗した関本は、結城側に戻ることができなくなり山猫と結城を倒す側に移ります。

ハッカー真央の力で、金塊が結城の屋敷の地下に運ばれている情報を得ます。

結城邸での最終決戦ですね!

浮かない真央・・。

真央は普通の暮らしを捨てて盗人として裏の世界で生きているので、最終決戦後の解散?

イコール自分がどうしたいのかしっかり見いだせていないんです。

真央のコアは、表の世界でしっかり生き抜く事でしょうね。

そして山猫最後のミッションのパーティ-兼、勝村の誕生会をアジト・ストレイキャットで行います。

山猫の粋な配慮に、うるっと涙する勝村なんですが・・・・。

山猫と勝村がいつものお面をかぶり、ラストミッションの主戦場・結城の屋敷に潜入します!

外の車の中から巧みにセキュリティロックを解除する真央、様子がおかしい事を承知で先に進む山猫。

見つけた金庫のロックを真央に解除させると・・

また、ロックに変わる・・?

入口から今までロックを解除したところが全てロックに変わっていく・・

まるで誰かに操られているように。

次の瞬間・・・勝村が銃を持って立っているんです。やはりカメレオンだったんです。

その顔はいつものおちゃらけた表情はなく、

冷静に山猫の腹部に一発、二発、三、四発の銃弾が・・。

警察が近づく中、部屋に倒れる山猫。大ピンチです。

というかこんな打たれたら死ぬでしょう、普通。

でも勝村はなぜ、腹部を狙ったんでしょう?

来週、山猫が死んじゃうか?展開が楽しみですね。

『怪盗山猫』第8話の視聴率について

発表後に更新する予定です。

『怪盗山猫』第8話のあらすじ

スポンサード・リンク

第7話のあらすじです。

yamaneko1出典:番組公式HP


ついに結城天明と対面した山猫(亀梨和也)。結城は山猫に「貴様は何も変えられない」という言葉を残して姿を消す。山猫は、ついに足元を掴んだ結城の隠す、莫大な政治資金を盗んで結城の失脚を狙う。関本(佐々木蔵之介)が調査を開始すると、警察歴史館に結城に関する資料が保管されているということが分かる。
その資料が、金塊を見つける手がかりになると思われた。チーム山猫は、警察歴史館から結城に関する資料を盗み出すミッションを開始。山猫と勝村(成宮寛貴)は建物の中に侵入。しかし、犬井(池内博之)ら警察の追っ手が、山猫たちのすぐそばに迫っていた…。
山猫たちのラストミッションが動き出す。しかし、そこには悲しい出来事が待っていた…。

yamayamaneko2
出典:番組公式HP

 

今回はドラマ『怪盗山猫』の第8話のあらすじについて紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

では今後の活躍に期待しましょう!


スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ